ジグは治具というよりは『jig』だとガリレオ先生に教わった

      2014/07/17

まあ間違えではないのですが、10年間くらいずっと「治具」だと思ってました。

IMG 0486

東野圭吾さんの新作『禁断の魔術』を読みました。僕の大好きなガリレオシリーズの短編集です。全編書き下ろしだそうな。

今回もいつも通り、4作全てとても面白かったのです。

小説全体の感想は近々別エントリで書くとして、今回は読んでて思わず「マジか!?」と思ってしまった、ジグのお話です。

ジグ

多くの人にとって、ジグとはなんぞや?て感じでしょうが、つまりはこういうことです。

「ジグ?」
「部品は製品を加工する時、しっかりと固定しなきゃいけないでしょ。そのための専門の土台というか道具というか、まあそういうものです」
倉坂は近くにあった図面を手にし、見せてくれた。治具、の文字があった。だが倉坂によればこれは当て字で、本来は『jig』という英語らしい。

via: P222, 第四章 猛射つ, 禁断の魔術 / 東野圭吾

僕はエンジニアではないですが、理学系の研究者、それも測定屋さんなので、実験でジグを使うこともあります。

金属加工を自分でやることはありませんが、簡単な図面を引いて、しかるべきところに依頼してジグを製作してもらう、なんてこともあります。

上の写真は、実際に研究で使っているジグの一例です。用途はいちいち説明しませんが。

jigと治具

さっきからジグジグ言ってますが、これまで僕はずっと「治具」だと思っていました。

でも上の引用によると、最初に「jig」という英単語があって、「治具」という日本語は当て字だそうな。

知らなかったー!

wikipediaには、より詳しい説明があります。

英語の”jig”が「工具の位置合せ/案内機構」だけを意味しているのに対して、「治具」は工具の位置合せに加えて工作物側の位置決めと締め付け固定するための道具/部品類も含んでいる点で両者は異なる。

via: 治具 – Wikipedia

ビミョーな違いがあるみたいですね。

この定義でいくと、僕が使ってるのはどっちかって言うと「治具」寄りかなあ。

いずれにしても勉強になりました。

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

犬神家の一族 (横溝正史)【読書】

「斧・琴・菊」は、「良き事聞く」。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

no image

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン)【読書】

小説もとても面白かったです。

がんばらないために、がんばる。

伊坂幸太郎さんの『あるキング』を読んで、「がんばる」ってことについてちょっと考えてみました。

回想のシャーロック・ホームズ (コナン・ドイル)【読書】

宿敵モリアーティー教授登場!第2短篇集。

本陣殺人事件 (横溝正史)【読書】

金田一耕助、デビュー戦。

夜歩く (横溝正史)【読書】古神家の一族

金田一読破への道、9冊目。

代官山コールドケース (佐々木譲)【読書】

この街で夢を追いかけた少女の悲劇。闇に潜む真犯人を、追い詰める。

no image

博士の愛した数式 (小川洋子)【読書】

博士の愛した数式 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 小川 洋子 新潮社 2005-11

プラチナデータ (東野圭吾)【読書】

東野圭吾さんの小説『プラチナデータ』を読みました。ミステリとしてはイマイチでしたが、近未来の世界観が良く出来てて楽しめました。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly