第9地区 (2009)【映画】

      2014/11/18

SF映画大好きな @cota1Q82 です。

公開時に映画館で観て大好きになった『第9地区』。先日TV放送されたので、録画してまた観ました。うーんやっぱり面白い。

予備知識なしで観た方が面白い

この映画は、設定とかも含めて内容を知らないで観た方が断然面白いと思います。

僕も実際、映画館で観た時は予備知識なしで観ました。アカデミー賞の授賞式でこの映画の存在を知って、「あ、これは絶対自分好みに違いない」と思って、公開されたら観に行くと決めていたので、宣伝とかはなるべく見ないようにしていました (観たい映画のとき僕はだいたいいつもそうしています) 。

のっけからこんなことを言ってしまうと、もう書く事なくなってしまうんですが、てかこのエントリのタイトルがすでにちょっとネタバレなんですが、まあ観てない方には何言ってるか分かんないと思うのでだいじょぶでしょう。

あらすじとかがどーしても気になる方はこちらで↓↓

第9地区 – Wikipedia

SFとかサスペンスとかアクションとかが好きな方はまず楽しめると思います。

ただちょっとグロテスクなところもあるので、そういうのが苦手な方は嫌いかも。僕はそんなに苦手じゃないんですが、最初のほうでちょっと気持ち悪くなりました。でも話が進むにつれてすぐ慣れました。あと甲殻類、特にエビが苦手な方にはキツイかもしれません笑。

さて、本エントリのこっから先は、映画の内容に触れるところもあるのでご注意下さい。

最初の10分と最後の10分

「オープニングとラストシーンの出来で映画の面白さが決まる」てのが僕の持論なのですが、この映画は両方ともすばらしいです。

最初の10分くらいで、物語の背景がざっと説明されますが、僕はこのオープニングで一気に引き込まれてしまいました。「なるほど考えたなー」て感じで、実にうまいこと作られています。これは面白そうだぞ、と思わせてくれます。

ラストはというと…。こういう終わり方好きだなあ。

伏線とか感情移入とか

TVで改めて観て気づいたのは、けっこう伏線がいろんなとこに張られてんだなあ、てことです。ノンストップな展開なので、初見のときには気づきませんでした。

人物描写がちょっと甘いというか、低予算映画で役者さんもほとんど無名な人たちで芝居も大したことないんですけど、主人公の役者さん (シャールト・コプリー) だけは、何とも言えないダメ男ぶりをうまく演じています。

そうそう、この主人公はホントにダメなやつで、自分の近くにいたらあんまり友達になりたくないような、ちょっとムカつく野郎です。だけどそのダメぶりが、シリアスになりがちな物語の中にいい感じに笑いを与えたりもしてて、そーゆうのもこの映画の面白いところです。

そしてそんなダメ男な主人公を、映画の後半では応援したい気持ちになっちゃってるから不思議です。

応援といえば「エビ」もです。最初は気持ち悪いと思ってたのに、最後の方は完全に「エビ」目線で観てしまいます。

人間と敵対する関係にある異形の「エビ」に感情移入できるって、なんかすげーなーと思います。

「エビ」のこどもがいいんですよね。こどもって、おもちゃだったりゲームだったり、初めて触るはずなのになぜか出来ちゃうことあるじゃないですか。「あー『エビ』のこどももなんだ!」てシーンがちょー好きです。この映画イチオシのシーン。

上映時間も2時間弱でちょうどいいです。テンポもいいのであっという間。好きな映画は何度観ても面白いです。

 -2000年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

アイ, ロボット (2004)【映画】

『アイ, ロボット』鑑賞。20年後なら十分あり得るんじゃないかと思えてしまう近未来。何年か前に観たときはまだまだ遠い未来に感じたんだけどなあ。原作も読んでみたいです。

96時間 (2008)【映画】

リュック・ベッソン製作の『96時間』を観ました。何も考えないで観れて、それなりに楽しめて、スカッとできるフレンチアクション、最高です。

モンスター (2003)【映画073】

なぜ、愛を知ってしまったんだろう。

ボーン・アルティメイタム (2007)【映画039】

『ボーン・アルティメイタム』鑑賞。最初っから最後まで突っ走りまくりなので疲れますが、確実に楽しめる鉄板シリーズ、完結編です。

7つの贈り物 (2008)【映画062】

あなたなら、受け取れますか?

ファインディング・ニモ (2003)【映画046】

面白くてタメになる、親子で観るのにピッタリの映画。水族館に行きたくなります。

バンテージ・ポイント (2008)【映画054】

目を凝らせ__。

ワイルド・スピード (2001)【映画098】

太陽が沈むと、もう一つの世界が始まる……。

猫の恩返し (2002)【映画032】

全体的にほのぼのとしていて落ち着きます。なーんにも考えずにサクッと観られて、愉快な気持ちにさせてくれる映画です。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly