シン・シティ 復讐の女神 (2014)【映画】

      2015/01/16

正義じゃ守れないものがある。

シンシティ 復讐の女神

試写会にて『シン・シティ 復讐の女神 (Sin City: A Dame to Kill For) 』鑑賞。2014年アメリカ。ロバート・ロドリゲス / フランク・ミラー監督。103分。

人気グラフィックノベルを基にしたクライムアクション第2弾。犯罪と欲望が渦巻く街シン・シティを舞台に、その支配者である悪徳議員へのリベンジを誓う者たちの姿を活写する。

via: シネマトゥデイ

主演はジェシカ・アルバ。共演にミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、ジョシュ・ブローリン、エヴァ・グリーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィットほか。1月10日から公開。

ダメだこりゃ笑。もともとこのシリーズ好きじゃなった (何で観にいったし笑) けど、この続編はそーゆう「好き嫌い」の次元じゃないような気がした。

前作の持っていた「アク」みたいなものが、全部取り去られてしまったよーなデキに成り下がっている。毒気を抜かれて、何だかひどくつまらないものになってしまったなあ。率直に言ってそんな感想。

あるいは慣れちゃったのかも。前作は何も知らずに観て「うげっ」てなったけど、おかげで耐性が出来たのか、本作には、ことごとく驚きがなかった。

まあこんなもんかって感じで、いかにも物足りない (基本「痛い」のキライなので、逆に観やすかった、てのはある笑) 。

て前作「嫌い」な立場のぼくが、この辺りの出来不出来をいくら論じても説得力なさそーなので笑、むしろ前作のファンだってかたの感想を聞いてみたい、なんてことも思った。

あと観ていて驚いたのは、前作を観たばっかり (本作観に行く2日前くらいに観た) なのに、その内容をことごとく忘れていたってこと笑。

キャラクタや映像などは、もちろんところどころ鮮明に憶えてるんだけど、ストーリー的な部分はまるっと忘れてて、如何に内容のねー映画なのかってのがホントよくわかった。

特にね、結末的な部分、だれが死んだとかそーゆうことをまるで憶えてなかったの。

まあ、この映画に限らず、ストーリーなんてもんは、あってもなくてもどっちでもいいと思ってはいるけれど、本作に関しては何だかそーゆうことでもないような気がする笑。うまく表現できないけど。

とはいえ前作を観ずに本作だけ観ても、ピンとこない部分はたくさんあるだろう。キャラクタもストーリーも繋がりまくってるからなあ。まあ、全部含めて何やってるかわかんない笑、てのはあるけど。

モノローグ (心の声みたいな独り語り) が苦手、てのは前作でも思ったんだけど、劇場で観ると余計に堪える。途轍もなく長く感じるし、何よりも退屈で眠くなる笑。

前作でかろうじて好きだったキャスト (クライヴ・オーウェンとかデヴォン青木とか) がことごとく出てない、てのも残念なんだよなあ。

マーヴ (ミッキー・ローク) が単なるお助けマンみたいになってたりとかも、やっつけ感が凄まじい。

あとジェシカ・アルバどうした笑?前作ではもっとずっとカワイかったのに、本作は見る影もない。苦悩してる顔が多い、てのはあるけど、まるで華がなかったよ。

せっかくのプリティフェイスを傷だらけにしちゃうとかも、何がしてーのか意味わからんかったし。

意味がわからないといえば、ジョニー (ジョセフ・ゴードン=レヴィット) の件も。必要だったのかあれ笑?「復讐」感ゼロだし、何よりも印象が薄すぎる。

逆に印象的だったのはエヴァ・グリーン。あいかわらずの悪女感は、『300〈スリーハンドレッド〉』の二番煎じじゃん、なんて思わないでもないが、それでも存在感は圧倒的。眼がね、怖いです笑

ただこのエピソード、相手役のドワイト (ジョシュ・ブローリン) が何とも物足りない。

やっぱりね、前作からのキャラクタたちのがずっと強烈で、(エヴァ・グリーン以外の) 新キャラクタがことごとく残念、てのもイマイチぱっとしない原因なのかなあ、なんてことも思ったりした。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

作品情報

公式ページはこちら。

映画『シン・シティ 復讐の女神』公式サイト

あらすじ

どこからともなく、ならず者たちが集う街シン・シティ。ストリップバーの看板ダンサーのナンシー (ジェシカ・アルバ) は、なまめかしいダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガン (ブルース・ウィリス) に死をもたらした街の支配者ロアーク上院議員 (パワーズ・ブース) に復讐するチャンスをうかがっていた。だが、ロアークは手段を尽くして力を拡大、さらに悪女エヴァ (エヴァ・グリーン) の登場で街の腐敗は加速していく。そんな中、ギャンブラーのジョニー (ジョセフ・ゴードン=レヴィット) がロアークにポーカーで勝負を挑む。

via: シネマトゥデイ

予告編

ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバら再結集!映画『シン・シティ 復讐の女神』予告編 ver. 2 – YouTube

 -2010年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

テッド (2012)【映画028】

『テッド』鑑賞。徹底的にただただバカバカしい笑。そしてテッドがカワイイです。教訓めいたものは何もありません。最高!

ミッション: インポッシブル / ゴースト・プロトコル (2011)【映画092】

不可能を超えろ。

トラッシュ!-この街が輝く日まで- (2014)【映画】

ぼくたちはゴミ山で、世界の”希望”がつまったひとつのサイフを拾った。

真夏の方程式 (2013)【映画033】

『真夏の方程式』鑑賞。映像化は難しいかなと思っていた作品ですが、かなりうまくまとまっていました。噂通りの良い映画です。

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

わが母の記 (2011)【映画】なぜ『しろばんば』を読まされたのか

たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。

サイド・エフェクト (2013)【映画055】

事件に潜む、もう一つの副作用〈サイド・エフェクト〉。

6才のボクが、大人になるまで。(2014)【映画】

4人の俳優が12年間家族を演じた。その歳月から生まれた、感動の物語。

NO (2012)【映画】現実と虚構のクロスオーバー

CMは世界を変えられるのか!?

交渉人リーアム・ニーソン!【映画】誘拐の掟 (2014)

誘拐犯に告ぐ。殺したら、殺す。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly