ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア (ジェフリー・ブラウン)【絵本】

      2014/02/14

まさかの続編!

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア

『スター・ウォーズ』のパロディ絵本『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』を読みました。ジェフリー・ブラウン作、とみながあきこ訳。前作から引き続きルーカス・フィルム公認です。

その前作『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』を読んだのは1年ほど前ですが、そのときに『スター・ウォーズ』観返したいなあ、なんて思ったものの、1作も観ないうちに続編が出てしまいました。

つか続編出るとか全くの想定外。「なるほどその手があったかあ!」て感じです。しかも内容も何だかいろいろと進化しています。

息子 → 娘

今作でヴェイダー卿が育てるのは、ルークの双子の妹プリンセス・レイアです。娘さんですね。いかに暗黒卿といえども「娘」には敵いません。その振り回されっぷりは前作以上です。女の子最強。

てか女の子とお父さんて、距離感とかいろいろ難しいなあなんて考えさせられてしまいました。まあ僕には子供いない (どころか結婚もしてない) んですけどね。でもやっぱり男としてはちょっと素直には笑えない感じです。

「息子」ならおんなじ「男」なので、自分が子供だった頃のことを考えれば、「何するか」とか行動原理みたいなものはだいたい想像つきます。

でも「娘」イコール女の子は、けっこうな勢いで予測不能かつ理解不能です。何するか分からなさすぎて恐怖すら憶えます。娘を持つ世のお父さんは大変だなあ。

成長する娘

前作の『ルーク(4才)』は、そのタイトルどおり全編通じてずっと4才のままでした。4才ってだけなら、男の子も女の子もまあ一番可愛い時期かなと思います。

けど今作の『プリンセス・レイア』は成長します。愛らしい少女から、反抗期のティーンエイジャーへと……。

だからなのか、前作は「エピソード3.5」でしたが、今作は「3.75」とちょっと進んでいます。このへん芸が細かい笑。

反抗期の女の子とか、暗黒卿だろうが何だろうが、世の全てのおっさんは完全にお手上げ。もっとも遠い存在です。

謎のファッションに身を包み、彼氏 (ハン・ソロ!) を連れてきたりと、何とゆうか生々しいです。小さい頃は可愛くても、大きくなるとなあ……。いろいろと複雑です。

まとめ

前作の『ルーク(4才)』は、基本的にただただ笑って癒されて、て感じでした。「父と息子」の距離感なんかは全く気にならず、ルーク(4才)がただただ可愛くて、子供が苦手な僕でもちょっと子供欲しいなあなんて思ったほどです。

でも今作の『プリンセス・レイア』は何だか距離感とかいろいろ考えさせられてしまって、笑いも若干引き攣り気味でした。やっぱり子育ては大変だなあ。娘を持つお父さんは、ヴェイダー卿により共感できるかもしれません。

娘を持たない僕は、とりあえず本家『スター・ウォーズ』を今度こそ観返したいところです。

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

マイベストブック!〜2015上半期〜

昨日の [映画振り返り] につづき、上半期の読書を振り返ります。

pepita 井上雄彦 meets ガウディ【画集】

井上雄彦 × ガウディ!

凶悪 ーある死刑囚の告発ー (「新潮45」編集部)【読書】

この本から事件が動き始めた!

大栗先生、重力を語る【読書】重力とは何か (大栗博司)

宇宙を支配する力の正体。

no image

IQUEEN VOL.6 木村カエラ【写真集】カッコいい木村カエラ

SPY AGENCY. IQUEEN VOL.6 木村カエラ (PLUP SERIES) poste

僕がよく行く大好きな4つの本屋さん

そういえば街の本屋さんて見かけなくなったなあ。

人気作家の平凡な日常【読書】3652 (伊坂幸太郎)

伊坂のマル秘!

砂時計の七不思議 (田口善弘)【読書】

粉粒体の動力学。

なぜ理系に進む女性は少ないのか?【読書】

男女で生まれつきの能力差があるのか?

no image

アホー鳥が行く 静と理恵子の血みどろ絵日誌【エッセイ】大人の遊びの流儀

アホー鳥が行く―静と理恵子の血みどろ絵日誌 (角川文庫) posted with ヨメレバ 伊集院

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly