マイベストムービー!2014

      2015/07/06

年末恒例 (にしていきたい) 、映画ライフ振り返り企画「マイベストムービー!」。2014年版をお届けします。

今年ぼくが映画館で観た映画は、ほぼ週イチペースの50本弱でした (リストは以下の通りです) 。昨年から倍増!ヤッタネ。

参考 ▷ 2014年に映画館で観た映画の感想リスト

そんな2014年劇場公開作の中から、特にお気に入りな10本を選んでみました。題して「マイベストムービー2014!」。これ毎年の年末恒例企画にしていきたいなあ。

ちなみにタイトルこそ違いますが、昨年も似たようなことをやっています。7本とか中途半端な本数笑!

参考 ▷ 2013年に観てよかったなあと思う映画7本

今年は6月あたりからモリモリ映画を観にいくようになったので、今回選んだ作品も、必然的に下半期公開作が多めとなっております。

本数少なめな上半期のベストは以下の通りです。4本!

参考 ▷ マイベストムービー!2014上半期編

今回は、1年間トータルでのベスト。上半期の結果を反映しつつも、若干の入れ替えを行いました。

選考基準は相変わらずの独断と偏見に基づいております。年末の今思い返してみても、面白かったなあ!また観たいなあ!何回観ても楽しめるなあ!といった感じで思い出される、珠玉の10本でございます。

よし、今回は前置きまずまずコンパクトにできたぞ笑 (いつも長くなってしまいます) 。

つーわけで、いよいよ以下から発表です!ちなみにですが、順位付けとかはしたくないので、順番は単に「ぼくが観た順 (公開順とほぼ同義かと) 」になっています。ランキングではないのであしからず。

2014年、グッときた映画10本

アメリカン・ハッスル

AmericanHustle.jpg

今年最初に映画館で観た作品。いきなりベストきちゃってどーしようかと思いました笑。ググッとハードルが上がった!

展開、キャラクタ、テンポ、すべてが素晴らしい3拍子 (どころか4拍子5拍子) 揃った楽しい映画。詐欺師のおはなしってやっぱ面白い!

感想エントリ ▷ アメリカン・ハッスル (2013)【映画086】

グランド・ブダペスト・ホテル

グランドブダペストホテル

はじめてのウェス監督作品。アート系は苦手かなと思っていましたが、どっこい、おもちゃ箱のような世界観にうっとり魅了されました。

ホテルが舞台のオールスターキャスト映画、華やかです。なのにやってることはすこぶるバカバカしい笑!

感想エントリ ▷ グランド・ブダペスト・ホテル (2013)【映画】

her/世界でひとつの彼女

Her スパイクジョーンズ

ラヴコメディならぬ、ラヴSF。絶妙な近未来感が素晴らしかった!

役者さんも好きな俳優さんばっかりで、退屈なのに退屈しない (これちょー大事。映画って退屈なのです) !ストーリーとかいいから、お芝居をずっと観ていたい!そんなゆるやかな雰囲気がステキでした。

感想エントリ ▷ her / 世界でひとつの彼女 (2013)【映画】

なまいきチョルベンと水夫さん

TjorvenBatsmanandMoses

本国スウェーデンでの公開は50年前 (東京オリンピックの年!) 。子供と動物たちに癒されるほんわか映画、かと思いきやそれだけじゃない!素晴らしいプロットに唸らされました。リンドグレーンすげ!

もちろん、ほんわか癒し要素も満載。ウミガラス島、行ってみたいなあ。

感想エントリ ▷ なまいきチョルベンと水夫さん (1964)【映画】

複製された男

複製された男 ドゥニヴィルヌーヴ

ワケがわからないのに、なぜだかグイグイ惹き込まれるとゆう不思議な映画。ヴィルヌーヴ監督は『プリズナーズ』 (上半期のベストに入ってます) もよかったですが、本作のほうがより妖しげな魅力を放っていました。

重苦しいトロントの街並、ギレンホールの二役、彼 (ら) を取り巻く女性たちなどなど、みんなステキでした!

感想エントリ ▷ 複製された男 (2013)【映画】

365日のシンプルライフ

Tavarataivas

フィンランド発、断捨離ドキュメンタリー。一見アタマおかしい (褒め言葉です) のかと思うようなことを、大マジメにやってみたとかサイコーに好きです。発想、とゆうかその実行力に脱帽笑。

内容もだいぶマジメで深い!いろいろ考えさせられました。自己啓発映画笑!人生何事も、やってみなけりゃわからねーことだらけだなあ。

感想エントリ ▷ 365日のシンプルライフ (2013)【映画】

ジャージー・ボーイズ

ジャージーボーイズ クリントイーストウッド

今年唯一、二度観にいった作品。正直観る前は全然期待してなかったんですが、自分でも戸惑うほどやられてしまいました。映像と音楽の融合、素晴らしいね!

感動しすぎて呼吸が苦しくなった「君の瞳に恋してる」から、これ以上ない幸福感に満たされるエンドロールまでの流れは圧巻の一言!音楽のチカラってスゴイ!

感想エントリ ▷ ジャージー・ボーイズ (2014)【映画】君の瞳に恋してる

フランシス・ハ

フランシスハ

今年一番”キュート”だった映画。面白いでも、巧いでもなく、好き。そんなフレーズがピッタリの映画です。映画館から出たあと、思わず街中を駆け出したくなりました。疾走感!

タイトルのヒミツ、「ハ」の意味にも思わずニヤリ。モノクロなのも、いいね!

感想エントリ ▷ フランシス・ハ (2012)【映画】

100歳の華麗なる冒険

100歳の華麗なる冒険

100歳老人といい、スウェーデンの長閑な風景といい、ユルさが絶妙なブラックコメディ。しんみりするようなシーンがマジで一瞬間もない。幸福感全開!

行き当たりばったりなのに、最後は全部丸く収まるってゆう。畳みかたもお見事でした!

感想エントリ ▷ 100歳の華麗なる冒険 (2013)【映画】

6才のボクが、大人になるまで。

6才のボクが、大人になるまで

製作期間12年の力作、とゆうか、そこまでいくとちょっとキモいレベルの作品です。

リアルに成長していく子供たち。いや子供だけじゃなくて、大人たちも歳を重ねていきます。当たり前の日常を積み重ねたような、ゆるやかな時の流れが実に心地いいです。これも良い退屈!

何が起こるってわけでもないですが、ずっと観ていられます。長い (上映時間165分) けど長くない!いろんな意味で、今まで観たことのない映画!途轍もない!

感想エントリ ▷ 6才のボクが、大人になるまで。(2014)【映画】

さいごに

去年みたいに、大作・話題作ばっかりになったらつまんねーなどーしよう、とか思ってましたが、まずまずそんなこともなくてホッとしています。つかほとんどミニシアター系じゃね笑。

スウェーデン映画が10本中2本、てのも目を引きます。つかお隣のフィンランドも合わせると3本か。ぼくの中で確実にキてますね北欧ブーム。

スウェーデンは昔から好きな国ですけど、何だろ、やぱ家具とかファッションとかのオシャレ感に惹かれるのかなあ。いつか行ってみたい!

逆に邦画はゼロ。つか小説もなんですけど、年々国産のものに惹かれなくなってる気がします……。そもそも2本しか観てねーし (『思い出のマーニー』と『まほろ駅前狂騒曲』) 。

その『思い出のマーニー』をはじめ、ほかにも『天才スピヴェット』とか『インターステラー』とか『ゴーン・ガール』とか、入れようかどうしようかちょー迷った作品は数知れず。

けど「10本」て縛りがあるので (まあ自分で勝手に設けたんですけど笑) 、全部泣く泣く選外としました。そのへんは全部「次点」てことで。

さてさて、来年はどんなステキな映画たちと出会えるかなあ。ワクワク。来年も駄作を怖れず笑、たくさん観よう!

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

オマケ

ちなみに、今年おウチで観た「旧作」(TV or DVD鑑賞) のベストは、以下のエントリにまとめました。

マイベストムービー2014〜旧作編〜

今回のベストの中にも、すでにDVD化されているものや、まだ公開中の作品がいくつかあります。年末年始の長期休暇、やることないから映画でも観よっかな、なーんて思ってるかたは、参考にしていただければ幸いです。

いずれも胸を張ってオススメできる傑作ばかり。お暇があればぜひぜひ。

 -映画その他

ad

スポンサーリンク

  関連記事

マイベストムービー!〜2015上半期〜

2015年も半分が過ぎました。毎年のことですが、早いですねー。さっと振り返って、いろいろまとめておこ

no image

古畑任三郎を久しぶりに観た!

大好きな『古畑任三郎』が再放送されていたので、録画して観ました。 観るのは十数年ぶりでしたが、若いこ

ユーロスペース〈EUROSPACE〉とカフェ・テオ〈CAFE THEO〉(渋谷) に行ってきた!

作り手が育ち、映画が育ち、観客が育つ映画の家。

スクリーンに恋して〜2014女優編〜

満を持して、女性編!

トム・クルーズに会いにいく / 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ジャパン・プレミア レッド・カーペット・イベント@六本木ヒルズ

ト・ム!ト・ム!ト・ム!

TOHOシネマズ新宿に行ってきたよ!

オープンから1ヶ月、TOHOシネマズデーなんで行ってきました。

no image

第87回アカデミー賞 (2015) をユルく予想してみる (期待込)

今日は映画『フォックスキャッチャー』を観てきました (感想はいずれ) 。 これで現状、アカデミー賞主

スクリーンに恋して〜2015上半期〜

2015年上半期に観た映画 (劇場公開のみ) の中から、特に輝いていた役者さんたちを選んでみました。

マイベストムービー!2013

2013年のシネマライフ振り返り!

スクリーンに恋して〜2014男優編〜

2014年、スクリーンの中で一際輝きを放っていたイケメンたち!

ad

スポンサーリンク

  Comment

  1. ihuru より:

    うわー気になるのがいっぱいです!特に北欧の!
    ミニシアター系、いいですよね。今はチビとベビの子育て真っ最中なのでなかなか行けませんが、昔はよく行ってました。レディースデイ狙いで!

    グランド・ブタペスト・ホテルはわたしも今年のベストに入りそうです。ヨーロッパ的な雰囲気がお洒落で面白かったな。
    他は未見なのでレンタルしてみようと思います♪

    • cota より:

      ihuru さん

      ヨーロッパな雰囲気いいですよね!オシャレ感が堪らなく好きです。
      未見のものもぜひぜひ!

      ミニシアターはぼくも「サービスデー」狙いで観に行っています (^o^)
      劇場によっては、男も安く観られる曜日がけっこうあって、ありがたいかぎりです。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly