シャーロック・ホームズの冒険 (コナン・ドイル)【読書】

      2015/01/22

この12の事件でホームズは世界一有名な探偵となった。

シャーロックホームズの冒険 コナンドイル

アーサー・コナン・ドイル著『シャーロック・ホームズ全集3 シャーロック・ホームズの冒険 (The Adventures of Sherlock Holmes) 』読了。

2014年河出文庫刊 (1891年原著初出) 。小林司 / 東山あかね訳。リチャード・ランセリン・グリーン (高田寛訳) 注・解説。732ページ。

ドイル自身がもっとも愛した短篇であり、探偵小説史上の記念碑的作品”まだらの紐”をはじめ、”ボヘミアの醜聞”、”赤毛組合”など、名探偵ホームズの人気を確立した第一短篇集。夢、喜劇、幻想が入り混じる、ドイルの最高傑作。オックスフォード大学版の注・解説にくわえ、初版本イラスト全点を復刻掲載した決定版。

via: Amazon内容紹介 (「BOOK」データベースより)

三谷幸喜さん脚本の「学園ミステリー シャーロックホームズ」と並行して、原作を読み進めている。

緋色の研究』『四つの署名』ときて、3冊目は『シャーロック・ホームズの冒険』。前2作は長編だったが、本作はホームズ初の短篇集である。

いやー面白かった!ホームズには軽い短篇のほうがよく似合う!特に本作は、ぼくでもタイトルを知っている (あるいは子供のころ断片的に読んだ) ような名作が目白押しで、まさにドイル = ホームズの最高傑作とゆうにふさわしい。

全12篇、注釈も豊富で、解説・あとがきも合わせると700ページを越える大著 (本を実際に”立てる”ことができる笑) だが、どのおはなしも面白くてスラスラと読めてしまう。読みはじめたら止まらなくなって、ほとんど一気読みだった。

収録作は、登場順に以下の通り。

「ボヘミアの醜聞」「花婿失踪事件」「赤毛組合」「ボスコム谷の惨劇」「オレンジの種五つ」「唇の捩れた男」「青いガーネット」「まだらの紐」「技師の親指」「花嫁失踪事件」「緑柱石の宝冠」「ぶな屋敷」。

ちなみに12篇の中でも一際面白かったのは、「赤毛組合」と「青いガーネット」かなあ。どの作品も味わい深いけど、この2作が特にお気に入り。

意外だったのは、殺人以外の事件も多いということ。どころか、犯罪でさえない事件もいくつか登場する。

はなしの性質も、軽いものから重たいものまで実に多彩。KKKなどの時事ネタが盛られているあたりは、前2作の長編とも共通する。

アイリーン・アドラー (「ボヘミアの醜聞」) やロイロット医師 (「まだらの紐」) といった、印象的なキャラクタ (宿敵たち、というべきか) も登場して楽しませてくれる。

ホームズの探偵術も推理だけにとどまらない。変装あり潜入あり (さらには怪しげなクスリもやっている笑。てこれは一種の趣味か。) で、”冒険 (Adventure) “というタイトルがいかにもピッタリくる。

ホームズが素晴らしいのは、ことが起こる前に事件を解決してしまったり、あるいは依頼とは異なる、より重大な事件を掘り起こしてきたりするところ。

ぼくの大好きな名探偵、金田一耕助 (こちらも今、ホームズと並行して読み返している) なんて、ほとんど関係者が全員死んでしまって、犯人の目的が半ば達成されてから、事件を解決 (?) したりするからなあ笑。

引き合いに出すのもアレだけど、比べて読むとその差は歴然笑 (まあ金田一は金田一で、別種の面白さがあるんだけどね) 。

依頼人を守り、殺人を未然に防ぐ。それでこそ名探偵というものだ。カッコイイぞ、ホームズ!

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ジグは治具というよりは『jig』だとガリレオ先生に教わった

まあ間違えではないのですが、10年間くらいずっと「治具」だと思ってました。

緋色の研究 (コナン・ドイル)【読書】

シャーロック・ホームズ、デビュー戦!

ミレニアム2 火と戯れる女 (スティーグ・ラーソン)【読書】

激動の第二部!

ガリレオの苦悩 (東野圭吾)【読書】

論理の短篇!

ペンギン・ハイウェイ (森見登美彦)【読書】

森見登美彦さんの小説『ペンギン・ハイウェイ』を読みました。森見さんの小説を読んだのは初めてでしたが、これまで味わったことのない不思議な感覚で面白かったです。kindleとの相性も良い感じでした。

DIVE!!〈ダイブ〉1 前宙返り3回半抱え型 (森絵都)【読書】

わずか1.4秒の空中演技。高さ10メートルの飛込み台から、時速60キロでDIVE!!

探偵ガリレオ (東野圭吾)【読書】

刑事は奇怪な事件を抱えて天才物理学者の扉を叩く。

プラチナデータ (東野圭吾)【読書】

東野圭吾さんの小説『プラチナデータ』を読みました。ミステリとしてはイマイチでしたが、近未来の世界観が良く出来てて楽しめました。

人体工場 (仙川環) 【読書】サンデル先生でも読めよ笑

治験バイトの裏に恐るべき計画が!?

がんばらないために、がんばる。

伊坂幸太郎さんの『あるキング』を読んで、「がんばる」ってことについてちょっと考えてみました。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly