人体工場 (仙川環) 【読書】サンデル先生でも読めよ笑

      2015/05/14

治験バイトの裏に恐るべき計画が!?

人体工場

仙川環著『人体工場』読了。2010年PHP文芸文庫刊 (2009年初出) 。349ページ。

尿に多量のたんぱくが出ているのに、腎機能にはまったく異常がない__。美人医師・若松みなみの検査を受けた大学生の真柴徹は、以前に軽い気持ちで参加した治験のアルバイトに疑いを抱く。一緒に治験を受けた火野美紀とともに真相を探り始めるが、彼女は突然行方不明になってしまった。美紀を救うべく、単身敵地に乗り込んだ真柴は、恐るべき計画の存在に気づいたのだが…。医療ミステリー最新作。

via: 人体工場 (PHP文芸文庫)

てな内容の医療ミステリで、はじめて読む作家さんでした。家族が読んでいたので、つられて読んでみたんですが、まー軽い軽い笑。

展開もキャラクタも文章もすべてが雑、のわりには読みやすいんで、サクッと読み終えてしまいました (読みはじめてから実質24時間かからなかった、てのはぼくにしてはかなり早いです )。

ツッコミどころが満載すぎて、イチイチつっこんでらんない笑。んで読み耽ったわりには、あんまり残っていないなあ……。

おんなじ医療ミステリなら、似たタイトルの帚木蓬生著『臓器農場』のほうが遥かに読み応えがあってオススメです。『エンブリオ』あたりも問われているテーマはわりと似ています。

本作もテーマは悪くないんですが、残念ながらほとんど掘り下げてられていません。浅瀬をちゃぷちゃぷ、とにかく浅い笑。読みやすさを優先したのかもしれませんが、ここまで来るとリアリティに疑問が出てきてしまいます。

これ、「人体工場」はマクガフィンとゆうか、後半はもはや「医療」である必要なくねーか、とゆうやっつけ展開で笑えます。もうちょっと何とかならなかったんだろうか。

キャラクタも全然描けていなくて、行動原理がかなり御都合主義なのもイチイチ引っ掛かりました。グダグダすぎて逆に先が読めないとゆうナゾ展開も手伝って、グイグイ読んでしまいました笑。マイナス掛けるマイナスはプラス!

エライお医者が実はマッドサイエンティストで、対する治験者の主人公はへっぽこ文系大学生、だけど全うな感覚を持っている、つーコントラストが良いのに、その設定がまったく活かされてないんですよねえ。何とも惜しい。

医療は理系分野ですが、倫理面は文系の領分だと思うわけです。哲学の課題ですからね。そのあたりの理系 vs. 文系みたいな構図になってくるなら、まだしも納得感のある「解」が提示できて深みが生まれたよーな気もするんですが、小説のオチじゃ単なる反知性主義じゃんか!

つかこれ、書かれたのは「ハーバード白熱教室」が放送されてたころで、わりとこの手の「正義論」て流行りだったよーに思うんですよねー。それを全然取り込めていない笑!

つーわけで本書で提示される「人体工場」の是非について考えてみたいかたは、サンデル先生の著書『これからの「正義」の話をしよう』(や、映像だったら「ハーバード白熱教室」とその書籍版) あたりを読んだらいいと思います。

いずれにしても、頭使わないでサクッと読むにはピッタリの小説でした (実際、偏頭痛で何もやる気でないときでも本書だけは読めた笑) 。空港とか新幹線のホームとかで買って、車中の手持ち無沙汰を埋め合わせる、そんなシーンが合いそうです。暇つぶしにはもってこいな一冊。

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
↑このブログは今何位?クリックしていただくと励みになりますありがとうございますがむばります。

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

容疑者Xの献身 (東野圭吾)【読書】

運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。

ジグは治具というよりは『jig』だとガリレオ先生に教わった

まあ間違えではないのですが、10年間くらいずっと「治具」だと思ってました。

ガリレオの苦悩 (東野圭吾)【読書】

論理の短篇!

清須会議 (三谷幸喜)【読書】

日本史上、初めて会議で歴史が動いた瞬間。誰が最後に笑うのか?

マリアビートル (伊坂幸太郎) 【読書】なぜ人を殺してはいけないのか

2時間30分のノンストップ最強エンタテインメント!

八つ墓村 (横溝正史)【読書】

ホラー・ジャパネスクの頂点にたつ最高傑作!

聖なる怠け者の冒険 (森見登美彦)【読書】

いまだかつて、これほどまで動かない主人公がいただろうか。

プラチナデータ (東野圭吾)【読書】

東野圭吾さんの小説『プラチナデータ』を読みました。ミステリとしてはイマイチでしたが、近未来の世界観が良く出来てて楽しめました。

探偵ガリレオ (東野圭吾)【読書】

刑事は奇怪な事件を抱えて天才物理学者の扉を叩く。

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (スティーグ・ラーソン)【読書】

世界中に旋風を巻き起こした驚異のミステリ三部作、ついに完結!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly