楽園に殺人は存在しない【映画】チャイルド44 (2015)

   

真実は、歪められる。犯罪も、愛さえも。

チャイルド44 トムハーディ

『チャイルド44 森に消えた子供たち (Child 44) 』[公式ページ] の試写会に行ってきました。

1950年代のソ連を舞台にしたサスペンス・ミステリです (詳しいあらすじは、[シネマトゥデイ] や [予告編] を参照ください) 。原作は2009年度の「このミステリーがすごい!」海外編第1位に輝いた傑作なんだとか (未読です。というよりは、映画公開で、はじめてその存在を知りました) 。

たしかに映画を観ていて、本で読んだほうがずっと面白いんだろうなあと感じました笑。謎が複合的で、スパイ小説の緊張感と、猟奇殺人の謎と、主人公夫婦の愛のゆくえが、見事に絡み合った素晴らしいストーリーなんですが、2時間ちょっとの映画では、どうしても駆け足になってしまいます。もうちょっと、じっくり楽しみたかったなあ、という気がしないでもないです。

観終わったあとだと、ああ、あのシーンにはそういう意味が込められていたのか!と分かってナットクするというか、ひとつのシーンに二重の意味が込められていたりして、なかなか巧くできているなあ!ということに気づいて驚くんですが、観ている途中だと、はなしがどこへ向かっているのか分からなさすぎて、少々混乱しました。そういう意味では、あらすじを理解した上で、もう一度観たい映画ではあります。

それと、あらゆる謎 (というか、悪事?) の根源が、結局のところ「ソ連だから」という理由で片づけられているのも、何だかなあという気がしました。

すべての「犯罪」は、資本主義による精神の堕落が原因だから、理想そのものであるソ連の社会主義国家には、犯罪なんてあり得ない!楽園に殺人は存在しないんだ!という設定は、なかなか面白いんですけどね……。とりあえずこの作者 (というか、西側諸国?) は、ソ連のこと大っキライなんだな、ということだけは、よくわかりました笑。ぼくは途中から「これはソ連にとてもよく似た架空国家のおはなしなんだな」と、頭の中で勝手に設定を置き換えて、半ばSF的な感覚で楽しんでいました (まあ、本作に限らずフィクションって何でもそうなんですけど) 。

それでもやっぱり、この手の過去を掘り下げていく系の犯罪捜査は、胸が躍ります (好きなんです) 。連続だと思われていなかった「点」の犯罪を、遡って調べることで、「線」に繋げていく。

ネステロフ将軍 (ゲイリー・オールドマン) が地下の資料室で、地図にピンを差していくシーンが良いですね。資料を繰っているだけなのにワクワクする感覚には、『ドラゴン・タトゥーの女』と似た悦びがあります。

そのゲイリー・オールドマンを含めて、すべてのキャラクタに深みがあったのも、良かったです。ストーリーが複雑なせいか、キャラクタの心情も複雑で、かれらの佇まいを見ているだけでも、十分楽しめました。

何といっても、主役のトム・ハーディ!素晴らしいです。カッコイイ、というのとはちょっと違うんですが、どこかセクシーで、愛嬌もあって、魅力的でした (ちなみに、まともに観たのは本作がはじめてでした) 。声が良いですね。ロシア訛り風の喋りかたが、実によくハマっていました。

奥さん役のノオミ・ラパスも存在感抜群で、この夫婦の「対決」は、見ごたえ十分でした。肝心の謎解きでも、もうちょっと活躍してほしかったなあ。

それと、鬱蒼とした画の質感は、物語の空気感と実によくマッチしていてました。重苦しい雰囲気が心地いいです。

純粋にストーリーを楽しむなら、やはり原作を読むに越したことはないですが (てぼくは読んでないんですけど笑) 、キャラクタだったり佇まいだったり雰囲気だったり、映画には映画のよさがあって、それなりに楽しめたように思います。映画って、やっぱりあらすじはどーでもいいんですね。

暗く重い映像が、魅惑的な深みを演出してくれる一本。梅雨どきにぴったりの映画です。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑クリックしていただくと励みになります。ありがとうございます。がむばります。

作品情報

『チャイルド44 森に消えた子供たち (Child 44) 』。2015年アメリカ。ダニエル・エスピノーサ監督。137分。

リドリー・スコット製作。主演はトム・ハーディ。共演にゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、ヴァンサン・カッセルほか。7月3日公開。

 -2010年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ドラゴン・タトゥーの女 (2011)【映画】

誰がハリエットを殺した?

サンシャイン/歌声が響く街 (2013)【映画】

人生はままならない。でもいつか必ず、太陽は輝く。

サイド・エフェクト (2013)【映画055】

事件に潜む、もう一つの副作用〈サイド・エフェクト〉。

ワールド・ウォーZ (2013)【映画040】

『ワールド・ウォーZ』鑑賞。(ゲームの)『バイオハザード』に似た雰囲気はかなり好み。ピンチで飛び出すブラピの機転がいちいち素晴らしくてカッコイイです。

曇りのち晴れ【映画】アリスのままで (2014)

もうすぐ私は、すべてを忘れる。けれども愛した日々は、消えはしない。

アメリカン・ハッスル (2013)【映画086】

奴らは生き抜くためにウソをつく__。

プリズナーズ (2013)【映画】

愛する娘を奪われた時、父が踏み越えた一線とは。

ザ・マスター (2012)【映画052】

男はただ、信じようとした。

博士と彼女のセオリー (2014)【映画】天才のとなりで

生きる希望をつないだのは、無限の愛。

GODZILLA ゴジラ (2014)【映画】

世界が終わる、ゴジラが目覚める。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly