四文屋 新井薬師本店 (中野) で焼とん焼鳥を食べてきたよ!

      2015/03/09

四文屋の本店!

四文屋

地元中野の焼とん焼鳥居酒屋「四文屋」へ行ってきました。至るところに店舗を構える四文屋グループですが、この新井薬師店が本店 (一号店) だそうです。

中野駅のほうにある「中野北口店」には行ったことあるような気がします (ウロ憶え) が、こちらの本店は、今回はじめて訪問しました。近所のくせに。

西武新宿線・新井薬師前駅から徒歩2分くらいの、路地をちょっと入ったところにお店はあります。

日曜日の17時半ごろと、わりと早い時間に行ったのですが、すでに満席でちょっとだけ待ちました。待つと言っても、テーブルを片付ける間の数分です。

つかこの時間にもう帰るお客さんがいるってどゆこと?と思ったんですが、よくよく調べたら15時から営業しているんですね。吞ん兵衛には堪らない。昼飲み、いいなあ。

店内はカウンターとテーブル席、それと奥のほうはお座敷のような小上がりもあるみたいでした (ちゃんと見なかったのでよくわからない笑) 。

お客さんはひとり飲みのひと、カップル、それに我々のような家族連れなどさまざま。それぞれ1/3ずつといった感じでした。

あらゆる客層をカバーしていますが、モリモリ食べたい!てひとにはちょっと辛いかも。食事はあくまでもおつまみ、飲みメインないわゆる「酒場」です。

四文屋 メニュー

四文屋 ドリンクメニュー

メニューはそれぞれこんなところ。古き良き居酒屋、て風情ですね。

四文屋 ビール

さっそく飲みましょう!とりあえずビール。「四文屋」の文字がステキですねこれ欲しい。いただきまーす!

四文屋 きゅうり浅漬け

まずはきゅうりの浅漬け。

四文屋 モツ煮込

四文屋 煮込豆腐

寒いんで煮込みも。通常のモツ煮込と、豆腐が入った煮込豆腐。あったまる!

さて、最初に注文した串がそろそろ出てきます。どんどんいきましょう。

四文屋 つくね

つくね。中がこりこりしてて美味しい。

四文屋 シロ

四文屋 軟骨

シロとナンコツ。

四文屋 皮 手羽ねぎ

皮に手羽ねぎ。

と、ここらで野菜も焼き上がってきます。お肉にちょっと飽きてきた頃合いだったので、ちょうどいいタイミングです。

四文屋 アスパラ

まずはアスパラどかんと一本丸焼き。

四文屋 しいたけ

四文屋 ししとう

しいたけにししとう。ししとうにはひとつアタリが入っていました辛い。

四文屋 かぼちゃ にんにく

かぼちゃとにんにく。

四文屋 金宮

お酒もじゃんじゃん飲みましょう。金宮梅割り。金宮 (焼酎) はひとり三杯までらしいです。

四文屋 梅酒

梅酒ロック。

お肉ももう少し食べたかったので、追加で注文しました。

四文屋 レバー

レバー。柔らかいー。

四文屋 タンすじ 銀杏

タンすじと銀杏。

四文屋 ナムル

なぜかこのタイミングでナムル。さっぱりするから、いいか笑。

四文屋 焼きおにぎり スープ

締めは焼おにぎり!スープが付きます。

四文屋 焼きおにぎり

ひとつがデカい! (注文は1個ずつ)

少食家族3人でたらふく食べて飲んで、総額7,000円ちょっとでした。安い!まあ串はどれもこれもほとんどが1本100円ですからね。コスパ素晴らしい。

文句なし!と言いたいところですが、イマイチな点もいくつか。まず店内が少しせせこましいところと、この季節は足下がやや寒いところ。それと、混んでるときは料理が出てくるのがちょっと遅い、てあたりですかね。

特に最初のうちは飲み物しかないので、ちょっと手持ち無沙汰に感じてしまうかもしれません。焼いてる店員さんはひとりだけだったみたいだしなあ。時間的なものなのか、スペース的な問題なのか。

焼き上がりはじめるとけっこう続けて出てくるんですが、それでも野菜なんかは時間がかかります。早めにどんどん頼んでおきましょう。

あと、簡単に出てきそうな一品料理 (漬物とか煮込とか) を最初に頼んでおくと、間がもっていいかもしれません。いずれにしても、吞ん兵衛じゃないとちょっと辛いかもしれません、て大衆酒場はどこも概ねそうですが。

四文屋 暖簾

赤提灯的な原風景がステキ。画になるなあ。ごちそうさまでしたー!


↑このブログは今何位?

関連ランキング:焼きとん | 新井薬師前駅沼袋駅

 -その他の食べ歩記

ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly