劇場版チェブラーシカ (2010)【映画059】

      2014/12/02

ロシア生まれのパペットアニメ。

劇場版チェブラーシカ

『劇場版チェブラーシカ』鑑賞。2010年東宝。中村誠監督。63分。

遠い南の国から運ばれてきたオレンジの木箱に入っていた不思議な生き物。すぐ倒れてしまうところから、ばったり倒れるという意味の“チェブラーシカ”と名付けられる。最初はひとりぼっちだったチェブラーシカだったが、すぐにワニのゲーナと友だちになる。やがて2人は、サーカス団の入団テストに落ちて泣いている少女マーシャと出会う。

via: allcinema

以前からその存在だけは知っていたチェブラーシカ。カワイイものに目がないおっさんとしてはけっこう気になるカワイさだったのだが、動くとさらにカワイくてヤバかった。もう何かカワイすぎてちょっと泣きそうになるレベル。人間、ホントにカワイイものに出会ったときは泣くのかもしれない。

お話、とゆうほどのストーリーはなくて、ほのぼのとした情景を眺めてるだけでもう十分癒されてしまう。

チェブラーシカたちはすっごい陽気な感じなのに、何だかわからないけど全体的に哀しい雰囲気で、観てると泣きそうになる。でも嫌な感じはまったくしない。登場人物たちがあまりに純粋だからかなあ。

カワイイとか哀しいとかいろんな感情が混ざって押し寄せてきてすっごい不思議な感覚に浸れる。何だこれ、うまく言い表せない。

お友達のワニのゲーナが、動物園でワニのお仕事をしてる、てのが最高に面白かった。つかこのゲーナが主人公的で、チェブラーシカはちょこまかついてくる感じ (もともとの原作もそうらしい) 。脇で何かいろいろがんばってる感じがまた愛おしい。この2人の関係性ちょーステキ。

意地悪おばあさんのシャパクリャクも良いんだよなあ。三銃士のミレディをちょっと思い出した。悪い人じゃないんだよね多分。構って欲しいだけとゆうか。エンドロールがすげーよかった。

何気なくな感じでずーっと観てられそうな世界観。でも浸りすぎちゃうと抜けだせなくなりそうな危険な感じもちょっとする。あまりに居心地が良すぎるとゆうか。

良いなあチェブラーシカ。他の作品も是非観てみたい。

おわり。こーた ( @cota1Q82 ) でした。

劇場版チェブラーシカの作品情報

最後まで読んでいただきありがとうございました。当ブログのランキングはこちらで確認できます。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2010年代の映画 , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

365日のシンプルライフ (2013)【映画】

フィンランドからやってきた「人生で大切なもの」を見つけ出す365日のモノがたり。

イコライザー (2014)【映画】勧善懲悪デンゼル・ワシントン!

19秒で世の不正を完全抹消する。

猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉(2011)【映画】

これは人類への警鐘。

そして父になる (2013)【映画058】

6年間育てた息子は、他人の子でした。

オブリビオン (2013)【映画】

トム・クルーズ主演『オブリビオン (Oblivion) 』を観てきました。想像してたのとはちょっと違う雰囲気で、なかなか奥の深い内容。何か久しぶりに良い意味で裏切られて大満足です。

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

龍三と七人の子分たち (2015)【映画】ヤクザが演じる「笑い」の手本

金無し、先無し、怖いモノ無し!俺たちに明日なんかいらない!!

ベスト・キッド (2010)【映画】

あの伝説が北京で甦る!

あの日の声を探して (2014)【映画】人間の「弱さ」をあぶり出す「戦争」

泣きながら、生きる。

北のカナリアたち (2012)【映画088】

先生が島を追われた日、私達は歌を捨てた。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly