今日もかき氷【完全版】(蒼井優)【読書】

      2014/07/17

涼感たっぷり!完全無欠のかき氷手帖。

今日もかき氷 蒼井優

蒼井優著『今日もかき氷【完全版】』読了。2013年CASA BOOKS。136ページ。

本書との出会い

蒼井優さんは大好きな女優さんです。でも彼女のすべてを把握したいとゆうような大ファンではなくて (つかそういう有名人は他にも思い浮かばない) 、観てる映画に出てると嬉しかったり、「蒼井優出てんなら観てみようかな」と思ったりする程度にフツーのファン、といった距離感です。

なので彼女の趣味嗜好はあんまり知らなくて、「かき氷の本を出した」てのを知ったときはちょっとピンと来ませんでした。「蒼井優」と「かき氷」てのが僕の中であんまりうまく結びつかない感じ。

つか「かき氷」て何だ?かき氷に対するイメージがあまりに浮かんでこなくて戸惑います。考えれば考えるほど気になってきて、本屋さんでパラパラと眺めてみて、気づいたら購入していました。

作品情報

内容

かき氷で暑気払い!東京、大阪、京都、名古屋のかき氷の名店はもちろん、ハワイ、鹿児島、日光、台湾、沖縄、秩父…、こんなに行っちゃいました!

via: オビ (裏表紙)

というわけで、蒼井優ちゃんが全国 (全世界というべきか?) 各地にあるかき氷の名店へ出かけていって、かき氷を食べまくるってゆう、ちょーシンプルな内容のフォトブックです。

『カーサ ブルータス』て雑誌で連載してた (してる?) 企画らしいんですが、詳しいことはよくわかんないです。

なんか前作があるらしく、それにハワイ、鹿児島、日光のお店を追加して「完全版」てカタチになったっぽいです。逆に前作から抜け落ちたお店があるのかとかも気になるところ。

いろいろと細かい部分はよくわかんないものの、この完全版自体はすげー面白くて良い本です。

グッときたポイント

美味しいは正義

大好物のかき氷を食べるときの蒼井優ちゃんのステキな笑顔、最高にカワイイです。やっぱり美味しいものを目の前にしたときは誰しも良い表情になりますね。美人さんならなおさら、より一層映る感じです。

僕はショートカット好きで、蒼井優ちゃんのことはむしろ髪切ってから俄然ファンになった口なので、やっぱり「ショートな蒼井優」のショットが好きなんですけど、いろいろと見てると髪長いころもステキだなあなんて思ったり笑。

つかこの本見てて思ったのは、お団子ヘアとか後ろ結びとかも好きで、ショートカット好きってよりは「おでこ好き」、「さっぱりまとまってる好き」なんじゃないかってことです。て本とは全然関係ない話でしたね、ハイ。

優ちゃんの顔が小さすぎて、かき氷のほうがデカイなんてことも!もう氷がデカイのか顔が小さいのかよくわからない感じになっちゃうくらいカワイイです。

ちょー奥深いかき氷の世界

かき氷にもいろいろある、てことは本書を読んで初めて知りました。つかそーゆう発想自体なかったのでホントにちょー勉強になりました。

氷の育て方から種類、削り方などこだわりポイントがいろいろあります。削り方にも刃の当て方やペース、氷の温度などなど、まさに職人芸の世界、ちょー奥が深いです。全然わかんないんですけどそーゆうマニアックな世界を垣間みることができるのはちょー好きだし面白いです。だいぶ興味出てきます。

沖縄では「ぜんざい」といえばかき氷のことだとか、鹿児島の「しろくま」とかも初めて知りました。

蒼井優ちゃんの知識もハンパなくてすげーです。お店の人とかなりコアなトークで盛り上がったり、ほぼ必ずと言っていいほど1つのお店で2個食べるし。ほんとに好きなんだなあ、てのがちょー伝わってきます。

ブログの教科書のような構成

かき氷という1つの、しかもかなりニッチなテーマに絞ってとことん書いてる、てのは人気ブログにも共通する構成です。

かき氷に関しては全くの素人なのに、好きすぎていろいろ調べて書いてくうちに詳しくなって、みたいなのもいいですね。

蒼井優さんはもともと有名人ではありますが、好きなことを好きって言いつづけたことでこの企画が出てきたんでしょうし、おかげでいろんなところのかき氷を食べにいける、てゆう本人にとってはかなり嬉しい状況を引き寄せたわけです。

こういうのって、何も有名人じゃなくても今ならブログとか使ってうまくいけば可能なんじゃないかなあて思います。こーゆう感じで好きなこと書き続けて有名人になったブロガーさんとかもたくさんいるわけですし。

僕もこうやってブログ書いてる端くれとしては、本書はいろいろとブログと似た部分、見習うべき部分が少なくないように思います。

キレイな写真にちょっとした文章、お店の基本情報、て作りが近いのもそうですが、見開き1ページに1店舗、んで時々特集的な感じで「遠出」する、とゆう本全体の構成がとっても見やすいですし、何よりもストーリーがあるのがいいです。

蒼井優さんの文章も、どうやってそのお店を知ったのか、なぜ行きたいと思ったのか、とゆう「自分」を絡めながら、お店のウリをうまく伝えていて素晴らしいなあと思います。

ネガティブなことは一切書いてない、てのも見習うべきポイント。もう全面的に「好き!」てのが伝わってきますし、読んでるだけで何だか楽しい気分になってきます。

さいごに

かき氷なんてもう何年も食べてなかったですが、本書を読んで俄然食べたくなりました。

多少涼しくなってきたとはいえ、まだまだ残暑厳しい日々。本書片手にかき氷屋さん巡りをして暑気払い、やってみようかなあ。

本書は「かき氷の布教活動」でもあるそうですが、これって少なくとも僕にはかなり成功してますね笑。

蒼井優ちゃんのファンはもちろん、そうでもないって人も、かき氷に興味ある人もない人も、いろんな人にちょーオススメな一冊です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。どっちか1つでもクリックしていただける嬉しいかぎり。ありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

古典力学の世界 電磁気学の世界【読書】物理学対話 (砂川重信)

ニュートン力学と電磁気学。古典力学的世界像ができるまで。

言葉の問題は重要だ【読書】戦争プロパガンダ 10の法則 (アンヌ・モレリ)

第一次大戦からアフガン空爆まで、あらゆる戦争に共通する正義捏造、自国正当化のからくり。

本気で5アンペア / 5アンペア生活をやってみた (斎藤健一郎) 【読書】365日の5アンペアライフ

3.11を忘れない。節電、足下からの脱原発と快適な都会暮らしを目指す日々を紹介。

僕がよく行く大好きな4つの本屋さん

そういえば街の本屋さんて見かけなくなったなあ。

人気作家の平凡な日常【読書】3652 (伊坂幸太郎)

伊坂のマル秘!

no image

ダース・ヴェイダーとルーク(4才) (ジェフリー・ブラウン)【絵本】

ダース・ヴェイダーとルーク(4才) posted with ヨメレバ ジェフリー・ブラウン 辰巳出版

no image

[当たった]みんなのしおり.jpから「スティーブ・ジョブズII」が届いた!

届いたなう。

料理と科学のおいしい出会い (石川伸一)【読書】科学が創造する「美味しい」

おいしい料理に必要なのは、料理人のウデだけじゃない!

ふたりの微積分 (スティーブン・ストロガッツ)【読書】

数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと。

pepita3 再訪 (井上雄彦)【読書】

『pepita』でガウディの足跡をたどった井上雄彦が、再びスペインの土を踏んだ。カタルーニャを旅し、

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly