猫の恩返し (2002)【映画032】

      2014/10/31

猫になっても、いいんじゃないッ?

猫の恩返し

『猫の恩返し』鑑賞。2002年スタジオジブリ。森田宏幸監督。75分。

あらすじ: 女子高生のハル (池脇千鶴) はある日、ひかれそうになった猫を助ける。それ以来彼女の元に奇妙な贈り物が届けられるようになる。さらにハルは猫王 (丹波哲郎) の支配する猫の国へと連れて行かれてしまう。

via: シネマトゥデイ

あんまりジブリっぽくない雰囲気ですね。何だろ、この時期いろいろ冒険してたのかな。

メッセージ性とかほとんどないですし、全体的にほのぼのとしています。画の感じもけっこう違くて、なんというか「のっぺり」しています。流行りのフラットデザイン?

ファンタジーと喜劇の相性

ファンタジーのお手本みたいな内容ですね。嫌いじゃないです。

最近のファンタジー (と言われている映画) はやたらと戦いますけど、あんまり真剣に戦われてもねえ。一歩引いてしまいます。

それよりはこの映画のように、可愛らしさとバカバカしさを全面に出してくれたほうがいいです。ファンタジーとドタバタ喜劇って相性いいんだなあ、なんてことに気づかされました。

声が落ち着く

主役の池脇千鶴さんの声が最初はビミョーとゆうか、アニメにはちょっと向かないのかなと思ったんですけど、観てるとすぐに慣れてきました。

どころか後半はけっこう合ってるんじゃないかとさえ思えるほど。ちょっとした一言がアドリブかと思えるほど自然でいい感じでした。

他の役者さんも皆落ち着いた感じで、とても自然です。誰かわかんないくらいで逆に気になってしまいました。

丹波さんすらイマイチピンとこなかったからなあ。画の印象とあまりに違うからかな。でも違和感はまるでなかったです。

まとめ

コテコテのおとぎ話みたいな展開は落ち着きますねー。

時間も短いですし、なーんにも考えずにサクッと観られて、愉快な気持ちにさせてくれる映画です。

 -2000年代の映画 , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ボーン・スプレマシー (2004)【映画】

『ボーン・スプレマシー』鑑賞。ボーン三部作の中でも一番好きな作品。後にも先にも本作を越えるスパイ映画ってないんじゃないかな。ぶつかりまくるカーチェイスは革命的。

アース (2007)【映画045】すごいぞ地球!

壮大な自然の営みにただただ圧倒されます。癒されて考えさせられる自然系ドキュメンタリー、最高です!主演は地球!

7つの贈り物 (2008)【映画062】

あなたなら、受け取れますか?

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003)【映画102】

正義を守ると、愛が死ぬ。

シービスケット (2003)【映画063】

一度や二度のつまずきは誰にでもある。

イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008)【映画】

それは、今まで誰も気づかなかった幸せになる方法。

トランスフォーマー (2007)【映画】

未知なる侵略はトランスフォーム〈変形〉から始まる!

トゥームレイダー (2001)【映画】

世界の「謎」は私のモノ。

ブラックホーク・ダウン (2001)【映画061】

あなたは この戦争に言葉を失う。しかし、知るべき時が来た。

ファインディング・ニモ (2003)【映画046】

面白くてタメになる、親子で観るのにピッタリの映画。水族館に行きたくなります。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly