2013年の初笑いはチャップリン!【TV】【映画】

      2014/10/31

NHKの粋な計らい。

Medium 5166095952

観たい観たいと思っていたチャップリンの映画が、2013年のお正月にNHKBSプレミアムで一挙に4本放送される。

これは録画して観るしかない。

放送時間などの詳細はNHKのHPにも記載されているが、こちらでも引用しておいた。

映画|NHK BSオンライン

深夜の時間帯に放送されるものも多いので、日時を間違えてうっかり録画ミス、なんてことにならないように要注意。て最近のレコーダーは頭いいからそんなことにはならないか。

今回放送されるのは以下の4作品。

『モダン・タイムス』 MODERN TIMES (1936)

2013年1月1日 7:30〜8:58 BSプレミアム

喜劇王チャップリンが資本主義社会と進みゆく文明を風刺した代表作の一つ。機械工場でねじ回しの作業をするチャップリン。単純作業を繰り返しやっていくうちにその動作がとまらなくなってしまい、病院に送られることに・・・。トーキー映画をかたくなに拒んでいたチャップリンがついにスクリーンで声を発した記念碑的作品。多くのアーティストがカバーしたチャップリン作曲の「スマイル」が流れるラストシーンは必見。

『街の灯』 CITY LIGHTS (1931)

2013年1月2日 2:00〜3:27 (1日深夜26:00〜27:27) BSプレミアム

映画界ではトーキー全盛となる中、チャップリンが音楽と音響効果だけで製作した名作。世界恐慌の時代、街角で花を売る盲目の女性から一輪の花を買ったチャップリン。その女性は彼のことを裕福な紳士と思い込む。チャップリンは彼女の目を治そうと奔走し、やがて目は見えるようになる。彼女はチャップリンを見ても誰だか分からずにいたが、手を触れた瞬間、自分を助けてくれたのは1人の浮浪者だと気づく・・・。

『チャップリンの独裁者』 THE GREAT DICTATOR (1940)

2013年1月3日 2:00〜4:06 (2日深夜26:00〜28:06) BSプレミアム

チャップリンが同じようなちょび髭(ひげ)をもつヒトラーを痛烈に批判した傑作。戦傷で記憶を失ったユダヤ人の理髪師は、とある国の独裁者とうり二つ。ひょんなことからその独裁者と入れ替わってしまい、ユダヤ人の彼が独裁者になることに・・・。トーキーを嫌っていたチャップリンが初めて本格的にトーキーに挑み、クライマックスの6分間におよぶ大演説シーンは、見る者に強烈な感動を与える。

『チャップリンの黄金狂時代』 THE GOLD RUSH (1925)

2013年1月4日 3:00〜4:10 (3日深夜27:00〜28:10) BSプレミアム

ゴールドラッシュにわく時代に山高帽にえんび服をきたチャップリンが、一獲千金を夢見てとある山に現れた。そこで指名手配中の凶悪犯と遭遇してしまい、吹雪の中2人は山小屋に身をよせるが・・・。爆笑シーンの連続で、空腹にみまわれたチャップリンが靴を煮て食べるシーンが有名な映画史上に輝く傑作喜劇。

『モダン・タイムス』はつい先日観た。伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』で言及されていて (というかタイトルが一緒) 気になったのが観るきっかけだった。とても面白かったので、ちょっと長めの感想エントリも書いた。

モダン・タイムス (チャールズ・チャップリン)【映画】人間は部品ではない | cotanote

他の作品、特に伊坂さんの小説でも言及されていた『独裁者』や『街の灯』は、是非とも観たいと思っていたので、このタイミングで放送してくれるのはホントにありがたい。NHKグッジョブ!

(ついでに言うと『ライムライト』も観たかったのだが、それはいずれDVDで観ることにしよう)

いずれも名作として名高い4作品。今から楽しみだ。

正月は (くだらない) 特番ばかりで、あまり観たいTVもなくて退屈な寝正月になりがちだ。

チャップリンの洗練された、しかもまったく古びていない最高級の喜劇で初笑い、なんてお正月もお洒落でなかなか良いのではないだろうか。

 -映画その他

ad

スポンサーリンク

  関連記事

no image

「映画を探す」ページを作りました!

映画の感想エントリもだいぶ増えてきたので、探しやすいように「分類ページ」を作りました。

ブロードメディア・スタジオ月島試写室がすげーキレイだった!

倉庫の中に、ステキな映画館。

マイベストムービー!〜2014上半期〜

2014年も半分が過ぎてしまいました (マジか……) 。せっかくの折り返し地点なので、今年上半期に観

新宿武蔵野館で『なまいきチョルベンと水夫さん』を観てきたよ!

何気にこの夏一番楽しみにしていた映画です笑。

トム・クルーズに会いにいく / 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ジャパン・プレミア レッド・カーペット・イベント@六本木ヒルズ

ト・ム!ト・ム!ト・ム!

no image

2014年に映画館で観た映画の感想リスト

2014年もおわりが近づいてきたので、まとめ的な意味を込めて作りました。

no image

第87回アカデミー賞 (2015) をユルく予想してみる (期待込)

今日は映画『フォックスキャッチャー』を観てきました (感想はいずれ) 。 これで現状、アカデミー賞主

スクリーンに恋して〜2015上半期〜

2015年上半期に観た映画 (劇場公開のみ) の中から、特に輝いていた役者さんたちを選んでみました。

ユーロスペース〈EUROSPACE〉とカフェ・テオ〈CAFE THEO〉(渋谷) に行ってきた!

作り手が育ち、映画が育ち、観客が育つ映画の家。

no image

古畑任三郎を久しぶりに観た!

大好きな『古畑任三郎』が再放送されていたので、録画して観ました。 観るのは十数年ぶりでしたが、若いこ

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly