ファインディング・ニモ (2003)【映画046】

      2014/10/31

ニモがさらわれた――。海中に生きる3兆7千億の魚の中からたった一匹のかけがえのない息子を探すために、父マーリンの冒険が始まる。

カクレクマノミ

『ファインディング・ニモ (Finding Nemo)』鑑賞。2003年ピクサー。アンドリュー・スタントン, リー・アンクリッチ共同監督。100分。

作品情報

あらすじ

舞台はオーストラリアのグレート・バリアリーフ。イソギンチャクの中に住む、魚のマーリン (木梨憲武) と妻のコーラル。もう間もなく400個の卵が孵化するところだったのだが、突如現れたバラクーダに襲われてしまう。

via: シネマトゥデイ

というわけでトップの写真はカクレクマノミのぬいぐるみ。映画とは全然関係ないですけど。

キャスト

吹替版での鑑賞だったので、日本語版のキャストをご紹介。

ニモを探す父マーリン役は木梨憲武さん。大好きなノリさんです。ノリさんが参加してるから観たといってもいいくらい。けどちょっとノリさんすぎたかなあという気もします。僕の中で本人のイメージが強すぎるのかもしれません。

「父親」という立ち位置はピッタリなんですが、性格はかなり真逆にも感じました。真面目すぎるほどのマーリンですが、ノリさんは何事もかなりアバウトなイメージですからね笑。

そういえば実写のドラマや映画でもこの手の誠実な役が多い気がします。芸術家タイプでかなりぶっ飛んでる人って感じなんですよねー僕の中では。やっぱりいいひとなイメージが強いからかなあ。

ニモを探す旅に付き合ってくれるドリー役は室井滋さん。こちらはちょっとのんびりした感じの雰囲気でイメージもぴったりです。つかこのコンビでノリさんもテキトーだったらニモのもとには一生たどり着けなさそうですね笑。

予告編

予告編はこちら (1分ほどの動画です) 。

コタノト的見どころ

海洋生物大集合

人間に捕まってしまった息子のニモを探す旅に出る父マーリン。「母を訪ねて三千里」の逆バージョンですね。

というわけでバリバリのロードムービーなわけですが、旅の道中 (海だから道じゃなくて海中?) でマーリンが出会う生物たちは実に多彩です。主要な海洋生物はほとんど網羅してるんじゃないでしょうか。

しかもそれぞれの特性を活かした形で登場するので、博物館さながらけっこう勉強にもなります。

そもそもカクレクマノミという、登場する生き物の中でも最弱の部類に入る魚が主人公ってのも、それだけでいろいろとドラマが作れますね。なるほどよく考えられてるんだなあ。巧いです。

いろんな人 (じゃなかった魚) たちに助けられながら息子の元へ近づいていくマーリン。旅先での出会いと助け合い、ステキです。

救出劇

「ファインディング」というからにはもうちょっと探索する感じが欲しかったような気はします。ヒントを辿りながら徐々に近づいてく、みたいな。でもそれだと話が複雑になってしまいますからね。難しいところです。

でも海辺とはいえ建物の (それも水槽の) 中にいるニモの元に最終的にどうやってたどり着くのか、てのは最後まで謎だったので、その一点だけでも気になる作りになっていました。

伏線はいろいろと張られてて、うまーく繋がる感じ、好きだなあ。しかもピクサーはそういうのを実にさりげなくちりばめてくれるから余計にすごいと思います。あんまり気にならない、というか気にさせないんですよね。気づいたら (というか気づかない間に) そうなってるというか。

極めて自然な形で提示してるんですが、よくよく考えると全てに意味があって、実にうまく設計されています。

うん、「設計」という表現が何だかしっくりきます。「計算」よりもひとつ上をいってる感じ。素晴らしいです。

水槽パート

不幸にも囚われの身となって水槽に入れられてしまったニモ側の視点もしっかりと描かれています。

何とか脱出しようと、仲間たちと協力してあれこれ奮闘するニモ。探す側よりも目的がハッキリしている分、作戦にまつわるドラマがいろいろあって面白いです。

何だかこちらのほうががむばってんじゃないかと思えるほど。「find」というよりは「escape」や「leave」のほうが良かったんじゃないかとゆう気がしてしまいました。てそれじゃ親子愛関係なくなっちゃうか笑。

さいごに

面白くてタメになる、親子で観るのにピッタリの映画です。海が舞台なので、やっぱり夏に観るとより雰囲気が出て良いですね。

観た後は水族館に行きたくなりますね。実物と比べるとより楽しめる気がします。

つか続編を製作中 (これから?) なんですね!

『ファインディング・ニモ』続編製作決定!今度はドリーが行方不明に! – シネマトゥデイ

その名も『ファインディング・ドリー』。てことは今度はドリーを探す旅?あいつはぐれやすそうだからなあ。2015年公開予定。気になります。

iTunesはこちらから → 日本語吹替版 / 字幕版

最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたらこちらをクリックしていただけると励みになりますありがとうございます。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2000年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

9デイズ (2002)【映画036】

『9デイズ』鑑賞。あんまり深く考えずに楽しめる理想的なアクション映画。名優2人の掛け合いが最高です。

キャスト・アウェイ (2000)【映画】

世界の果てで彼の旅が始まった…。

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003)【映画102】

正義を守ると、愛が死ぬ。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)【映画】

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』鑑賞。ギャグか、てくらいのハリウッド的日本感がツッコミどころ満載です。

ワイルド・スピード (2001)【映画098】

太陽が沈むと、もう一つの世界が始まる……。

オーシャンズ (2009)【映画】

生命 (いのち) の飛ぶ空。

容疑者Xの献身 (2008)【映画024】

『容疑者Xの献身』鑑賞。めちゃめちゃ面白くて大好きな原作ですが、映画版にもまた違った良さがあって好きです。堤真一さんが素晴らしい。

南極料理人 (2009)【映画】

堺雅人さん主演の映画『南極料理人』を観ました。理系研究者のちょっと変な感じとか、オフの過ごし方とかが良い雰囲気で、すごい共感できました。

ナイト ミュージアム2 (2009)【映画】

歴史も宇宙も美術も!世界最大の博物館が動き出す!!

アフタースクール (2008)【映画029】

『アフタースクール』鑑賞。再鑑賞でしたが、展開すっかり忘れてたのでまた騙されてしまいました。見事な伏線回収にスッキリ。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly