アホー鳥が行く 静と理恵子の血みどろ絵日誌【エッセイ】大人の遊びの流儀

      2014/02/13

週刊大衆で連載された人気ギャンブルエッセイの文庫化第一弾です。

内容は10年以上前のものですが、まったく古びていませんでした。ギャンブルはときを越える、です。

カッコいい大人

今では少なくなってしまったカッコイイ大人、伊集院静先生のギャンブルエッセイです。大先生の文章を書籍として読むのは今回が初めてです。

カッコイイ大人って、何がカッコイイんだろう、てことについてちょっと考えてみました。

ひとつは「遊び方を知っている」てことなんじゃないかと思います。いろんな遊びを知ってるし、その楽しみ方がカッコイイんだと思います。

もうひとつは、働いてんだか遊んでだかわからない、というのもカッコよく見えるポイントな気がします。仕事と遊びの境界が曖昧とでもいいましょうか、どっちが本業なのかわからない、みたいな。

遊びである(?)ギャンブルをエッセイにしちゃってる大先生は、まさにカッコイイ大人そのもの。こっちが何歳になっても、この人オトナだなあ、て思ってしまいます。

大人になったらギャンブルのひとつでも

大人の遊びの最たるものがギャンブルです。

麻雀、競輪、カジノ、競馬。本書ではあらゆるギャンブルが登場します。カッコイイなあ。

僕はまだまだひよっこなので、詳しいのは競馬くらい、それも嗜む程度です。麻雀とかルールもよくわかんない。

けどルールとか全然分かんなくても、読んでると面白いから不思議です。「何かわかんないけどそれ面白そう」と思えるし、ちょっとやってみたいなあ、て気になってしまいます。危ない危ない。

ギャンブルこそ人生

人生はギャンブルだ、なんて言いますが、この本を読んでいると、ギャンブルこそ人生なんじゃないかと思えてきます。

僕自身競馬が大好きなので、そのことを人に言ったりするのですが、ときに失笑されたりシロい目で見られたりすることがあります。賭け事なんかやってないでマジメに生きろ、といったような。

でもギャンブルやってるからこそ見えてくることってたくさんあると思います。

もちろんギャンブルで儲かったらそれはスバラシイことですけど、やる目的はそれだけじゃないように思います。

予想でいろいろ考えたり、失敗から学んだり、勝負事の流れとかの数値化できない感覚を磨いたり。

ギャンブルやってると、そういうのが最高に楽しいなあと思える瞬間がときどきあって、ほとんどこのためにやってるようなところもあります。お金儲けは二の次。

本書には、そういったギャンブルを通して見えてくる人生哲学みたいなものがたくさん散りばめられていて、そこが最高に面白いです。単なる大先生の焦げつきエッセイじゃない笑。

作家と搦むサイバラが好き

サイバラさんの挿絵マンガが大好きです。サイバラさん自身の作品はもちろん面白いですが、作家と組んだ仕事も結構好きで、僕はそっちの方がたくさん読んでるくらいです。

清水義範さんとの「お勉強シリーズ」とか大好き。

伊集院先生が文章でそれっぽいエラソーなこと言ってるのに、サイバラさんがマンガでチャチャ入れたりツッコミ入れたり。その掛け合いが素晴らしいです。

お互い相手の文章だったりマンガだったりはあんまり気にしないで作ってると思うし、たまに文と画が全然関係ないときもあるんですが、それでもなんか息ピッタリな感じがすごいです。

大先生の小難しい文章に唸りながら、サイバラさんのマンガで笑って一息つく、という具合で、いいペースで楽しく読むことができます。

まだまだシリーズがたくさんあるみたい。今も連載中なのかなあ?最近のとかどんな感じなってるのか、ちょっと気になります。

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

pepita 井上雄彦 meets ガウディ【画集】

井上雄彦 × ガウディ!

ふたりの微積分 (スティーブン・ストロガッツ)【読書】

数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと。

新しい超伝導入門 (山路達也)【読書】

リニアモーターカーだけじゃない!世界を変えゆく超伝導の原理をざっくり解説。

no image

【企画】何度でも読み返したくなる、てか読み返しまくったマンガ5選 #5manga 【乗っかります】

乗っかってみたかったんです、こういう企画。

no image

オリンピックの正義の話をしよう【観た】マイケル・サンデル 究極の選択【TV】

NHK ハーバード白熱教室 マイケル・サンデル先生の講義番組が大好きな @cota1Q82 です。

The Feynman Lectures on Physics (Online Edition) 素晴らしい知的財産をWebで

ファインマン先生からのクリスマスプレゼント。

古典力学の世界 電磁気学の世界【読書】物理学対話 (砂川重信)

ニュートン力学と電磁気学。古典力学的世界像ができるまで。

伝え方が9割 (佐々木圭一)【読書】祖母とのコミュニケーション

なぜ、伝え方で結果が変わるのか?

伊坂幸太郎さんの本棚

伊坂幸太郎さんのエッセイ集『3652』[感想] で言及される本 (や映画) の中で、気になるものをピ

僕がよく行く大好きな4つの本屋さん

そういえば街の本屋さんて見かけなくなったなあ。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly