人気作家の平凡な日常【読書】3652 (伊坂幸太郎)

      2015/07/14

伊坂のマル秘!

3652 伊坂幸太郎

『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』を読みました。大好きな作家、伊坂幸太郎さんが、デビューから15年間で書き綴ってきた「小説以外」をまとめたものです。

もともとはデビュー10周年に単行本としてまとめられたもので、10年の日数 (365日 × 10年。うるう日が2回) が、本のタイトルになっています。

で、今年は伊坂さんのデビュー15周年だそうで、5年分の文章を追加して文庫化されたのが、本書です。

特にこれといって変わった体験が書かれているわけでもないのですが、読みはじめたらやっぱり面白くて、100ページほど読んだあたりで「これは一気にモリモリ読んでしまいそうだな、けどそれは何だかもったいないな」という気持ちになって、以降は少しずつ、チビチビと味わうように読みました笑。

小説家の日常、というだけで十分変わっているともいえますが、だいたいは「こんな本を読んだ」とか「今こんな小説を書いている」とか、そんなはなしがほとんどです。いたって平凡な作家の日常なんですが、僕の場合、伊坂さんの「小説以外」の文章を読む機会って、それこそ今までは小説の「あとがき」くらいしかなかったので、とても新鮮な気持ちで読むことができました。

出不精だったり、読書を旅ととらえていたり (読書は精神的な旅なので、それで満たされてしまって、実際の旅にはあまり行かない) 、映画をたくさん観ていたり、といったあたりは、ぼくもわりと似たような感じなので、勝手に親近感を抱いて、嬉しくてひとりニヤニヤしてしまいました (小説の趣味は、けっこう違いましたが) 。

小説 (映画) とは何だろう、みたいなはなしも、決して偉そうではない距離感で語られていて、ずっと変わらない部分と、年を重ねることでじんわり変化している部分とがあって、そんな比較ができるのも、エッセイ「集」の面白いところだなあと思ったりしました (比較、というほど厳密なものでもないですが、雑多な文章でも、まとめることで「文脈」のようなものが生まれているのが、面白かったです) 。

一番感動したのは、本文ではない脚注 (これは文庫版オリジナル、なのかな?) に書かれていた「駄洒落は啓蒙活動」という発想です笑。駄洒落に対する反応とあわせて神がかっていて、目からウロコでした。

映画や小説の感想 / 解説 (あるいは「お祈り」) も、たまに書かれているのですが、ぼくもこのブログでそういう感想のようなものを書いている身としては、参考になる部分が非常に多かったです。

感想 / 解説文に限らず、どんな文章でも、気取らず、偉ぶらず、取り繕わず、独り善がりになることなく、平易な文章で、正直にしっかりと書く、ということは大事だなあと、改めて感じました。実際にやろうとすると、かなり難しいことなのですが笑。

創作の進めかた、みたいなものが垣間見えるのも楽しかったです。すでに読んだ小説は、また読み直したくなりましたし、まだ読んでいない小説は、ますます楽しみになりました。

そしてただ楽しみに作品を待つだけではなく、ぼく自身も何か創作をしてみたくなるような、そんな刺激にも満ち溢れたエッセイでした。エッセイって、そもそもそういう刺激を与えてくれるものなのかもしれません。

伊坂さんの初期のころの作品は、あらかた読んだのですが、最近の作品は「買って積読」というものがけっこうあります (ごめんなさい笑) 。何だか読んでしまうのがもったいなくて、とっておいたらそのままになっていた、みたいな本が何冊かあるんですよね笑。それこそもったいないので、これを機に本棚から引っ張り出してきました。

伊坂さんの小説を読んだら、またこのエッセイ集に戻ってきて、その読んだ小説を書いていた時期のエッセイを読む。そんな楽しみかたもできるかな、と思ったりしました。

一度通読したあとも、手近に置いておいて、ときおりパラパラと読み返したい、そんな一冊です。

おわり。


↑クリックしていただくと励みになります。ありがとうございます。がむばります。

作品情報

伊坂幸太郎著『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』。2015年新潮文庫 (2010年新潮社) 刊。446ページ。

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

言葉の問題は重要だ【読書】戦争プロパガンダ 10の法則 (アンヌ・モレリ)

第一次大戦からアフガン空爆まで、あらゆる戦争に共通する正義捏造、自国正当化のからくり。

マイベストブック2014!

2014年の読書を振り返ります。今年はあんまり読めなかったなあ。

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア (ジェフリー・ブラウン)【絵本】

『スター・ウォーズ』のパロディ絵本『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』を読みました。前作より生々しくて、父と娘の距離感などいろいろと考えさせられてしまいました。笑えるけど複雑です。

MIT白熱教室【TV】これが物理学だ!

マサチューセッツ工科大学 (MIT) のウォルター・ルーウィン教授による「物理学」の講義が、『MIT白熱教室』と題してNHK・Eテレで2013年1月5日から放送される。今から楽しみだ。

新しい超伝導入門 (山路達也)【読書】

リニアモーターカーだけじゃない!世界を変えゆく超伝導の原理をざっくり解説。

フェルマーの最終定理 (サイモン・シン)【読書】

数学者たちが生涯をかけて求めたのは、たった一行の真理だった。

カレーの海で泳ぎたい (続木義也)【読書】

一日1カレーでインドが見えてくる。

マイベスト山崎豊子

20代の読書体験における中心的存在。小説と映像で「マイベスト」を選んでみた。

砂時計の七不思議 (田口善弘)【読書】

粉粒体の動力学。

ホーキング、宇宙を語る (スティーヴン・W・ホーキング)【読書】時間とは何か?

「ホーキング本」初体験!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly