言葉の問題は重要だ【読書】戦争プロパガンダ 10の法則 (アンヌ・モレリ)

   

第一次大戦からアフガン空爆まで、あらゆる戦争に共通する正義捏造、自国正当化のからくり。

戦争プロパガンダ10の法則

『戦争プロパガンダ 10の法則』を読みました。フランス人歴史学者による、戦争プロパガンダの歴史を紐解いた本です。書かれたのは2001年ごろですが、今読んでも内容はほとんど古びていないと感じます。いや古びていないどころか、安全保障問題でいろいろと騒がしい今こそ読みたい、そんな一冊でした (という事情を考慮してか、先ごろ文庫版が出版されました) 。

本書で提示される「10の法則」が、そのまま目次にもなっています。これを見るだけでも何だか恐ろしいです。

  1. 「われわれは戦争をしたくはない」
  2. 「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」
  3. 「敵の指導者は悪魔のような人間だ」
  4. 「われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命のために戦う」
  5. 「われわれも意図せざる犠牲を出すことがある。だが敵はわざと残虐行為におよんでいる」
  6. 「敵は卑劣な兵器や戦略を用いている」
  7. 「われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大」
  8. 「芸術家や知識人も正義の戦いを支持している」
  9. 「われわれの大義は神聖なものである」
  10. 「この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である」

争いを望まない国民に、危機意識や恐怖を植えつけ、国防の必要性を解き、戦争へと駆り立てていく。

ほとんどの戦争は、どちらが仕掛けただとか、どちらに一方的な非があるとかいったものでもないのですが、それを巧みに操って、あたかも相手方に非があるかのように (そして自分たちは絶対的に正しいというように。あるいは真の目的__それは金儲けや領土拡大といった理由がほとんどですが__を覆い隠すために) 持っていくのが「プロパガンダ」であり、それを行う上での最短ルートを示したのがこの「10の法則」でもあります。

政治家という名の戦争指導者たちが、意図してこの法則を用いているのか、あるいは自然な帰結として浮かび上がってきた共通認識 (法則とは、えてしてそういうものです) なのかはわかりませんが、いずれの戦争でも上の法則が漏れなく使われていることを、歴史的な事例とともに紹介しているのが本書です。

例として挙げられている戦争は主に第一次大戦、第二次大戦のヨーロッパ戦線、ユーゴスラヴィア紛争といったところでしょうか。著者がヨーロッパ人なので仕方ないですが、日本 (太平洋戦争) の例も載っていたらよかったなあと感じます (これの日本版、誰か書いてください笑) 。

幸いにも今のところ我が国は戦争状態にはありませんが、いつヘンな方向に進んでもおかしくないような状況にあります。

とゆうか、安全保障への「理解」を得る段階で、すでに本書の「法則」が使われていたりもして、ゾッとします。上の「もくじ」を見れば、いくつか思い当たるふしがありますね。怖い怖い。

本書を読んでいて一番なるほどなあと思ったのは、「言葉の問題は重要だ」ということです。

政府 (とそれをそのまま伝えている一部メディア) は、巧みに言葉を選んでいます。「戦争」は「積極的平和」で、「兵站」は「後方支援」。ほかにも本書では「占拠」を「解放」、「情報」を「プロパガンダ」といったようにそれぞれ言い換えられる、と紹介されています。

太平洋戦争のころに言われた「空襲」という言葉は恐怖を想起させるので、最近では「空爆」というんだそうです。なるほど。「誤爆」も敵側がやれば「無差別爆撃」ですけど、こちら側ならあくまでも「誤り」で、これは5番目の法則ですね。

つーわけで、政治家たちは言葉の重要性を十分理解して使い分けているんでしょうが、それを国民に悟られてはならない、とも考えているようです。「言葉の問題にすぎない」という発言には、「大した問題ではない」という意味が含まれています。

そんな事情があるせいか、政治家たちは敢えて言葉を軽くしようとしているのではないかと勘繰りたくもなります。

わざと放言を吐いてみたり、ヌラヌラとつかみ所のない答弁を繰り返してみたりして、「言葉」を貶めることで煙幕を張って、その重要性を隠そうとしているのではないか、と (だれがやっている、とは言いませんが) 。

そんな政治家たちの「言葉」に、何やらゾワゾワとした引っ掛かりを感じたからこそ本書に興味を持った、という背景があったりもします。

陰謀論めいたはなしって、誇大妄想じみていてあんまり好きではないのですが、本書は敵対国同士のどちら側にも肩入れすることなく、淡々と事例を示していくだけで、それがちょっと退屈ではあるものの、最後まで冷静さを保って読み進めることができました。

思えばプロパガンダって、何らかの「感情」に訴えかけることがほとんどなので、本書の構成そのものがそれに抗うひとつの手段、てことなのかもしれません。「事実」のみを見つめ、「感情」に流されないための一冊。

おわり。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
↑このブログは今何位?クリックしていただくと励みになりますありがとうございますがむばります。

作品情報

アンヌ・モレリ著『戦争プロパガンダ 10の法則 (Principes élémentaires de propagande de guerre) 』。2002年草思社 (2015年草思社文庫) 刊。永田千奈訳。212ページ。

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

no image

【おくやみ】ホラー作家としての吉村達也さん

作家の吉村達也さんが亡くなった。最近は著作をあまり読んでいなかったものの、突然のことでとても驚いた。

ワンクリック (リチャード・ブラント)【読書】

ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛。

砂時計の七不思議 (田口善弘)【読書】

粉粒体の動力学。

pepita3 再訪 (井上雄彦)【読書】

『pepita』でガウディの足跡をたどった井上雄彦が、再びスペインの土を踏んだ。カタルーニャを旅し、

大栗先生、重力を語る【読書】重力とは何か (大栗博司)

宇宙を支配する力の正体。

ふたりの微積分 (スティーブン・ストロガッツ)【読書】

数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと。

no image

アホー鳥が行く 静と理恵子の血みどろ絵日誌【エッセイ】大人の遊びの流儀

アホー鳥が行く―静と理恵子の血みどろ絵日誌 (角川文庫) posted with ヨメレバ 伊集院

フェルマーの最終定理 (サイモン・シン)【読書】

数学者たちが生涯をかけて求めたのは、たった一行の真理だった。

伊坂幸太郎さんの本棚

伊坂幸太郎さんのエッセイ集『3652』[感想] で言及される本 (や映画) の中で、気になるものをピ

マイベストブック2014!

2014年の読書を振り返ります。今年はあんまり読めなかったなあ。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly