カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)【読書】

      2014/07/17

私が育てた娘は、妻が他人から盗んだ子なのか?

カッコウの卵は誰のもの

東野圭吾著『カッコウの卵は誰のもの』読了。2013年光文社文庫 (2010年光文社) 刊。392ページ。

あらすじ: 往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れる__。

via: Amazon内容紹介

タイトルがけっこうキャッチーなので期待してたんですが、うーん、微妙な感じだったなあ。

でもスラスラと読めてしまうのはさすが東野作品。相変わらずの安定感です。

テーマ多すぎ

「ウインタースポーツ」や「遺伝子」といったキーワードは東野さんの得意分野ですね。

そこに「親子の絆」とか「才能って何だ」みたいな重めのテーマも加わってきます。でもテーマの割に内容は驚くほど軽いです。事件も現在と過去でいろいろと起こるし、ちょっと盛りこみ過ぎなんじゃないかなあ。

登場人物の「誰」が「何」を「どこまで」知っているのか、てのがけっこう複雑で、僕はそのあたりを理解するのを途中で放棄してしまいました。

誰かの推測なのか事実なのかってのがあやふやな部分もあるし、しかもそーゆう複雑さがあんまり面白さに繋がってないんですよね。

しかも後半の展開はかなり慌ただしくて、僕はちょっとついていけませんでした。あまりに唐突すぎる感じ。

事件の真相とかはほどほどに、ドラマ部分をメインにしてくれたらもうちょっと読み応えあったかなあ。いやそうゆうの東野作品に求めるのは無理か。

遺伝子とスポーツ

スポーツの優劣に関わる遺伝子の研究って、実際のところどれくらい進んでるんでしょう。

アメリカには実際にこの手のビジネスを展開してる企業もあるみたいですが、まだまだ難しい部分も多そうです。

トップアスリートの遺伝子を解析して、能力を説明するってのは (こじつけっぽいけど) ある程度できそうな気がします。でも未知の人材を発掘するってのはまだ無理なんじゃないかな。

あと「黒人選手の身体能力 (が優れている)」みたいな文章が出てきますが、これって明らかな人種差別なんですよね。

人種は関係ないんじゃないかな。それだったら黒人選手を連れてきてスキーヤーに仕立て上げたほうが手っ取り早いだろって話ですからね。そっちのほうインパクトも強そうですし。

まあ結局この小説自体が「遺伝子なんてものでは何にも決まらないよ」ってゆう、ある種のアンチテーゼになってるってことなのかもしれませんが。

カッコウの托卵

「 (略) カッコウっていう鳥は、ほかの種類の鳥の巣に自分の卵を産むそうだ。モズとかホオジロとかのさ。そうして、雛を育てさせる。知ってるかい?」

「聞いたことがあります。托卵というやつですね」 (略)

「才能の遺伝ってのはさ、いわばカッコウの卵みたいなもんだと思う。本人の知らないうちに、こっそりと潜まされているわけだ。(略) それを本人がありがたがるかどうかはわからない」

via: P366

うーん、わかったようなわからないような。繋がるような繋がらないような。なんかうまいこといったように見えて、実はちょっとズレてるような気もします。

でも良いタイトルですね。心に引っかかります。

研究者は誤解されやすい

キャラクターもイマイチ深みがなくて、テーマの割に軽いのはそのせいかなとも思うのですが、遺伝子の研究者「柚木」のキャラクターはなかなか良かったと思います。

シニカルで嫌なヤツなんですが、物語が進むと印象が変わる感じ。

研究者ってだいたいシニカルなんですよね。その上シャイで口下手でやたらと理屈っぽいので、誤解されやすいです。まあ不器用なんですよね。

僕自身もあんまり器用ではないので、客観的に見て「自分嫌なヤツだなあ」と思ったりもします。「もっとうまくできたよなあ」と後悔することもしょっちゅうです。

そういうちょっと自分と似たとこのあるキャラクターが活躍してくれると嬉しいです。

まとめ

ほとんど文句みたいになってしまいましたが、読みやすかったのはホントです。

何かイマイチなんじゃないかなあと思いながら読んでるのにグングン読み進められるって、かなりすごいことだと思います。途轍もない文章力。

まあそれなりに感動はできますが、驚くほど心に残らないです。この軽さはホントに素晴らしいなあ。あ、これ僕の中では褒め言葉です。

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

愛について語るときに我々の語ること (レイモンド・カーヴァー) 【読書】酔いながら音楽を賞でるように

そぎ落とされた表現とミステリアスなタイトル。作家カーヴァーの独自性を刻印し、80年代アメリカ文学にカ

HHhH (ローラン・ビネ)【読書】

HHhH = Himmlers Hirn heißt Heydrich. ヒムラーの頭脳はハイドリヒ

no image

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン)【読書】

小説もとても面白かったです。

福家警部補の挨拶 (大倉崇裕) 【読書】

福家警部補は今日も徹夜で捜査する。

プラチナデータ (東野圭吾)【読書】

東野圭吾さんの小説『プラチナデータ』を読みました。ミステリとしてはイマイチでしたが、近未来の世界観が良く出来てて楽しめました。

夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦)【読書】

キュートな乙女と一途な先輩にどうか、幸ありますように!

no image

真夏の方程式 (東野圭吾)【読書】

その夏、少年が出逢ったのは、〈博士〉だった__。

太陽の塔 (森見登美彦)【読書】

すべての失恋男たちに捧ぐ、爆笑妄想青春巨篇 in 京都。

清須会議 (三谷幸喜)【読書】

日本史上、初めて会議で歴史が動いた瞬間。誰が最後に笑うのか?

おもしろきこともなき世をおもしろく【読書】世に棲む日日 (二) (司馬遼太郎)

すみなすものは心なりけり。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly