麺屋翔 (新宿) 鶏白湯つけ麺を食べてきたよ!

      2015/01/09

新宿の奥の奥にある人気店、再訪でございます。

新宿のラーメン店「麺屋 翔」にまたまた行ってきました。以前に来たときは「特製塩らーめん」をいただきましたが、つけ麺も美味しそーで気になっておりました。

つーわけで今回はそのつけ麺目当てでございます。ちなみに前回食べた塩らーめんが気になるかたは、以下をご覧ください。

参考 ▷ 麺屋翔 (新宿) 香彩鶏だし特製塩らーめん & ワザあり玉子飯

2度目の訪問なので慣れたものです。並んで待って (日曜の昼下がり、20分くらい待ちました) 、食券買って、着席。

麺屋翔 鶏白湯つけ麺

さっと登場、鶏白湯つけ麺!味玉もつけちゃいましたー 890円也。

麺屋翔 新宿 鶏白湯つけ麺

盛りつけも美しい。いただきまーす!

麺屋翔 鶏白湯つけ麺 スープ

濃厚スープ。けどしつこすぎず、サッパリしています。スープの中にもお肉が!

麺屋翔 鶏白湯つけ麺 麺

モチモチ、ツルツル、ピカピカの三拍子揃った麺!モリモリ食べられます。んまい!

途中からレモンを搾ると、さっぱり感が増してまた違った味わいを楽します。二度美味しい!

麺屋翔 極卵御飯

あとせっかくなんで、卵御飯 (¥300) も頼んでしまいました。

あれ、前来たときと雰囲気違うなあ。そいや、前は「ワザあり玉子飯」だったのが、今回は「極卵御飯」 (だったかな?正式名称失念) に名前が変わっていました。

麺屋翔 極卵御飯 卵

濃厚卵。つか味玉も食べたのに、卵食べすぎだ今気づいた笑。

濃厚さに鼻血が出そうです。つけ麺と合わせてモリモリ食べて、お腹いっぱいすぎる!

けど以前の「ワザあり」のほうが好きだったなあ。何かが欠けてしまった感じがします。

あとあと、つけ麺も美味しかったですが、よりあっさり感を味わえる「塩らーめん」のほうが個人的には好みかな、て気もします。

まあそのあたりは、そのときの気分なんかもありますし、食べ分けていけばいいと思います。

今日はつけ麺の気分でしたし、大満足です。それよりも卵食べすぎて苦しい笑……。

ごちそうさまでしたー!

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

 -ラーメン・つけ麺

ad

スポンサーリンク

  関連記事

らーめん春友流 (横浜) の醤油らーめん!こっさりが新感覚!

横浜マラソンの事前登録 (横浜マラソンEXPO) でパシフィコ横浜へ行った帰りに、前から気になってい

九十九とんこつラーメン (恵比寿) どっさりチーズの味噌ラーメン

元祖!チーズと味噌がとんこつスープと奏でる絶妙なハーモニー。

麺やつとむ (中野・新井薬師前) のグリーンカレーつけ麺を食べてきた!

つけ麺好きのカレー好きにとっては、夢のような一品です笑。

夏野菜たっぷりのトマトつけ麺に度肝を抜かれる【日刊こーた033】(2013/7/23)

2013年7月23日の出来事。新井薬師前『草庵』の夏野菜冷やしトマトつけ麺、絶品です。

麺屋ひょっとこ (有楽町) 極限のあっさり系!和風柚子柳麺が素晴らしい

あっさり好きには堪らないお店です。

ドゥエイタリアン (市ヶ谷) ゴルゴンゾーラなチーズラーメン らぁ麺フロマージュ リゾット付きだよ!

イタリアンなチーズラーメン!

麺匠ようすけ (中野) コラーゲンたっぷり濃厚鶏白湯つけ麺 途中で搾るレモンが最高!

2013年の「締めラー」!

俺流塩らーめん (渋谷) ひとりひとりの「俺流」を作ろう!カスタマイズが楽しい塩らーめん

自分だけの俺ジナルなラーメンを作ろう!

麺や つとむ (中野・新井薬師)

麺の歯ごたえが素晴らしい!

くじら軒 (東京駅・八重洲地下街)

スープに心、麺に愛。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly