シャレード (1963)【映画】オードリー・ヘプバーン最高傑作!

      2015/03/02

“シャレード”、それは謎解きゲーム。

シャレード オードリーヘップバーン

『シャレード (Charade) 』鑑賞。1963年アメリカ。スタンリー・ドーネン監督。113分。

レジーナ (オードリー・ヘプバーン) は友人とのスキー旅行の途中で離婚を決意するが、帰宅すると夫は死んでいた。さらに、夫が戦時中に3人の男と軍資金を横領したあげく、仲間をだましていた事実が発覚する。3人から脅迫を受けるはめになったレジーナは、旅行で知り合ったピーター (ケイリー・グラント) に助けを求めるが……。

via: 映画.com

オードリー・ヘプバーン主演のサスペンス映画で相手役はケイリー・グラント、なんて聞くといかにも軽いラブコメ調のおちゃらけサスペンスなのかと思っていたら、これがすんげーよくできててめちゃめちゃ面白かったー!何かちょっと小馬鹿にしててむしろごめんなさい笑。

もちろんオードリーとグラントの会話はコミカル (つかこっちがむしろメインか) だし、衣装のオシャレ感も素晴らしくて (ジバンシィ!) “オードリー映画”の枠にはちゃんと収まってるんだけど、それ以上にしっかりとミステリしてて“軽妙洒脱”という表現がこんなにピッタリくる映画も珍しい。

ケイリー・グラントがいかにも怪しげなのはまあ最初っからわかるんだけど、映画のかなり早い段階 (30分くらい?) で観客に正体が明かされて、あーこれオードリーだけ知らんで進むパターンかと思ったいらそれもあっさりバレて、以降ははなし (とゆうかグラントの正体?笑) が二転三転!クライマックスでオードリーが「もう誰が誰だかわからない!」て叫ぶあたりで「ホントそう!」と思わず膝を打つほどだった。

ケイリー・グラントの胡散臭さに尽きるなこの映画笑。ウォルター・マッソー (最後まで誰か気づかんくて、観終わったあとで「あー!」てなった笑) もだいぶいかがわしいけど、グラントの前ではちょっと霞んでしまう笑。どんだけ嘘くさいんだグラント笑。何とゆうか、ホントに味方なのかちょっと信じ切れない絶妙な軽さがあって、それが展開を読めなくしている。たとえばジミー・スチュアートだったらゼッタイ味方だってわかるんだけどね。今だったら誰かなあ。ジョージ・クルーニーとか?

グラントはオードリーと会うたびに名前が変わるんだけど、登場人物が少ないせいか複雑さは微塵も感じない。から会話に仕込まれたネタだったり、本筋とは関係ない部分にもイチイチ反応できて楽しい。「女は優秀なスパイ」とか「スパイのことをわれわれは“エージェント”と呼ぶ」とかセリフもオサレで印象的な上に、のちのネタふりにもなってたりしてホンっトによくできてる!サスペンスとコメディて、ちゃんと両立するんだなあ。

あとこれ、普通は殺されちゃう夫だったり、その真相を追いかけるグラントだったりを主人公にすればそれなりに面白いスパイ映画ができそうなところを、敢えて何も知らない未亡人をメインに持ってくるあたりも何気にスゴいなって思った。

おかげで普通のスパイ映画ではあまり描かれない、裏のドラマを覗いているような面白さを味わうこともできる。

パレ・ロワイヤルでの銃撃戦はロケーションを活かした見事なシーンだし、その後の劇場での攻防や、あるいは前の地下鉄追いかけっこも同様に素晴らしい。切手のトリックも鮮やかで、ミステリとしても一級品。ちょっと文句のつけようがない。間違いなくオードリーの最高傑作!

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑このブログは今何位?

オマケ

タイトルの意味

タイトルのシャレード (charade) とは、「 (みえすいた) うその芝居、みせかけ」という意味の英単語。ほかに「ジェスチャーゲーム」という意味もあるらしい。映画を観ればナットクの、これ以上ないオシャレなタイトルだ。

『ローマの休日』の10年後

オードリーはこのとき34歳。『ローマの休日』からは10年経っていてさすがにピチピチの若さはないけど、あいかわらずキュートで有閑マダム (とゆうか未亡人になるんだけど) っぷりがよく似合っている。いい歳の重ねかたしてるわー。

リメイク版

本作はわりと最近に (つっても10年以上前だけど) リメイクされている。ジョナサン・デミ監督ってことは、けっこうガチなサスペンスかな。

オードリー → タンディ・ニュートンてのはまあいいんだけど (だってオードリーに敵う女優なんてそうそういない。それにタンディ・ニュートン好きだし。つか未亡人役合いそう) 、グラント → マーク・ウォールバーグってちょっと違くねーか笑。マッソー → ティム・ロビンスはタイプ違うけど何かナットク。

モーリス・ビンダー

タイトルシークエンスもオサレで一気に惹き込まれた本作。ソール・バスかなと思ったらモーリス・ビンダーてひとだった。

参考 ▷ モーリス・ビンダー – Wikipedia

調べてみたら『007』のタイトルシークエンス (銃口の中をボンドが歩いてきて銃撃つ有名なやつ。ガンバレルシークエンスってゆうらしい) 作ったひとなのね!

著作権

本作は著作権が失われているらしく、Wikipediaでも全編観ることができる。

参考 ▷ シャレード (1963年の映画) – Wikipedia

よりいい画質 (?) で観たいかたは以下あたりから。

iTunesはこちら。▷ シャレード (字幕版)

 -1989年以前の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

エイリアン (1979)【映画038】

『エイリアン』鑑賞。気持ち悪さや怖さはもはや「芸術」といっていいかもしれません。エイリアンのヌルヌルネバネバした質感がとにかく気持ち悪くて怖いです。

ウォール街 (1987)【映画050】

今観ても全く古びていないことに驚きました。ゴードン・ゲッコーが強烈なインパクト!

めまい (1958)【映画066】

死の気配を漂わせた美女と彼女に魅入られた男の皮肉な運命。

ブリット (1968)【映画072】

語り継がれるカーチェイス。刑事アクションの傑作。

街の灯 (1931)【映画】

盲目の花売娘のために奮闘するチャーリー。無償の愛を笑いと涙で描く不朽の名作。

黄金狂時代 (1925)【映画037】

『黄金狂時代』鑑賞。ざっと100年くらい前の映画なのに今でも十分通用する笑い。チャップリンはやっぱり良いですね。

ゴジラ (1954)【映画】

60周年記念デジタルリマスター版!

犬神家の一族 (1976)【映画069】

金田一さん、事件です!

恐怖と欲望 (1953)【映画041】

『恐怖と欲望』鑑賞。粗い部分はあるものの、キューブリックっぽさは存分に味わうことができます。光と陰のコントラストで描かれるざらついた雰囲気に、ついつい惹き込まれてしまいました。

網走番外地 北海篇 (1965)【映画】

北海狼蹴散らして、帰ってきました網走野郎!ドスの高倉暴れまくる、人気シリーズ中の最高傑作!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly