世に棲む日日 (一) (司馬遼太郎)【読書】松蔭吉田寅次郎、読書の旅

      2015/01/20

吉田松陰と弟子高杉晋作を中心に、変革期の人物群を鮮やかに描き出す長篇!

世に棲む日日1 司馬遼太郎

2015年のNHK大河ドラマは『花燃ゆ』。吉田松陰、の妹、杉文が主人公、だそうだ。誰だよ笑

それ以前に、ぼくは松蔭のことをよく知らない。もちろん、松下村塾であるとか、安政の大獄だとか、そーゆうキーワードは知っているが、どのような人物であったかとゆうことについてはほとんど知らない。

若いころ (といってもその生涯自体が短いので、ある意味、最後まで若かったのだが) のことについては、特に興味がある。

司馬さんの『世に棲む日日』は、そんな吉田松陰の生涯と、その周辺人物 (主に高杉晋作) への影響力について知るのに、とっておきの一冊だ (とゆうか、全4冊) 。

1巻はこんな書き出しからはじまる。

長州の人間のことを書きたいと思う。

via: P1

松蔭ではなく、「長州の人間」と書いているあたりが面白い。とりあえず松蔭のことから書きはじめるが、ひょっとしたら本当の主人公は高杉晋作かもしれない、などと断っていたりもする。

そのあたりを決めずに書きはじめる、だとか、本作は小説と言えるかどうかわからない、などとわざわざ言っているあたりも、何とも司馬さんらしくて可笑しい。

この1巻では、後の松蔭、吉田寅次郎の出生 (とゆうか家のこと、さらに遡って長州藩の成り立ち) からはじまり、ペリーの黒船来航前後までが描かれる。幕末黎明期、動乱前夜といった趣きだ。

この時代のひとびとは、よく旅をする。松蔭もまた然り。歩くことが思考を育むのではないかと思われるほどに、とにかく歩く。

松蔭は、本を求めて旅を続ける。この時代、希少な本は国内に一冊しかなかったりする。著名な知識人に会いにいく、とゆうよりは、その人物が持っている書を求めて、旅をする。そしてついでに議論する。

読書は心の旅などと言われるが、当時は文字通りの旅、物理的な移動を伴うものでもあったのだ。

この時代の日本における知 (とゆうかあらゆるものの) の中心は、江戸にある (当時に限らず、今もそうか) 。松蔭も、この世界有数の巨大都市に、当たり前のように引き寄せられていく。

そして、突如脱藩する。その理由がまた振るっている。本書最大の読みどころと言っていい。

(前略) 松蔭のわがままを粉砕した (佐世) 主殿の秩序論の論理に感心し、また容易にゆるがぬその志の堅牢さにも感じ入った。主殿に感心する松蔭は、かれが秩序ずきであることを物語っている。同時に大鉄槌をふりあげて秩序を破壊しようとする衝動も、松蔭の心の底にうごいていた。矛盾している。

(略)

松蔭は秩序論者であり、秩序美の賛美者でもあった。そういう自分を、いまひき裂こうとしている。

via: P129

友人との義を通すために、藩の秩序を犯す松蔭。

秩序と言っても、大したものではない。現代に置き換えるとどうだろう、海外旅行をするのに保険に入っていなかった、といった程度ではないだろうか。

実にしょうもないルールだが、それを破るために、脱藩とゆう重罪をあっさりと決断してしまうあたりに、松蔭という人間の可笑しみがよく現れている。

不器用な楽天家。ぼくのイメージにあったような、過激な活動家では決してない。そしてその不器用さと楽天主義が、後に大きな不幸を招くことにもなる。

ここで正直に白状すると、ぼくは今まで長州人というものが、暑苦しすぎてあまり好きではなかった笑。これは本書を読まずにいた理由でもある。

そんな長州人の代表格たる松蔭。突飛すぎるその行動力は、これまでだいぶ理解不能だったが、本書に接して、彼の人間性や行動原理の一旦を少しだけ窺い知ることができた。

彼らの体質には、依然として馴染めない部分も多々あるが、理解はだいぶ進んだし、何よりも松蔭という人物を、少しだけなら愛せるような気もしてきた。

まあ司馬さんの小説は、読めばその主人公を必ず好きになってしまうのだけれど笑。

秩序に背いたことで、精神的にも立場的にも解き放たれた松蔭。今後どのように成長 (とゆうよりは変転) していくのか、次巻が楽しみだ。

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

オマケ

本作は映像化されている。NHKだが大河ドラマではなく、いつだかの新春時代劇で、ぼくも観た記憶がある。

ドラマのタイトルは『蒼天の夢』。松蔭を中村橋之助さんが、高杉を野村萬斎さん (イメージにピッタリ!) が、それぞれ演じている。

ちなみにだが、『花燃ゆ』で松蔭を演じる伊勢谷友介さんは、かつて『龍馬伝』では高杉を演じていた。松下村塾に通ずる何かを持っているのだろうか。

引用

読んでいてグッときた文章のいくつかを、以下に抜き書きしておく。

(前略) かれは、攘夷家であった。しかしながら他の攘夷家のように、日本国土に宗教的神聖さがあるとし、かれらの墨夷の靴によってその神聖国土が瀆されるといったふうの情念のようなものはあまりもっていなかった。かれの攘夷は、奇妙なほどに男性的であった。

おおかたの攘夷は、日本人の対外感情の通性がそうであるように、女性的であった。松蔭は、ちがっている。海をこえてやってきた「豪傑」どもと、日本武士が武士の誇りのもとにたちあがり、刃をかざして大決闘を演ずるというふうの攘夷であった。このため敵を豪傑として尊敬するところが松蔭にはある。

via: P256

日本人の対外感情は女性的、てのは今でもそうかもしれんなあ。

過激、急進という政治上の用語は、たとえば英語ではラディカリズムという。辞書をひいてみると、ラディカルとは第一義が「根源的」「根本的」 ということで、第二義が、「急進の」「急激の」ということになっており、ラディカリズムの項には、急進主義というほか、根本的改革主義とある。(略)

松蔭は、それらしい。

なにごとも原理にもどり、原理のなかで考えを純粋にしきってから出てくるというのが思考の癖であり、それがかれを風変りにし、かれを思考者から行動者へ大小の飛躍をつねにさせてしまうもとになっているらしい。

via: P264

原理主義が過激なのは、つまりは松蔭みたいなことなんだよなあ。

「私には教授なんぞということはできませんが、一緒に研究するならかまわない」

via: P304

これが松下村塾の根本原理、なのかな?教えるのではなく、ともに研究する、てスタンスはかなり好き。

作品情報

司馬遼太郎著『世に棲む日日(一)』。1975年文春文庫刊 (2003年新装版。1969年連載開始) 。313ページ。

嘉永六(1853)年、ペリーの率いる黒船が浦賀沖に姿を現して以来、攘夷か開国か、勤王か佐幕か、をめぐって、国内には、激しい政治闘争の嵐が吹き荒れる。この時期骨肉の抗争をへて、倒幕への主動力となった長州藩には、その思想的原点に立つ吉田松陰と後継者たる高杉晋作があった。変革期の青春の群像を描く歴史小説全四冊。

via: Amazon内容紹介 (「BOOK」データベースより)

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

がんばらないために、がんばる。

伊坂幸太郎さんの『あるキング』を読んで、「がんばる」ってことについてちょっと考えてみました。

あん (ドリアン助川)【読書】緩やかな暗部

誰にも生まれてきた意味がある。

予知夢 (東野圭吾)【読書】

君が生まれる前から僕たちが結ばれることは決まっていた。

めくるめくパラレルワールドの様式美【読書】四畳半神話大系 (森見登美彦)

森見登美彦さん2作目の長編小説『四畳半神話大系』を読みました。森見さんの著作を読むのは、これで7冊目

マスカレード・イブ (東野圭吾)【読書】

伏線はここにある。

有頂天家族 (森見登美彦)【読書】

阿呆の血のしからしむるところ。

四つのサイン (コナン・ドイル)【読書】

ホームズ長編の最高傑作!

緋色の研究 (コナン・ドイル)【読書】

シャーロック・ホームズ、デビュー戦!

太陽の塔 (森見登美彦)【読書】

すべての失恋男たちに捧ぐ、爆笑妄想青春巨篇 in 京都。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly