七年目の浮気 (1955)【映画】

   

束の間の独身ライフ。妄想アラフォーおやじ万歳笑!

七年目の浮気

『七年目の浮気 (The Seven Year Itch) 』鑑賞。1955年アメリカ。ビリー・ワイルダー監督。104分。

ビリー・ワイルダーが『第十七捕虜収容所』に続きヒット舞台劇を映画化した、セクシーコメディ。蒸し暑いニューヨークのアパート。妻子がバカンスに出かけたため、一時の独身気分を満喫しているリチャード (トム・イーウェル) のもとに、上の階に住む美女 (マリリン・モンロー) がクーラーを求めてやってくる。地下鉄の通風口に立ったマリリン・モンローの白いスカートが巻き上げられるシーンはあまりに有名。舞台でも主演を務めたトム・イーウェルが、映画版でもリチャードを演じている。

via: 映画.com

主演はトム・イーウェル。共演にマリリン・モンローほか。

ワイルダーは若いころにハマってひと通り観たのだが、本作は未見だった。てわけで初鑑賞。

マリリン・モンローの映画って観たことあったかな?ああ、『お熱いのがお好き』に出てたか。カラーで観るのははじめてな気がする。ブロンド美女はやっぱカラーのほうが映えるね!

マリリン・モンローのファンタジー感

てか本作のモンロー、役名まで「ブロンドの美女 (The Girl) 」なのね笑。最後のほうでは「マリリン・モンローがいるかもしれないだろ!」てセリフまで出てくるし笑。この年でここまで自分をアイコン化できるって素晴らしい。

つかつか、こんとき29歳なのか!もっとずっと若いのかと思ってた!

男を勘違いさせるよーな、ちょっとバカっぽい女の役はホントによくハマる。男の妄想がそのまま具現化したようなファンタジー感。いかにも男が好みそうな、ちょっと下品 (褒め言葉です笑) な雰囲気が何とも素晴らしい。

どこまでその気なのかわかんない感じも実に絶妙。魔性のフェロモン笑。

キュート、てのとは何か違うよーな気がする。それなら奥さんのエレン (イブリン・キース) のがよっぽどキュートだと思う (てこれ好みの問題か笑) 。

何とゆうか、カワイイとかそーゆうのは突き抜けちゃって、もう存在そのものがファンタジーなんだよね。

現実なのか妄想なのか

本作の半分くらいは、主人公リチャード (トム・イーウェル) の妄想で構成されている。激しい妄想力。男っていつの時代もバカなのね笑

現実と妄想の境界が徐々に曖昧になっていく感覚が面白い。モンロー扮する美女ですら、実は妄想なんじゃないかと思えてくる、ちょっと不思議な雰囲気がある。

てこれはモンローが持ってるファンタジー感によるところが大きい。映画全体の空気をも支配してしまう、圧倒的な存在感。

リチャードが醸し出す、しょーもない男の愚かさといい、ぼくの大好きな森見登美彦さんの小説をちょっとだけ彷彿とさせるようなところもある。

つかこの映画、現代でも十分通用するとゆーか、半世紀以上前の作品とは思えないほど新鮮。最近でゆうと『(500)日のサマー』とか『モテキ』なんかと通じる部分もあるように思う。

つか妄想全開アラフォーおやじが主人公とか、当時としては斬新すぎたんじゃないかと、逆に不安になる。

リチャードの独り言

ほとんどリチャードの部屋のみで展開される、一人芝居みたいなおはなし。舞台劇みたいだなあと思ったら、元ネタはやはりフロードウェイだった。なるほどナットク。

リチャードは妄想もさることながら、独り言も異常に多い笑。ひとりであんなに喋るやつはいないって笑、なーんて思う反面、そんなに嘘くさくもないから不思議。このあたりはトム・イーウェルの巧さだろうか。

イーウェルの演技ははじめて観たけど、顔芸とかキャラクタとか、どことなくジム・キャリーを彷彿とさせる。舞台版でもこのリチャードを演じていて、トニー賞に輝いてるんだそうな。そしてこの映画版ではゴールデン・グローブ賞獲得。まさにハマり役。

ほかの作品も観てみたいと思ったが、主に舞台やTVを中心に活躍していたひとらしく、映画にはあまり出ていないみたい。残念。

地下鉄の通気口

マリリン・モンローといえば、地下鉄の通気口でフワッと舞い上がるスカートのシーンがあまりにも有名。本作はこのシーンが出てくる映画、といったほうがわかりやすいかもしれない。

ほぼ全編、リチャードの部屋の中で進行する映画なのに、数少ない「部屋以外」のこの場面が、映画史に残るほどの名シーンとして有名になった、てのが何だか面白い。かなーりどーでもいいシーンなんだけどね笑。

ちなみにこのシーン、リチャードとモンローが映画を観にいった帰り、て場面なんだけど、その観にいった映画ってのが『大アマゾンの半魚人』笑。

架空のギャグなのかと思ってたら、なんと実在するSFホラー映画なんだとか。怪獣映画みたいな感じかなあ。気になる笑。

と思ってAmazonで調べてみたら、Blu-rayからフィギュアまで、関連商品が盛りだくさん!さすが大Amazon笑!つかけっこう有名な作品なんだなあ。不勉強でなんか恐縮笑!。

さいごに

原題は「七年目のかゆみ」。何ともステキなタイトルだ。浮気とゆうよりは、妄想だよねほぼ笑。

「かゆみ」とゆう表現は、劇中で精神科医の理論として登場する。結婚七年目に浮気をする男が急増するんだそうだ。あたかも、かゆみ (Itch) のように。ほんまかいな笑。

500年前のインディアンの描写からはじまるあたりも好き。今観てもあまり古さを感じないのは、この導入の仕掛けが何気に効いてるような気がする。男の愚かさって、ずっとかわんねーんだなあ笑。

オープニングと言えば、タイトルシークエンスもカワイらしいくて、えらいオシャレだなあと思ったら、やっぱりソール・バスだった。オープニングが洒落てると、それだけでワクワク感がだいぶ違う。

会話や仕草もところどころクスッと笑えて、とにかく楽しい。暗くなるシーンが微塵もないてのは、やっぱいいね!

そして何といってもラフマニノフ笑。曲掛かるタイミングが絶妙で、本作を観た後しばらくは、この曲聴くだけで可笑しくなってしまう。耳に残ってしかたがない。真央ちゃんの感動をも吹き飛ばす破壊力笑。

て感じで、最初から最後までとってもチャーミングな映画でした。ワイルダーはやっぱ古びないなあ。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

今すぐ観たいかたはこちら!▷ Amazonインスタントビデオ (字幕版)

 -1989年以前の映画 , , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

裏窓 (1954)【映画】

ヒッチコック監督の映画『裏窓』を観ました。いろいろ語りだしたらキリがないくらいの面白さ。とにかく無駄がないというか、こういう計算されつくした緻密な映画は大好きです。

スタンド・バイ・ミー (1986)【映画】

12才の夏、誰も大人になんかなりたくなかった…。

恐怖の報酬 (1953)【映画】

南米の油田で発生した大火災を消火するため、ニトログリセリンをトラックで運ぶ4人の男を描いた傑作サスペ

めまい (1958)【映画066】

死の気配を漂わせた美女と彼女に魅入られた男の皮肉な運命。

悪魔の手毬唄 (1977)【映画093】

可憐な手毬唄にのって起こる、凄絶な連続殺人。

ウォール街 (1987)【映画050】

今観ても全く古びていないことに驚きました。ゴードン・ゲッコーが強烈なインパクト!

スティング (1973)【映画070】

いっちょ カモろうぜ!

風立ちぬ (1976)【映画056】

もうひとつの『風立ちぬ』。

街の灯 (1931)【映画】

盲目の花売娘のために奮闘するチャーリー。無償の愛を笑いと涙で描く不朽の名作。

プラトーン (1986)【映画060】

戦争で傷つくのは、いつも青春。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly