ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

   

押したら、さいご。

人生スイッチ

『人生スイッチ (Relatos Salvajes / Wild Tales) 』の試写会に行ってきました。

「キレる」をテーマに、6つのおなはしがオムニバス形式で展開する、ちょっと変わった映画です (詳しい情報は、[公式ページ] や [シネマトゥデイ] 、あるいは [予告編] などを参照ください) 。

ぼくはそれぞれのおはなしが、最後つながるんだと勝手に想像しながら観ていたのですが、そういうことではなくて、ひとつひとつが独立した、短編形式の映画でした。まあ、何でも繋げりゃいいってもんでもないですよね笑。

6つのおはなしに共通するテーマは、「キレる」。原題を直訳すると「野生の物語」で、これには「理性が切れる瞬間」みたいな意味合いが込められていそうです。日々の憤りが、些細なきっかけで大爆発。そんなわかりやすい展開が、映画を見やすくしています。

「コント」のようなスタイルで、けれども映像やプロットはやっぱり「映画」で、似たようなものがありそうでなかった、ちょっと独特な雰囲気が何とも新鮮な作品でした。面白かった!

日本でもお笑い芸人のかたが映画に出たり映画を撮ったり、なんてことがよくありますが、どうせならこういう映画撮ったらいいのになあ。コントっぽい映画、あるにはありますけど、作りはコント寄りでチープな反面、プロットは映画的で、ヘンに間延びしてしまうんですよね。それを逆にしたらいいのか!てのを、この映画は教えてくれています。豪勢な作り込みで、何気ない情景を複数、描いていく。

あるいは日本では、「コント」そのものが発達しすぎていて、逆にこの手の映画は作りにくいのかもしれません。そういうのやりたいなら、映画にする必要ないじゃん、みたいな感覚です。

古い邦画、たとえば小津の映画なんかを観ていると、情景のみをひたすら撮っていて、そこに人間の自然なおかしみが描かれていたりして、何だかコントみたいだなあ、と思ったことがあります。本作はまさに、その南米版といった趣きです。

そんなラテンのノリとも関係があるのか、テンポがいいのも実に心地よかったです。2時間に6つのおはなし、なのでひとつがだいたい20分くらい。前置きなくいきなりはじまって、ノンストップで進んで、サッと終わる。で、すぐ次!て感じで、どうということのない、ほとんどすじなんてないような、しょうむない情景ばかりがどんどん展開して、飽きません。

登場人物は特に成長するわけでもなく、むしろ後退していくし、これといった教訓もない。あとにもほとんど残らない。けれども観ているあいだはサイコーにおかしくて面白い。コメディとしてはこれ以上ないくらい、カンペキです。素晴らしい!

ブラック・コメディというか、バッド・エンドっぽい結末のおはなしばかりなのに、観ていてなぜかスカッとするのも、良かったです。ぼくは下品な笑いってちょっと苦手なんですが、本作はさほど不快には感じませんでした。はなしの短さがいいのか、「成長しない」ってのが効いてるのか、あるいは映画全体を包んでいる、南米特有の明るさが、品の悪さをうまく覆い隠しているのか。いずれにしても不思議です。

映像のセンスもぼく好みで、それが何気に一番効いてるような気もします。やっぱり映画って、おはなしは二の次なんだなあ。

役者さんにほとんどなじみがないせいか、キャラクタの役割がすぐには掴めなくて、先の展開を読みづらいのも、本作の場合は効果的でした。

ちなみに、6つのおはなしのタイトルは、順に「おかえし」「おもてなし」「エンスト」「ヒーローになるために」「愚息」「HAPPY WEDDING」。で、ぼくがいちばん好きなのは「おかえし」です。ありえないのに、妙にナットクできてしまう雰囲気がサイコーでした (まあ、どのおはなしもそうなんだけど笑) 。

怒りのスイッチの先にある、予測不能の笑撃が素晴らしい一本。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑クリックしていただくと励みになります。ありがとうございます。がむばります。

作品情報

『人生スイッチ (Relatos Salvajes / Wild Tales) 』。2014年アルゼンチン / スペイン。ダミアン・ジフロン監督。122分。

ペドロ・アルモドバル製作。出演はリカルド・ダリン、ダリオ・グランディネッティほか。7月25日公開。

 -2010年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

天才スピヴェット (2013)【映画】アメリカ横断、飛び出す絵本

泣き方だけが、わからない。

サイド・エフェクト (2013)【映画055】

事件に潜む、もう一つの副作用〈サイド・エフェクト〉。

アンノウン (2011)【映画】

目覚めると、妻さえも”自分”を知らなかった__。

アメイジング・スパイダーマン (2012)【映画106】

恐れるな。自ら選んだ、この運命を。

her / 世界でひとつの彼女 (2013)【映画】

人生にときめく、AI〈人工知能〉。声だけの君と出会って、世界が輝いた。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 (2015)【映画】

“ちょびヒゲ”が世界を救う!?

プリズナーズ (2013)【映画】

愛する娘を奪われた時、父が踏み越えた一線とは。

終戦のエンペラー (2012)【映画035】

『終戦のエンペラー』鑑賞。あんまり戦争映画っぽくない雰囲気でしたが、当時の日本人への敬意が感じられるなかなかの意欲作でした。

オブリビオン (2013)【映画】

トム・クルーズ主演『オブリビオン (Oblivion) 』を観てきました。想像してたのとはちょっと違う雰囲気で、なかなか奥の深い内容。何か久しぶりに良い意味で裏切られて大満足です。

北のカナリアたち (2012)【映画088】

先生が島を追われた日、私達は歌を捨てた。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly