ディス (イズ) コミュニケーション【映画】きみはいい子 (2015)

      2015/06/28

抱きしめられたい。子どもだって。おとなだって。

きみはいい子 呉美保

『きみはいい子』の試写会へ行ってきました。

幼児虐待や学級崩壊といった、「子ども」がテーマの社会問題を描いた、群像劇です (詳しいあらすじは、[公式ページ] や [シネマトゥデイ] あたりを参照ください) 。

観るまえから、これは重いテーマだなあと思ってはいましたが、いざ観てみたら、自分でも驚くほど感動してしまいました。子ども (の映画) って、ちょっとズルい (そりゃ誰だって、泣いちゃいますよね笑) とつねづね思っているのですが、それにしてもここまで感動するとは!というほどに、クライマックスシーンでは、自分の内側から何やら突き上げてくるものを感じて、思わず「うわあ」と声を上げてしまいそうでした。

「泣く」というのとはちょっと違うんですよね。もちろん泣ける映画ではあって、今でも [予告編] を観ると、いろいろ思い出してウルッときてしまうくらいなんですが、実際にはもっと途轍もない、「感動」というよりは「衝撃」といってもいいくらいのものを、ガツンと食らったような感覚があります。映画 (映像) のチカラって、本当にすげえなあと、ただただ感じ入ってしまいました。

このおはなしに、小説の原作があることが信じられません。言葉を超越した描写がとにかく素晴らしくて、それが原作の文章では、どのように表現されているのか、逆に気になってしまうほどでした (と言いながら、未だに読んでいないのですが笑) 。

ポスターにも書かれているキャッチコピー「抱きしめられたい。子どもだって。大人だって。」が、本作のすべてを表しています。良いコピーです。

そして、このコピーをストレートに体現しているのが、雅美 (尾野真千子さん) のママ友、陽子を演じた池脇千鶴さんです。誰よりもその存在に説得力があって、実は闇も抱えていて、もう何だか言葉にならないほど、すごすぎました。重いテーマの中で、唯一の救いといっていいキャラクタです。

その池脇さんを際立たせているのが、対照的な役柄を演じた尾野真千子さん。池脇さんに負けず劣らず、素晴らしかったです。子どもに手を上げてしまい、罪悪感に苦しむ役どころですが、その、子を叱るシーンの迫力といったら!画面越しに自分が叱られているようで、思わずすくみ上がってしまいました。

ママ友たちに混じって、子どもたちを見つめるときの、あの神経質そうな、場の空気を気にしすぎているような、ほかの親子と比べてしまうような、何ともいえない表情も、とても印象的でした。ちなみに上映後の舞台挨拶では、尾野さんご自身の、あっけらかんとしたキャラクタが役柄とあまりにかけ離れていて、このひと天才かよ、と余計に驚いてしまいました笑。

本作は、重いテーマなのに暖かさにも満ち溢れていて、観終わったあとに何やら希望を貰えるあたりも、本当に素晴らしい映画だなあと感じました。岡野 (高良健吾さん) の姉 (内田慈さん) が言うセリフが、とりわけ印象深いです。

「わたしが子どもに優しくすれば、子どもも他人に優しくしてくれる。優しい子に育つ。子どもを可愛がれば、世界が平和になる」

ペイ・フォワードですね。子どもも大人も、ホントはみんないい子。そんな性善説的な考えかたが、清々しいです。

姉のこのセリフを受けて、岡野が提案する「宿題」。その「回答」のシーンも映画ならではで、うちひしがれました。突然ふわっと、タッチがドキュメンタリーのように切り替わる感覚が、何とも言えません。あまり経験したことのない、不思議な心地よさがありました。

本作を観て、コミュニケーションて言葉だけじゃないんだな、ということを、つくづく感じました。

よく「コミュニケーション能力」などといわれますが (おぞましい言葉です) 、それは、明るく陽気に振る舞うだとか、言葉巧みにおしゃべりを展開するだとか、そんなことでは決してない、ということが、本作を観ると本当によくわかります。

表情、仕草、ボディタッチ、すべてコミュニケーションです。あるいはこれらは、言葉が生まれる以前からあるはずですから、コミュニケーションの原点、と言っていいかもしれません。現代人は、言葉に頼りすぎているなあと、反省させられます。

本作は、「抱きしめる」という、言葉を越えた、シンプルかつもっとも強力なコミュニケーションがいかに大切かと言うことを、これ以上ない説得力で気づかせてくれる、素晴らしい映画です。

観終わったあと、必ず誰かを抱きしめたくなる、そんな一本。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
クリックしていただくと励みになります。ありがとうございます。がむばります。

作品情報

『きみはいい子』。2015年アークエンタテインメントほか。呉美保監督。121分。

主演は高良健吾。共演に尾野真千子、池脇千鶴、喜多道枝、高橋和也、富田靖子、黒川芽以、内田慈ほか。6月27日公開。

 -2010年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

マジック・イン・ムーンライト (2014)【映画】理屈じゃ解けない恋の魔法

この恋、タネも仕掛けもありません!

ジゴロ・イン・ニューヨーク (2013)【映画】

ジゴロ、始めました。寂しい夜は、是非お電話を__。

ラン・オールナイト (2015)【映画】一晩逃げる。一晩向き合う。

N.Y.中に、狙われた男。

GODZILLA ゴジラ (2014)【映画】

世界が終わる、ゴジラが目覚める。

舟を編む (2013)【映画】

マジメって、面白い。

体罰、ダメ。ゼッタイ【映画】セッション (2014)

アカデミー賞が飛び付いた才能と狂気。

グランド・ブダペスト・ホテル (2013)【映画】

“伝説のコンシェルジュ”が、究極のおもてなしとミステリーで、皆様をお待ちして

わが母の記 (2011)【映画】なぜ『しろばんば』を読まされたのか

たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。

ネイチャー (2014)【映画】

史上最高の地球旅行へ。

ジャッジ 裁かれる判事 (2014)【映画】父と子のこじれを紐解くミステリ

父は犯人なのか。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly