ゼロ・ダーク・サーティ (2012)【映画】

      2014/12/02

UBL、て言うのね。

IMG 3674

今年のアカデミー賞でもいろんな部門にノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』を観てきた。

911テロからビンラディン殺害までの真実を描いたアクション大作。

タイトルの「ゼロ・ダーク・サーティ (zero dark thirty) 」とは、軍事用語で深夜0時30分のことで、ビンラディン殺害作戦の決行時間、てことらしい。

ウサマ・ビンラディン (Usama bin Ladin) て、UBLって言うのね。映画の中でも言ってたし、エンドクレジットでも役名のところは「UBL」となっていた。

USA vs. UBL。語幹は似てるけど、国家と一個人なんだよなあ。911が2001年で、UBL殺害が2011年だからちょうど10年、長い戦いだったんだなあ。

ていうのがホントによーく実感できるくらい、この映画もとにかく長い。上映時間は158分だけど、体感では3時間くらい。とても疲れた。

本作の売りは、圧倒的なリアリティだろう。どこまでがホントなのかわからないくらい、とにかく「ホント」っぽい。

実話に基づく話なので、リアルなことは良いことだとは思う。でももうちょっと遊びというか、「ウソ」の部分が欲しかったなあとも思う。「映画」なのだから。

リアルなだけならそれこそドキュメンタリーとか、ニュース映像と変わらなくなっちゃう。つかドキュメンタリーなのかと思っちゃうくらいリアルに作り込まれてるのはすごいことだと思うし、それで面白ければ良いんだけど、ちょっと退屈だったなあというのが正直な感想。

物語のスパンが長過ぎて展開は早いし、ついてくのにけっこう必死でイマイチ入り込めなかったところもある。

個々のエピソードもちょっと淡白で、登場人物のキャラクターも薄いと感じた。

主人公のCIA分析官マヤを演じたジェシカ・チャステインは初めて観たけど、なかなかいい役者さんだなあと思った。でもだからこそ勿体ないというか、もうちょっと人間性が見えるような演出にしてほしかったなあとも思う。

どのキャラも概ねそんな感じで、こういう人物にしたいっていう意図はわかるんだけど、もうちょっと突っ込んでほしかったなあ。

長い割には展開が早くて、描ききれてない感じ。あと一歩踏み込んでほしかった。リアリティを優先した結果なのかなあ。

本筋とは関係ないけど、現地の支局長を演じたカイル・チャンドラーは、『アルゴ』でも似たような役どころだったので思わず笑ってしまった。あの「とっちゃん坊や」で嫌みな感じは、たしかに何か憎たらしくて、よくハマってる。

と、いろいろ主に文句みたいなことばっかり書いてきたけど、オープニングと最後の30分くらいはほんとに素晴らしい緊張感だった。

「911」の音声のみのオープニングの感じとかすっごい好きで、思わず鳥肌が立った。

それと爆破シーン。キャスリン・ビグロー監督はダイナミックな爆発を撮るのがホントにうまいなあと思う。空撮の感じとかすごいカッコよくて好き。ここまでくると爆破シーンはアートだなあと思う。まああんまりスカッとはしないけど。

クライマックスの突入シーンは、ネタバレしてる (実話なので) にもかかわらずすごい緊張感。これは映画館の大画面で観てよかったなあと思った。つかおうちでDVDとかで観ても暗くてほとんど何やってんだかわかんないんじゃないだろうか。

観終わった後どっと疲れたのは、長いだけじゃなくて緊張するシーンが多かったから、てのもあるなあ。

日本人にはちょっとなじみが薄いというか、あんまり知らない部分も多かった (僕だけか?) ので、いろいろ勉強になったところもあって、ドキドキしてタメになる映画でしたー。

 -2010年代の映画 , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

わが母の記 (2011)【映画】なぜ『しろばんば』を読まされたのか

たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。

ジゴロ・イン・ニューヨーク (2013)【映画】

ジゴロ、始めました。寂しい夜は、是非お電話を__。

北のカナリアたち (2012)【映画088】

先生が島を追われた日、私達は歌を捨てた。

グランド・ブダペスト・ホテル (2013)【映画】

“伝説のコンシェルジュ”が、究極のおもてなしとミステリーで、皆様をお待ちして

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 (2015)【映画】

“ちょびヒゲ”が世界を救う!?

インターステラー (2014)【映画】2014年宇宙の旅

地球の寿命が終わる。人類の挑戦が始まる。

ザ・タウン (2010)【映画】

『ザ・タウン』鑑賞。小説を読んでいるような静けさと深みのある映画。こんなに良くできたクライムサスペンスは久しぶりに観ました。

サンシャイン/歌声が響く街 (2013)【映画】

人生はままならない。でもいつか必ず、太陽は輝く。

武士の家計簿 (2010)【映画047】

江戸時代後期、加賀藩で経理を担当していた武家のお話。現代人にとってもお金との付き合い方はいろいろと参考になるように感じました。

コクリコ坂から (2011)【映画】

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』を観ました。明るさと暗さのバランスが絶妙な、とてもステキな雰囲気の物語でした。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly