愛して飲んで歌って (2014)【映画】

   

その嘘、ホント?

愛して飲んで歌って

『愛して飲んで歌って (Aimer, Boire et Chanter) 』の試写会に行ってきた。

『ヒロシマ・モナムール (二十四時間の情事) 』『アメリカの伯父さん』などで知られるフランスの名匠、アラン・レネ監督の遺作となったコメディ。余命わずかな友人のために3組のカップルが一致団結するかと思いきや、その男と友達以上の関係にあった女たちやそれに振り回される男たちが絶妙な駆け引きを繰り広げる。

via: シネマトゥデイ

つー内容で、キャストはカップル3組6人しか出てこない。あーいや、最後にもうひとりちょろっとだけ出てくるから厳密には7人か。てこれは軽いネタバレだな笑。

元ネタはアラン・エイクボーンの『お気楽な生活 (Life of Riley) 』とゆう戯曲。だからか設定やおはなしは極めて演劇的、なのはわかるんだけど、美術その他もかなり変わっている不思議な映画だった。

いきなり建物 (のドア) を模したヒラヒラのカーテンから人が出てくるんだから、一瞬「おや?」てなる。

その冒頭、テラスみたいな場所で夫婦の会話がはじまるんだけど、しばらくすると演劇の練習だということがわかる。

あーだからこんなセットだったのね、と思ったら、全編ずっとその調子で進むんだから紛らわしい笑。てこれはわざとなんだろうな。劇中劇 (あからさまには登場しない) と、本編の境目を曖昧にしようって効果を狙ってるのかな、なんてことをちょっと思った。

場面転換などにも明確な型があって、慣れてくるとなかなか心地いい。独特の様式美。ブルッチ (BLUTCH) というフランス人漫画家が描くイラストが、とてもカワイイ。

かと思うと登場人物のアップでは背景が消えて独白みたいになったりもして、けっこうドぎつかったりもする。舞台みたいだけど、あくまでも映画。そんな不思議体験だった。

見せかたが特殊なせいで最初は面食らうが、おはなし自体はまずまずわかりやすい会話劇だ。ところどころクスッとできるのはいかにもフランス映画らしい。

これ普通の映画にしたら面白くないのかな。いやでもそーすると余計な部分も描かなくちゃいけなくなって、没入感が損なわれちゃうのかもしれない。焦点がボヤけるとゆうか。

本作最大のキーパーソンであるジョルジュが一切登場しない、てのも洒落ててステキだった。出てこないからこそ際立つ存在感。彼に全員が振り回される。

これぼくの年齢 (30代前半) でも十分愉しめたけど、まだちょっと早いのかなって気もちょっとした。ましてや結婚もしてないしねぼくの場合。

理解はできるんだけど、実感を伴っていない感覚。その点登場人物たちと同程度の齢 (50代60代) を重ねていると、よりハマるんじゃないかなあ。

あと男女でも感想分かれそうだな、とも思った。ぼくも含めた男は「女ってバカだなあ」と思うだろうし、逆に女性は「男ってやっぱりわかってないのね」と感じるんじゃなかろーか。

そーゆうある種男女の普遍的な部分を描いたおはなしなのかな、なんてことも思ったりした。

個人的に一番寄り添えたのは、コリン (イポリット・ジラルド) かなあ。毎週末時計を合わせるってのが一番笑えたよーな気がする。

あとストーリーには全然関係ないけど、2度登場した「謎の動物」(モグラ?) も何だか妙にホッコリできてサイコーだった。何で出てきたのか文字通りナゾだったけど笑。

この手のアート系映画って、久しぶりに観たなあとゆう気がする。芸術的すぎてワケワカラナイ部分もたくさんあったけど、そのせいか妙に心に残った。

意味 (や意図) を考えたくなるし、考えなくても十分楽しめるほど心地よくて、あとからジワジワくるものがある。まあ正直なところ、観終わった直後は「何じゃこりゃ?」て感じで”はてな”だらけだったんだけど笑……。

アラン・レネ監督の作品を観たのは本作がはじめてだった。

冒頭の引用で挙げた以外にも、『夜と霧』『去年マリエンバードで』などの代表作があって、タイトルくらいはぼくでも聞いたことがある。

残念ながら本作が遺作とのこと。過去の作品はどんな雰囲気なのか、いずれ観てみたい、なーんてことも思ったりした。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑このブログは今何位?

作品情報

『愛して飲んで歌って (Aimer, Boire et Chanter) 』。2014年フランス。アラン・レネ監督。108分。

主演はサビーヌ・アゼマ。共演にイポリット・ジラルド、カロリーヌ・シオル、ミシェル・ヴュイエルモーズ、サンドリーヌ・キベルラン、アンドレ・デュソリエほか。2月14日公開。

あらすじ

ジョルジュの死期が近いことを知り、友人である3組のカップルはジョルジュの残り少ない人生を意義のあるものにしようと決心する。ところが、実はジョルジュと友人以上の過去があった女たちの思いが錯綜。そんな女たちに男は動揺し……。

via: シネマトゥデイ

予告編

アラン・レネ監督最後の作品!映画『愛して飲んで歌って』予告編 – YouTube

 -2010年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

劇場版チェブラーシカ (2010)【映画059】

ロシア生まれのパペットアニメ。

トラッシュ!-この街が輝く日まで- (2014)【映画】

ぼくたちはゴミ山で、世界の”希望”がつまったひとつのサイフを拾った。

テッド (2012)【映画028】

『テッド』鑑賞。徹底的にただただバカバカしい笑。そしてテッドがカワイイです。教訓めいたものは何もありません。最高!

ディス (イズ) コミュニケーション【映画】きみはいい子 (2015)

抱きしめられたい。子どもだって。おとなだって。

サイド・エフェクト (2013)【映画055】

事件に潜む、もう一つの副作用〈サイド・エフェクト〉。

メイジーの瞳 (2013)【映画091】

愛が何か見えているのは、きみの瞳だけ。

借りぐらしのアリエッティ (2010)【映画】

人間に見られてはいけない。

コクリコ坂から (2011)【映画】

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』を観ました。明るさと暗さのバランスが絶妙な、とてもステキな雰囲気の物語でした。

武士の家計簿 (2010)【映画047】

江戸時代後期、加賀藩で経理を担当していた武家のお話。現代人にとってもお金との付き合い方はいろいろと参考になるように感じました。

博士と彼女のセオリー (2014)【映画】天才のとなりで

生きる希望をつないだのは、無限の愛。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly