ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン)【読書】

      2014/11/07

小説もとても面白かったです。

デビッド・フィンチャー監督の映画が面白かったので原作本も読みました。

スウェーデン発の世界的ベストセラーミステリ小説です。3部作の1つ目。あらすじが気になる方は、Wikipediaを参照下さい。

ミレニアム (小説) – Wikipedia

映画を先に観てしまっていると、小説の面白さが半減してしまう、なんてことがよくあります。逆もまた然り。

ですが本作に限っては、そんなことは全くありませんでした。どちらが先でも、もう一方の良さが損なわれることはないでしょう。

僕の場合は映画が先だったので、風景や人物などのイメージはしやすかったです。スウェーデンの街並とか言われてもピンとこないですからね。そういう意味では映画を見てたことでだいぶ読みやすくなっていたのかもしれません。

このイメージしやすかったこととも関係あるかもしれませんが、翻訳本に独特の読みにくさというのもほとんどなかったように思います。なので物語に集中することができました。

フィンチャー監督が何かのインタビューで「作るというより削る作業だった」みたいなことを言ってましたが、原作を読んでみて、なるほどなあと思いました。

僕みたいに映画を先に観た人は、違いを探しながら読むのも面白いかもしれませんね。

本をめくると最初に載っている家系図や地図は、最初に見た瞬間「うげっ」て思うのですが、実際読みはじめてみると大分助けられました笑。特に家系図。必須です。

軸となる「事件」の周辺に様々な事柄が絡んでいて、とても複雑なお話です。難しくてちょっとわかんないところもありましたが、そういう部分もわかんないなりに面白いです。何となくで楽しめます。

これは映画でも感じたことですが、話の筋以上にキャラクターがとても魅力的です。主人公のひとりであるリスベット (ドラゴン・タトゥーの女!) がとにかくカッコいいです。彼女ほど強くカッコよく描かれた女性キャラクターを僕は他に知りません。彼らの物語をもっと読みたいと思わせてくれます。

第1部は面白かったとはいえ、映画で観て「知ってる話」でした。この後第2部、第3部と続いていくのでとても楽しみです。

どちらも上下巻でかなり分厚いですが、一気に読んでしまいそう。寝不足注意です。

オマケ

映画館で観て鳥肌立ったオープニングの動画がyoutubeにあったのでシェアしておきます。予告編もだいぶイケてましたが、こちらもPVぽくてかなりカッコイイです。

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

世に棲む日日 (一) (司馬遼太郎)【読書】松蔭吉田寅次郎、読書の旅

吉田松陰と弟子高杉晋作を中心に、変革期の人物群を鮮やかに描き出す長篇!

ゼロで割ると世界がおかしくなる

ゼロで割ってはいけない理由。

人体工場 (仙川環) 【読書】サンデル先生でも読めよ笑

治験バイトの裏に恐るべき計画が!?

悪魔の手毬唄 (横溝正史)【読書】

一羽のすずめのゆうことにゃ。

おもしろきこともなき世をおもしろく【読書】世に棲む日日 (二) (司馬遼太郎)

すみなすものは心なりけり。

緋色の研究 (コナン・ドイル)【読書】

シャーロック・ホームズ、デビュー戦!

本陣殺人事件 (横溝正史)【読書】

金田一耕助、デビュー戦。

探偵ガリレオ (東野圭吾)【読書】

刑事は奇怪な事件を抱えて天才物理学者の扉を叩く。

福家警部補の挨拶 (大倉崇裕) 【読書】

福家警部補は今日も徹夜で捜査する。

愛について語るときに我々の語ること (レイモンド・カーヴァー) 【読書】酔いながら音楽を賞でるように

そぎ落とされた表現とミステリアスなタイトル。作家カーヴァーの独自性を刻印し、80年代アメリカ文学にカ

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly