ジヌよさらば〜かむろば村へ〜 (2015)【映画】ひょっとして政権批判?

      2015/06/06

1円も使わないで生きていく!

ジヌよさらば かむろば村へ 松尾スズキ

『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』の試写会に行ってきました。

人気漫画家いがらしみきおの「かむろば村へ」を基に、お金アレルギーになり東北の寒村に移り住んだ元銀行員が、お金を全く使用しない生活に挑むさまを描くコメディー。劇団「大人計画」を主宰する俳優の松尾スズキ監督と『舟を編む』などの松田龍平が、『恋の門』以来となるタッグを組む。主人公を取り巻くくせ者ぞろいの村人たちには、『夢売るふたり』の阿部サダヲと松たか子、『ヒミズ』などの二階堂ふみ、ベテラン西田敏行ら豪華キャストがそろう。

via: シネマトゥデイ

つー内容で、4月4日公開です。劇場で邦画を観るのは『まほろ駅前狂騒曲』以来でした。あちらも松田龍平さんでしたね。すっかりファンみたいだな笑。

感想!

銭 (ジヌ) を使わないで生きていく、て内容から、『365日のシンプルライフ』みたいなコメディを想像してたんですが、だいぶ趣きが違いました。

どころか、タケ (松田龍平) は主人公ですらないとゆうか、これほとんど村長 (阿部サダヲ) が主人公みたいなおはなしで、タケがお金を使わないって設定は後半だいぶカンケーなくなってしまいます。

お金恐怖症のわりには最後のほうけっこう平気でお金を触りまくってるし、何だかルールもいいかげんです。あんまり設定が活かされていない……。

「大人計画」の笑いも、今回はあんまりハマりませんでした。『あまちゃん』はわりと好きだったんだけどなあ。何だか本作は笑いの挿みかたがムリやりとゆうか過剰とゆうか、単に悪ふざけをしてるだけみたいに映ってしまったのがちょっと残念でした。毒気のある笑いは元来あまり得意じゃないんですが、ついつい「笑わされてしまった」りもして、何だか癪でした笑。

ただ、いわゆる「笑い待ち」の間 (ま) はかなりしっかりととっていて、丁寧に作られている印象を受けました。このあたりは舞台人特有の感覚なのかもしれません。

お金とゆう経済のはなしを絡めつつ、じわじわと政治的な話題にシフトしていく流れもかなり意外でした。これひょっとして政権批判なんじゃね?とも感じましたが、如何せん展開がヤケクソすぎてあんまりフォローできませんでした笑。

村の助役伊吉 (村杉蝉之介) が隣町の議員 (皆川猿時) にライフルを向けながら言う「弾が入ってなくても怖いだろ。あんたのやってる政治は、つまりこーいうことだ」て台詞には思わずハッ!とさせられたなあ。

あと印象的な台詞でゆうと、村の神様なかぬっさん (西田敏行) の「必ずなんとかなる!思い通りではないかもしれないけれど」てのも妙に心に残っていて、何気に良い言葉だったんじゃないかと思ってたりします (劇中では「普通だな」て言われてたけど笑) 。

あと良かったところとゆうと、松たか子さんの明るい艶っぽさと、「三谷幸喜ディナーショー」(笑!) くらいかなあ。それ以外は文句みたいな感想しか浮かんでこないので (笑) 、短めですがこれくらいでやめておきます。

クライマックスで天からザリガニが降ってくるシーンは、大好きな『マグノリア』みたいでわりと好きでした。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑このブログは今何位?クリックしていただくと励みになりますありがとうございますがむばります。

オマケ

原作

原作は、いがらしみきおさんのマンガ「かむろば村へ」。全4巻。2007年頃に描かれた作品だそうです。

kindleに1巻の期間限定無料版があったので、試しに読んでみました。

やはり原作のほうが流れが自然で読みやすかったです (映画オリジナルのギャグが、やぱいろいろ歪めてんだなあ) 。つか1巻でわりと映画の半分くらいまで進んじゃったんですけど、あとの3巻はどーなってんのか、ちょっと気になります。

あと全然関係ないんですが、映画観ながらこの本の存在を思い出しました。未読なので内容は知らないんですが (存在を思い出した、てのはそーゆう意味です) 、映画でも電気使わない暮らしってのが出てきたりして、わりと似たところがあるのかなと思いました。近いうちに読もう。

『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』作品情報

『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』。2015年キノフィルムズほか。松尾スズキ監督・脚本・出演。121分。

主演は松田龍平。共演に阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行、片桐はいり、村杉蝉之介、伊勢志摩、モロ諸岡、荒川良々、皆川猿時ほか。4月4日公開。

公式ページ ▷ 映画「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」公式サイト 2015年4月4日公開!

あらすじ

お金アレルギーになってしまった銀行マン高見武晴 (松田龍平) は会社を辞め、お金を使わない生活をすべく東北の寒村に移住。そこには謎めいた過去を持つ世話焼きな村長 (阿部サダヲ) や、自ら神と称し周囲から人望のある老人 (西田敏行) など、強烈な個性を持つ村人たちがいた。一筋縄ではいかない彼らと向き合い自給自足の生活を目指すうちに、高見の生活は予期せぬ展開を見せ……。

via: シネマトゥデイ

予告編

映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』予告編 – YouTube

 -2010年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ゴーン・ガール (2014)【映画】

失踪中の妻エイミーの捜索続く。

アバウト・タイム 〜愛おしい時間について~ (2013)【映画】タイムトラベルは難しい

今日という日を生きる。それが人生を素敵にする__。

博士と彼女のセオリー (2014)【映画】天才のとなりで

生きる希望をつないだのは、無限の愛。

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

武士の家計簿 (2010)【映画047】

江戸時代後期、加賀藩で経理を担当していた武家のお話。現代人にとってもお金との付き合い方はいろいろと参考になるように感じました。

パシフィック・リム (2013)【映画049】

怪獣対ロボットの戦闘シーンが全て、てくらいの超ド迫力。マッチョなパイロットとオタクの科学者、両者の視点と貢献が平等に描かれてるのもいいです。男の子の夢が全部つまった映画です。

ミッション: インポッシブル / ゴースト・プロトコル (2011)【映画092】

不可能を超えろ。

北のカナリアたち (2012)【映画088】

先生が島を追われた日、私達は歌を捨てた。

ジゴロ・イン・ニューヨーク (2013)【映画】

ジゴロ、始めました。寂しい夜は、是非お電話を__。

プロミスト・ランド (2012)【映画】豊かさとは何か

人生はいつでも、やり直せる。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly