テルマエ・ロマエ (2012)【映画】

      2014/12/02

ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。

テルマエロマエ

阿部寛さん主演の映画『テルマエ・ロマエ』を観ました。2012年東宝。武内英樹監督。108分。

原作のマンガは初期の頃から好きで全巻持っています。原作のファンだと、映画化されてつまらなくてガッカリ、なんてことはよくあります。

なのでこの作品もどうかなあと半信半疑で観はじめたのですが、どっこい原作以上に面白かったです。

ストーリーはあってないようなものですが、一応こんな感じです。

古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが……。

via: シネマトゥデイ

古代ローマ人顔

古代ローマ人の役を全部日本人が演じる、て時点でもう十分笑いをとれてしまっています。この映画の見どころのほとんどはこのキャスティングといってもいいくらい。

阿部寛さん、北村一輝さん、市村正親さん、宍戸開さん。よくこんな濃い顔の役者揃えたなあ。

阿部さんは主役なのにほとんどしゃべらないです。基本心の声。頭の中をアテレコする映画って、何というか映画的に反則技な感じがして好きじゃないんですが、この映画に関しては何かオッケーかなと思えてしまいます。

こんなにしゃべらなくて、しかも服もほとんど着ていない主役がかつていただろうか、てくらいには裸です。最高。

しかも阿部さんはこの役で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲ってるんですね。なんか今観るとそれすら笑えてきます。もちろん良い意味で。

マジメは面白い

ルシウスは鬱陶しいくらい実直な男です。ちょー真剣に日本の風呂文化を吸収しようとしています。

登場人物は皆いたってマジメ、というのは良いコメディの鉄則です。真剣なさま、というのは端から見るとおかしかったりするものです。

出てくる人たちが笑わそうと意図をもっていると、逆に面白くなくなってしまいます。変なことをやっているようだと、それこそわけがわからなくなってしまいます。まあ、ナンセンスギャグというやつもあるにはありますが。

お葬式みたいな、笑っちゃいけないところほど笑いたくなる、てのに近いかな。いやこれはちょっと違うか。

豪華セット笑

セットも超豪華で、古代ローマの街並とかすごいです。すんごいお金かかってそうで、何となく無駄に豪華な感じがします。そういう無駄感も笑えるポイントです。

どこまでが本気でどこからがウケ狙いなのか。何というか、バカバカしいことをすっごいまじめに作ってる感じがとても素晴らしいです。

まとめ

「古代ローマ」と「風呂」ってゆう組み合わせが面白い、てのが原作を好きになったきっかけなんですが、その辺りの発想やアイデアは裏切っていないというか、映画でもしっかりと反映されています。

加えてキャストやセットもかなり良い感じ、てことで原作以上に楽しめたのかもしれません。

『II』も2014年GW公開予定みたいです。マンガの方は一応完結したみたい (まだ読んでない) ですが、新シリーズが始まるという話も……。気になります。

この際だから最新巻読む前に、また最初から読み直してみようかなあ。

予告編はこちら。

 -2010年代の映画 , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

るろうに剣心 (2012)【映画034】

『るろうに剣心』鑑賞。ストーリーにもうちょっと深みが欲しかったですが、殺陣やキャストは素晴らしかったです。

フォーカス (2015)【映画】その真相はチェンジです

“視線”を盗め。

イコライザー (2014)【映画】勧善懲悪デンゼル・ワシントン!

19秒で世の不正を完全抹消する。

そして父になる (2013)【映画058】

6年間育てた息子は、他人の子でした。

プロミスト・ランド (2012)【映画】豊かさとは何か

人生はいつでも、やり直せる。

ザ・タウン (2010)【映画】

『ザ・タウン』鑑賞。小説を読んでいるような静けさと深みのある映画。こんなに良くできたクライムサスペンスは久しぶりに観ました。

コクリコ坂から (2011)【映画】

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』を観ました。明るさと暗さのバランスが絶妙な、とてもステキな雰囲気の物語でした。

ワールド・ウォーZ (2013)【映画040】

『ワールド・ウォーZ』鑑賞。(ゲームの)『バイオハザード』に似た雰囲気はかなり好み。ピンチで飛び出すブラピの機転がいちいち素晴らしくてカッコイイです。

大富豪が語るふたつの「裕福」【映画】ハイネケン 誘拐の代償 (2014)

老獪な人質 vs. 素人の誘拐犯たち。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 (2015)【映画】

“ちょびヒゲ”が世界を救う!?

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly