ゴールワーズ10トリプル・ブロンド (ベルギー) を飲んだよ!

      2015/01/20

一番新しいゴールワーズ!

ゴールワーズ10トリプルブロンド ラベル

「ゴールワーズ10トリプル・ブロンド (Gauloise 10 Tripel Blond) 」を飲みました。何やら必殺技めいた名前ですが、歴としたベルギービールです。

ゴールワーズシリーズは、これまでに「ブロンド」と「アンバー」を飲んだことがあります。つーわけでこれが3種類目。

名前にある「トリプル」てのは、強さのことですかね。トラピストビールじゃないのがちょっとひっかかりますが、まあいいでしょう。

参考 ▷ トリペル – Wikipedia

んで「10」てのは、初期比重てやつですか?「ロシュフォール10」とかの「10」。これがややこしくてよくわからない笑。

参考 ▷ 比重 (ビール) – Wikipedia

以上はあくまで推測ですが、とりあえず度数高そう、てことは伝わってきます……。

ゴールワーズ10トリプルブロンド 説明

ゴールワーズ10トリプル・ブロンドは現在製造されているゴールワーズの中で一番新しいビールです。くもりを帯びた黄金色で香りは多種類のスパイスを含んだドライナッツの様です。フルーティーな味わいとバランスの取れた苦味があります。9.7%というアルコール度数ながら後味すっきりの爽やかなビールです。

ちょっと日本語がヘンな気もしますが、意味はだいたいわかります。9.7%とは、やぱお強いっ!

多種類のスパイス、てのはコリアンダーやアニスのことですね。つかこのスパイスをたくさん使っているせいで、日本の法令では「発泡酒」となっていますが、まあ、ちゃんとしたビールです。

ゴールワーズ10トリプルブロンド ベルギー

さっそく飲みませう。グラスに注ぐとこんな感じです。

くもりを帯びた黄金色、てのはまさにこのこと。お美しい。いただきまーす!

濃ゆい!さすがはアルコール度数9.7%!けど意外と飲み口は爽やかです。フルーティ、てのはこのことかあ。

さすがに多くのスパイスを使ってるだけあって、なかなか複雑な味わいです。苦味もちょうどよくて、とっても飲みやすい。

けどこれはかえって危険だなあ笑。度数が10%近いのに、クイクイ飲んでしまいます。気つけないとすぐ酔っ払う笑。じっくり味わって飲もー。

ごちそうさまでしたー!

 -ビール

ad

スポンサーリンク

  関連記事

一番搾り (KIRIN) 魔法のジョッキが当たったよ!真空2層構造!冷たさ2時間!

冷たさがつづくと、うまさもつづく!

ラ・トラップ・クアドルペル (オランダ)

トラピストビールにハマっています。唯一オランダで醸造されている「ラ・トラップ・クアドルペル」を飲みました。ブランデーのようなビールです。

黒田官兵衛の奥さん!光姫の白ビールを飲んだよ!

大河ドラマ『軍師官兵衛』コラボシリーズ!

銀河高原ビール 小麦のビール を飲んだ!

最近ビールにハマってるこーた ( @cota1Q82 ) です。 いろんなビール飲んでみたいなあ、そ

岩手県遠野産とれたてホップ一番搾り2013 (KIRIN)

遠野のホップ農家とともに歩んで50年。

ドラフトワン (サッポロ)

キレ味、あざやか!

Stockholm (ストックホルム) はスウェーデンのエビスか!? IKEAで買ってきたビールその2

プレミアムビールみたいです。

スピット・ファイアー (イギリス)

イギリスビールの『スピット・ファイアー』を飲みました。苦味がとても強いエールビール、美味しいです。

いつの間にか新しくなってた!”新”一番搾り (KIRIN)

フブロン・シュフ (ベルギー) 苦味と甘みが絶妙なIPA

カワイイおっさんのベルギー産IPA!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly