大富豪が語るふたつの「裕福」【映画】ハイネケン 誘拐の代償 (2014)

      2015/06/11

老獪な人質 vs. 素人の誘拐犯たち。

ハイネケン 誘拐の代償

『ハイネケン 誘拐の代償 (Kidnapping Freddy Heineken) 』の試写会に行ってきました。

1983年に実際に起こった「ハイネケン誘拐事件」に基づいたおはなしです (より詳しいあらすじを知りたいかたは、[シネマトゥデイ] あたりをご参照ください) 。

素人による大それた犯罪だったり、犯行計画が杜撰すぎて人質に叱られたり、といったあたりは先日観た『狼たちの午後』[感想] とちょっと似たところがあります。

キャッチコピーの「老獪な人質 vs. 素人の誘拐犯たち」であるとか、 [予告編] の雰囲気、さらには誘拐されるビール王ハイネケンを演じているのがアンソニー・ホプキンス、といったあたりから、何となく『羊たちの沈黙』のようなサスペンス・ミステリ ( [公式ページ] にもそう書かれています笑) を想像していましたが、実際はだいぶ違った趣きでした。

あくまでも犯人たちの人間ドラマが主題で、サスペンスを期待していると、ちょっと肩すかしを食らってしまうようなところがあります (ぼくがまさにそうでした笑) 。

それでもオープニングからテンポはいいですし、上映時間も90分ちょっととコンパクトにまとまっていて、平凡なプロットのわりには、さほど退屈せずに観ることができました。

ただし、アンソニー・ホプキンスをもっと観たかったな、というのがわりと率直な感想だったりもします。それと映画の内容とはまったく関係ないんですが、ビールのハイネケンも無性に飲みたくなりました笑。劇中でビールのほうは出てこないのに、です。なぜだろう、サブリミナル効果笑?社長が誘拐された事件の映画化とかだいぶ物騒ですが、わりと宣伝になっているよーな気もします。

アンソニー・ホプキンスは出演シーンが少ないにもかかわらず、その存在感には独特の説得力があって、惹き込まれます。

誘拐犯たちが最初っからハイネケンのペースに飲まれていたように、観客自身も、アンソニー・ホプキンスが画面に現れた瞬間から彼のペースに支配されてしまっているような感覚があります。そのシンクロが、心地いいです。まさにハマり役だよなあと、ただただ感動してしまいました。

誘拐されてもわりと余裕で飄々としている一方で、ともに人質となった運転手のことを案じて鼓舞したり (あの骨の歌は何なの笑) と、少ない描写でもちゃんとキャラクタに深みを持たせてくれています。とらえどころのない感じが、絶妙です。

それに比べると、誘拐犯たちの描写はやや物足りないものがあります。焦りや葛藤といった感情を、丁寧に追いかけてはいるものの、こちらは逆にとらえどころ (というか引っ掛かり) がなさすぎて、ヌルヌルと滑っていってしまう印象を受けました。だからこそ、ホプキンスとの絡みをもっと観たかったなあと思ってしまいます。

本作のテーマは、劇中でハイネケンが言う以下のセリフに尽くされています。

「裕福には二通りある。大金持ちになるか、たくさんの友人を持つか。両方はありえない」

なるほど、タイトルの「代償」てのはそーゆうことかあ。てこれ犯人側の視点で観てしまうと、わりとオーソドックスな友情物語みたいになってしまいますが、ハイネケンの立場で考えるとまた違った味わいがあります。

ハイネケンはすでに大金持ちなわけで、とゆうことは彼自身には友人がいないわけで、そんな孤独な男が運転手を心配している、という構図は、犯人たちの物語以上に切ないものがあります。あーでもこれは、人間的な感情どうこうというよりは、命の危険が迫っているのは運転手のほう、という経営者なりの論理的な計算も含まれてたりするのかな。

と、お金か友情か、つー単純な二元論よりも深いところまで、あれこれ考えずにはいられなくなる、アンソニー・ホプキンスの演技はやはり抜群です。

お金はたくさん持っているに越したことはないですが、本作の結末を観ると、ほどほどなのがいいのかなあとも思ってしまいます。あんまりお金持ちになりすぎても、ハイネケンのように誘拐されてしまいますからね笑。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑このブログは今何位?クリックしていただくと励みになりますありがとうございますがむばります。

作品情報

『ハイネケン 誘拐の代償 (Kidnapping Freddy Heineken / Kidnapping Mr. Heineken) 』。2014年ベルギー / イギリス / オランダ。ダニエル・アルフレッドソン監督。95分。

主演はジム・スタージェス。共演にサム・ワーシントン、アンソニー・ホプキンスほか。6月13日公開。

 -2010年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

テルマエ・ロマエ (2012)【映画】

映画『テルマエ・ロマエ』鑑賞。原作のファンですが、映画も原作以上に楽しめました。

ゼロ・ダーク・サーティ (2012)【映画】

911テロからビンラディン殺害までの真実を描いた映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を観てきました。リアリティと緊張感がハンパなくて、観終わった後どっと疲れました。

ディス (イズ) コミュニケーション【映画】きみはいい子 (2015)

抱きしめられたい。子どもだって。おとなだって。

ダイバージェント (2014)【映画】

たった一度の性格診断で未来は決まる。

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜 (2015)【映画】ひょっとして政権批判?

1円も使わないで生きていく!

記憶探偵と鍵のかかった少女 (2013)【映画】タイッサ・ファーミガの美貌にやられる!

真実を知りたければ、思い込みを捨てろ。

あなたへ (2012)【映画077】

大切な想い 大切な人に 届いていますか。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 (2015)【映画】

“ちょびヒゲ”が世界を救う!?

アウトレイジ (2010)【映画023】

『アウトレイジ』鑑賞。些細な綻びからおおごとに発展していく展開が好き。全体的に映像がキレイなせいか、暴力シーンもあまり下品にはなってないです。

her / 世界でひとつの彼女 (2013)【映画】

人生にときめく、AI〈人工知能〉。声だけの君と出会って、世界が輝いた。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly