スーパーマン リターンズ (2006)【映画051】

      2014/10/31

あなたまで1秒。

スーパーマンリターンズ

『スーパーマン リターンズ (Superman Returns)』鑑賞。2006年アメリカ。ブライアン・シンガー監督。154分。

本作との出会い

先日 (2013/8/30) 公開されたスーパーマンの新作『マン・オブ・スティール』、面白そうですね。絶対観にいこう!て思っています。

で、その公開に合わせてテレビ放映された本作。未見だったので予習がてら観ることにしました。完全にテレビ局の思惑にハマってます笑。

『スーパーマン』シリーズって子供の頃当たり前のように一度は見たことあるはずですし、あのテーマ曲とかコスチュームとか基本設定とかのいろいろは、まあある種の「常識」として知ってるんですが、細かいところは全然憶えてないです。

実際に観てみるとけっこう知らないこともあって、かなり新鮮な感じで楽しむことができました。

作品情報

あらすじ

5年前、地球から忽然(こつぜん)と姿を消したスーパーマン(ブランドン・ラウス)は、自分の過去を探して宇宙を旅していた。しかし、故郷の惑星、クリプトン星が放射能に汚染された廃墟になっていると知った彼は、第2の故郷であるスモールビルのケント農場に帰還。そのころ、スーパーマン不在のメトロポリスでは犯罪が急増していた。

via: シネマトゥデイ

つーわけで何か地味に昔の作品の「続き」らしくて、ちょっとよくわからないところもけっこうありました。TV版でだいぶカットされてるってのも影響してたのかもしれません。

ドラマパートとかけっこう深そうな感じで、下手にカットしてるから返って退屈になっちゃってるんですけどちゃんと観たら面白そうだなあという気配が。

逆にアクションは見ごたえ十分で、もっとたくさんやってほしかったなあという感じです。

キャスト

知らない役者さんばっかりです。すごいB級感。

唯一のビッグネームは悪役レックス・ルーサーを演じるケビン・スペイシー。つかケビン・スペイシー出てるから観たくらいの勢いなんですが、もうちょっと見せ場が欲しかったなあという印象です。期待してたよりちょっとキャラが薄いかな。

主演のブランドン・ラウスはめちゃめちゃいいガタイしてます。あのカラダのデカさで抜擢されたんじゃないかくらいスーパーマン役にピッタリです。

一番気になったのはルーサーの恋人役のパーカー・ポージー。最初はビックリするくらいの馬鹿女かと思ってましたけど、なかなかのキーパーソン。キャラも立ってるし、表情だけでジワジワと心の動揺を表現する感じが面白かったです。

あとレインの息子役の子 (トリスタン・レイク・リーブ) もよかったです。

グッときたポイント

スーパーマンがマジでスーパーすぎる

スーパーマンが思ってたよりもスーパーで驚きました。鋼鉄のカラダだとか空飛べるとかは知ってましたけど、やっぱりスゴイです!

力の強さも飛ぶスピードも僕が思ってたより1.5倍くらいはスゴイ感じです。

あとなんかいろいろ技も持ってて、へえーそんなこともできるのか!てアクションの連続でした。

あまりにもスーパーすぎてスケール感に戸惑ってしまいます。何だか単純に1つの街の人命救助とか銀行強盗退治とかじゃ全然相手にならない感じで、それこそ地球規模の大天災なんかが似合うんじゃないかと思います。

今だったらそれこそ大震災とか原発事故とか絡めたら良い作品になるんじゃないかなあ。と思わずそんな妄想もしたくなっちゃうくらいあまりにもスーパーです。

つかバレるだろ笑

普段は新聞記者のクラーク・ケントとして生活しているスーパーマン。記者だからいろんな情報が入ってきて……て設定はよくできてるなあと思うんですが、つか正体バレるだろって話です笑。

バットマンもスパイダーマンも、ヒーローモードのときは変装して覆面とかで正体隠してますけど、スーパーマンは通常モードのとき変装してるってのは逆な感じでちょっと新鮮です。それもメガネと髪型だけってゆう。

同僚記者とのロマンスまであったりして、かなり関係も深いはずなんですが、何か「こいつひょっとしてスーパーマンなんじゃないか」みたいなことを周りは露ほども疑ってないんですよね。

他のヒーローものだと、あいつの正体誰なんだみたいな話は必ずあると思うんですけど、そういう件がまるでないです。正体がどうとかゆう発想自体がない雰囲気。

一応昔からのシリーズの続編て形なんで、そういう件はひと通り終わった後ってことなのかなあ。ただ、あまりにもスーパーすぎて、正体とかもうどうでもいいってゆう気は若干します。

単純に「あの脱いだ服どうすんの?」とか、野暮と分かっててもいろいろツッコミたくなる感じがすごい好きです。

レインの息子

レインの息子にまつわるエピソード。数あるドラマパートの中でも一番面白かったです。とゆうか、もっと出てきて活躍してくれてもよかったのになあと思います。

あんまり書くとネタバレになっちゃいますけど、この子の成長とかを絡めた続編は観てみたかったなあという気がします。

さいごに

スーパーマンのことって、知ってるようでけっこう知らないんだなあてことがよくわかりました。世界観だけでも十分楽しめますし、『マン・オブ・スティール』への期待が一層高まった感じ。良い予習になりました。

ちなみにですが、『マン・オブ・スティール』は全くの独立した作品です。話の流れはおんなじスーパーマンですが、新しいシリーズとしてまた最初っから撮り直しています。いわゆる「リブート」ってやつですね。はやく観たい!

まだ観てないのにアレですが、『マン・オブ・スティール』観てスーパーマン面白いなあと思った人には本作もオススメかなと思います。時間的には (たぶん) 「続き」になってる感じなので、是非。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。よろしければこちらをクリックしていただけると励みになりますありがとうございます。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2000年代の映画

ad

スポンサーリンク

  関連記事

シービスケット (2003)【映画063】

一度や二度のつまずきは誰にでもある。

モンスター (2003)【映画073】

なぜ、愛を知ってしまったんだろう。

ボーン・アイデンティティー (2002)【映画】

久しぶりに『ボーン・アイデンティティー (The Bourne Identity) 』を観ました。もう何度観てるか思い出せないくらい大好きなアクション映画です。

ワイルド・スピード (2001)【映画098】

太陽が沈むと、もう一つの世界が始まる……。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

no image

第9地区 (2009)【映画】

第9地区 [DVD] posted with カエレバ シャールト・コプリー ワーナー・ホーム・ビデ

トランスポーター2 (2005)【映画100】

危険のない、依頼のはずだった…。

96時間 (2008)【映画】

リュック・ベッソン製作の『96時間』を観ました。何も考えないで観れて、それなりに楽しめて、スカッとできるフレンチアクション、最高です。

アイ, ロボット (2004)【映画】

『アイ, ロボット』鑑賞。20年後なら十分あり得るんじゃないかと思えてしまう近未来。何年か前に観たときはまだまだ遠い未来に感じたんだけどなあ。原作も読んでみたいです。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly