終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

      2015/09/06

降伏か、本土決戦か__。

日本のいちばん長い日

『日本のいちばん長い日』の試写会に行ってきました([公式ページ] と [予告編] はこちら。もう公開してしまいましたね笑)。

ポツダム宣言受諾までの24時間を描いた映画で、原作は1965年に発表された半藤一利さん(名義は大宅壮一)のノンフィクション。タイトルは、ノルマンディ上陸作戦を描いた映画『史上最大の作戦』の原題 ”The Longest Day” から取っているそうです。

1967年にも、岡本喜八監督で映画化されていてます(ちなみにその岡本喜八版、ぼくは未見なんですが、今度8月15日にNHK-BSで放送される予定で、とても楽しみにしています)。

で、今回は原田眞人監督版。本作で描かれている史実自体、ぼくはあまりよく知らなかったので、かなり新鮮な気持ちで楽しむことができました(この種の映画で、「楽しむ」という表現が適切かどうかはよくわかりませんが)。

物語は終戦時の総理大臣、鈴木貫太郎(山崎努さん)が首相に就任し、内閣を組閣する1945年4月から始まります。物語の中心は、8月14日から15日にかけての24時間。そのまえの8月上旬、御前会議で昭和天皇(本木雅弘さん)による二度の「ご聖断」があって、14日夜までに「終戦の詔書」を作成し録音、一方では強硬派の若手将校たちによるクーデター未遂(宮城事件)があったりして、15日正午にラジオで玉音放送を流すまでが、どの登場人物にも寄り添うことなく、わりと淡々とした雰囲気で描かれていきます。

淡々としているからこそ、かえって切迫感があって、当時の「空気」がピリピリと伝わってきます。終戦というゴールは知っているにもかかわらず、いたるところハラハラしてしまいました。

よく思うのですが、時代劇を含めた歴史物って、会議のシーンが一番面白いです。歴史的な決定がなされるのは、すべて会議の席です。それも本作の場合、地下の薄暗い場所(御文庫附属室)で、重大な決定がなされていく。その決定が、日本全国民の運命を握っている。その場にいる人物の緊張感が、映画を観ている我々にもヒシヒシと伝わってくる。素晴らしいです。

先に「誰にも寄り添っていない」と書きましたが、それは登場人物の「善さ」も「悪さ」も平等に描いているからです。こいつが悪役で、ということを一概に言うことができません。クーデターの首謀者、畑中少佐(松坂桃李さん)にしたって、当時の彼らの論理というものも、十分に理解できる。そんなある種の説得力を伴っているわけです。

陸軍と政府の間で板挟みに合いながら、絶妙の感覚でポジションを保つ阿南惟幾陸軍大臣(役所広司さん)にしても、過度にかっこよくは描いていません。本心はどこにあるのか、敢えて分かりづらいようにしているところもあります。そんな複雑さもまた魅力的です。

ただ、唯一昭和天皇だけは、悪い面というものを描いていなくて、多少、寄り添うことができるようにはなっています。英語のタイトル(?)も、「The Emperor in August」(8月の陛下)となっているように、ある意味、昭和天皇が主人公、なのかもしれません。

その昭和天皇を演じた本木雅弘さんが、本当に素晴らしかったです。玉音放送にいたっては、間合いを含めて完コピといえる内容で、その部分だけでも、本作を観る価値は十分にあるでしょう(ホンモノの音源を音楽プレーヤーに取り込んで、ひたすら聞いたそうです)。

先ごろ玉音放送の原盤(と、映画の舞台となる御文庫分析室の現状写真)が、宮内庁から公開されたばかりでもあるので、本作を観る前後にでも聴いてみると、また違った感慨がえられるかもしれません。

参考 ▷ 「玉音放送」の原文と現代語訳:朝日新聞デジタル

参考 ▷ ここから、戦後は始まった 御文庫附属室と玉音原盤公表:朝日新聞デジタル

山崎努さん演じる鈴木貫太郎首相が醸し出す、飄々とした雰囲気もよかったです。この映画、役者さんはみな、凄まじい説得力でした。

ただ、誰とは言いませんが、ある若手俳優さんは発声がヒドくて、ほとんど何を言っているのか分からなかったのが、少々残念でした。これは以前にもどこかで書いたような気がしますが、昔の映画って、何を喋っているのかわからないような、むかし言葉の時代劇でも、ちゃんと聞き取れるんですよね。それが本作では、用語が難しいというのはあるにしても、あまりに聞き取りづらくて、苦痛でした(一応、フォローもしておくと、劇場の音響設備とも関係があるのかもしれません。良い劇場で観れば、さほど気にならないかもしれません)。

本作は、ところどころに「笑い」が挿まれているのも、よかったです。緊張が連続する中で、フッと力が抜ける感覚が、いいアクセントになっていました。もうちょっと多くてもよかったように思いますが、多すぎると緊張感が薄れてしまいますし、塩梅が難しいです。

ところで本作を観ると、戦争をはじめるのは簡単でも、終わらせるのはかくも難しいのか、ということが、改めてよく分かります。

昭和天皇でさえ、だいぶ早い段階で戦争を止めたいと欲していたのに、誰も一度盛り上がってしまった熱狂を抑えることができず、被害を拡大してしまった。どこかの国の首相がよく言う「状況をコントロールする」などということが、戦時下では妄言にすぎない、ということが、とてもよく分かります。

畑中少佐たち強硬派が主張していた、本土決戦、特攻作戦が実現していたら、どうなっていたか。

特攻というのは、『永遠の0』(ちなみに、ぼくは観たことも読んだこともありません笑)のような、神風特攻隊のことではありません。青年も老人も、男も女も、民間人が、爆弾の満載されたリュックを担いで、おびき寄せた敵のもとに、飛び込んでいく。自爆テロそのものです。

強硬派は、2000万人で特攻をやれば、必ず勝てると主張していた。ゾッとします。そんなことをしていたら、本作で昭和天皇が言っていたように、日本民族は滅亡していたでしょう。国体(天皇家)守って、日本人滅ぶ。そんなことはもちろん、昭和天皇も望んではいませんでした。

強硬派の主張は、現代のわれわれからすると、何という愚かなことを、と思ってしまいますが(大河ドラマ的な歴史観ですね)、当時の空気としては、無条件降伏をすれば国が壊れてしまう、という恐れもあったわけで、それは到底飲めない、という主張も、わからなくはありません。

ただ、戦争の大局的な引き際を見誤った大本営の連中が、自らのクーデターでもその潮目を読み違える、というのはなかなかよくできた構図で、こんな連中が日本陸軍600万の兵隊を動かして、いい気になっていたのかと思うと、多少の怒りも覚えます。

それと、これは昨年、オリバー・ストーンが作った『もうひとつのアメリカ史』を観たときにも感じたことですが、本作を観ると、アメリカの原爆投下よりもソ連の対日参戦のほうが、やはりずっと決定的だったのだな、ということもよくわかります。

原爆によって戦争を終結させた、だから一定の価値はあったのだ、というのは、アメリカの詭弁だということがよくわかります。冷戦時代への布石というか、日本を占領するうえでの効果は(アメリカの論理としては)あったのかもしれませんが、戦争を終わらせる効果は薄かったように感じます。

それでも、玉音放送では「残虐な爆弾」と触れられていますが、ソ連については何も述べられていないので、日本人でも誤解しているひとが(当時は)多かったのかもしれません。

もし戦争がつづいていたら、北海道あたりまでソ連軍が進軍してきて、日本もドイツのように、南北で分断されていた可能性が高い。そうなってしまう前に終戦を迎えたというのは、大きかったと感じます。

ところで、ぼくの祖父は、大正12年(1923)年生まれで、終戦時は22歳でした。当時の20台男子はみなそうであったように、当たり前のように徴兵され、陸軍軍人として終戦を迎えました。

当時祖父は満州にいたのですが、敗戦つづきの南部で戦闘員が不足したことにより、南方へ再配備される途上、朝鮮半島まで南下してきたあたりで、終戦に向けた動きが活発化し、しばらく据え置かれ、そのまま15日を迎えました。そのため、外地にいた中では、比較的早く復員できたそうです。

もし。

もしこの映画で描かれている政府の決定が、いま少し遅れていたら。あるいは反故にされていたら。

祖父は太平洋のどこかの島へ送られ、そこで敵兵に殺されるか、あるいは熱病にかかるかして、阿南陸相の息子のように、いつどこかもわからないような状況で、戦死していたかもしれません。

あるいは、再び満州に戻され、迫り来るソ連軍に捻り潰されていたか、あるいは捕虜としてシベリアへ送られ、過酷な強制労働につかされていたかもしれません。

そうなっていたら、当然ぼくも、この世に生まれていなかったわけで、そのことを思うと、あのタイミングで戦争を終わらせてくれたのは、遅すぎたとはいえ、本当に尊い決断だったのだと、震えるような感慨がありました。

日本人であるぼくたちが、70年前に思いを致すとき、まず観るべき一本。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑クリックしていただくと励みになります。ありがとうございます。がむばります。

作品情報

『日本のいちばん長い日』。2015年松竹ほか。原田眞人監督。136分。

主演は役所広司。共演に本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努ほか。8月8日公開。

 -2010年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014)【映画】JAZZだね!

全てを手に入れ、全てを手放した。もういちど輝くために、いったい何をすればいいのか__?

ラストミッション (2014)【映画】

職業、スパイ。弱点、16歳の娘。

コンテイジョン (2011)【映画080】

【恐怖】は、ウイルスより早く感染する。

NO (2012)【映画】現実と虚構のクロスオーバー

CMは世界を変えられるのか!?

フォーカス (2015)【映画】その真相はチェンジです

“視線”を盗め。

LIFE! (2013)【映画097】

この映画には「!」がある。

スパイ・レジェンド (2014)【映画】

奴が通った後に、生き残ったものはいない。

博士と彼女のセオリー (2014)【映画】天才のとなりで

生きる希望をつないだのは、無限の愛。

メイジーの瞳 (2013)【映画091】

愛が何か見えているのは、きみの瞳だけ。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly