あん (ドリアン助川)【読書】緩やかな暗部

   

誰にも生まれてきた意味がある。

あん ドリアン助川

ドリアン助川著『あん』読了。2013年ポプラ社 (2015年ポプラ文庫) 刊。239ページ。

線路沿いから一本路地を抜けたところにある小さなどら焼き店。千太郎が日がな一日鉄板に向かう店先に、バイトの求人をみてやってきたのは70歳を過ぎた手の不自由な女性・吉井徳江だった。徳江のつくる「あん」の旨さに舌をまく千太郎は、彼女を雇い、店は繁盛しはじめるのだが……。偏見のなかに人生を閉じ込められた徳江、生きる気力を失いかけていた千太郎、ふたりはそれぞれに新しい人生に向かって歩き始める__。生命の不思議な美しさに息をのむラストシーン、いつまでも胸を去らない魂の物語。

via: Amazon内容紹介

てな内容で、5月30日公開の河瀬直美監督 & 樹木希林さん主演『あん』の原作本です。

その映画を試写会で観て、いたく感動したのでこの原作本も読んでみました。

本書を読んで、映画はかなり原作に忠実だったんだな、てことが改めてよくわかりました。原作が持っている「善さ」や雰囲気を損なわないどころか、実に巧く表現していたように思います。ときには原作を凌ぐほどの描写もあったりして、見事に両立していました。

映画は敢えて多くを語っていないようなところもあるので、両方観ても (読んでも) 決して損はない、とゆうかむしろ映画も原作も両方観る (読む) べき!と思えるほど素晴らしいです。

本作のひとつのテーマは「ハンセン病」ですが、映画ではこの病気の歴史や現状について、敢えて「説明」していないようなところがあります。

それが逆にこの病気 (とゆうか、周囲が生み出した差別) の怖さを浮かび上がらせていて、だからこそ「もっと知らなければ」という思いが自然と芽生えてきたのですが、ぼくが無知なせいでよくわからない部分も多く残りました。

で、「知る」ための手始めとして原作を読んでみたわけですが、映画で説明不足だった箇所が見事に補完されていて、やっぱり読んでよかったなあと素直に思えました。

それとこの原作には、ぼくたちが「ハンセン病患者」と聞いて心に浮かぶ感情が、主人公千太郎を通して絶妙な距離感で描かれています。映画はこの辺りややキレイすぎるかもな、と改めて感じました。

差別はいかん!なんて言いながらも実際は何となく怖かったり、最初はちょっと引いてしまったり。あるいは病気のことを知ろうとしてネットで検索はしてみるけれど、怖い画像はできるだけ見たくない、といった生々しい感情が、実に巧みに描かれていてます。ああぼくもそうだよなあと思うと、ちょっと怖かったです。

差別とまでは言えないけれど、だれもが抱く緩やかな暗部。こーゆうのも結局のところ、無知によるところが大きいのかもしれません。いや、いくら「知った」ところで、元患者さんたちと実際に相対する状況になったら、知識なんてこれっぽっちも役に立たないような気もします。

でもこの小説 (あるいは映画でも) を読むことで、知らなかった世界に「触れる」ということには大きな意味があるようにも思います。

本作に限らず、物語の意義や役割ってこのあたりになるのかなと、そんなことも思ったりしました。

ちなみにこの物語が持っている「善さ」については映画の感想に書いたので、そちらも併せて読んでいただければと思います笑。

参考 ▷ あん (2015)【映画】どら焼きの中のライフイズビューティフル

スルスルと読める平易な文章でスッと頭に入ってきて、ちょっと遅れていろんな感情がじわじわと胸に広がっていく。そんな読後感がとても心地よかったです。

自分の内側にある感情が描かれているのに、何やら世界観が広がっていくような感覚になるのもちょっと不思議でした。はじめてなのにどこか懐かしい、てのは、美味しいどら焼きの条件、みたいなところもあります。

どら焼き作りがこの物語と妙にマッチしているのは、このあたりとも関係があるのかな、なんてことも思ったり。

映画を観る前の予習もしくは観た後の復習に (あるいは映画とは関係なしに笑) ぜひ一読を。

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
↑このブログは今何位?クリックしていただくと励みになりますありがとうございますがむばります。

ぼくは (図書館で借りた) 単行本で読みましたが、今なら文庫版もあるみたいです。

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

獄門島 (横溝正史)【読書】

金田一史上最高のミステリ!

カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)【読書】

キャッチーなタイトルと読みやすさは相変わらず素晴らしいですが……。それなりに感動できるけど驚くほど心に残らない。東野圭吾作品の「軽さ」は健在です。

虚像の道化師 (東野圭吾)【読書】

刑事はさらに不可解な謎を抱え、あの研究室のドアを叩く。

HHhH (ローラン・ビネ)【読書】

HHhH = Himmlers Hirn heißt Heydrich. ヒムラーの頭脳はハイドリヒ

代官山コールドケース (佐々木譲)【読書】

この街で夢を追いかけた少女の悲劇。闇に潜む真犯人を、追い詰める。

いつか陽のあたる場所で (乃南アサ)【読書】

『いつか陽のあたる場所で』読了。何気ない日常でもちょっとした設定次第でちゃんとした「物語」になるよってゆうお手本みたいな作品です。乃南アサすげ。

探偵ガリレオ (東野圭吾)【読書】

刑事は奇怪な事件を抱えて天才物理学者の扉を叩く。

容疑者Xの献身 (東野圭吾)【読書】

運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。

黒田官兵衛の生涯を知るのにオススメの一冊

まあ実際は4冊なんですけどね。

緋色の研究 (コナン・ドイル)【読書】

シャーロック・ホームズ、デビュー戦!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly