シービスケット (2003)【映画063】

      2014/10/31

一度や二度のつまずきは誰にでもある。

シービスケット

『シービスケット (Seabiscuit)』鑑賞。2003年アメリカ。ゲイリー・ロス監督。141分。

1929年10月、アメリカは株の大暴落で大恐慌時代に陥った。それまで自動車ディーラーとして成功を収めていたハワード (ジェフ・ブリッジス) は、皮肉にも最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった。そんな彼は1933年、運命的に出会った女性マーセラ (エリザベス・バンクス) と結婚。そして、乗馬の愛好家である彼女に影響を受け、競馬の世界に傾倒していく。やがて彼は、馬に人一倍愛情を注ぐ元カウボーイ、スミス (クリス・クーパー) を調教師として雇う。スミスは“シービスケット”と呼ばれる小柄で気性の荒いサラブレッドの潜在能力に目を付け、ハワードにその馬を購入するよう進言する。そして、誰もが手を焼くその馬の騎手に、気が強くて喧嘩っ早い男レッド (トビー・マグアイア) を起用するのだった。

via: allcinema

劇場公開時に映画館で観たのはもちろん、以降何度も観ている大好きな映画。実在の競走馬シービスケットの物語で、もうこれでもかってくらいに競馬の素晴らしい部分が全て詰まっている。

競馬の魅力って、それこそ一言では言い表せないくらいいろいろあるけど、一番は何だろうて考えたときに「馬がいる風景の美しさ」てのはもう何の説明もいらないくらい単純に素晴らしいよなあと思う。

牧場、調教コース、競馬場などなど、場所や状況によって風景の色合いはいろいろ変わるんだけど、どこだろうとそこに「馬がいる」ってだけで画になってしまう。本作はそーゆう美しい風景の数々を実に見事に映してて、ホントにステキだなあと思える。

競馬場のシーンは特に秀逸。レース中の興奮はもちろん、パドックでこれからレースに挑む緊張感から、勝利後の祝福や称賛といった熱狂まで、実際の競馬を観ているような一連の流れを体験することができる。

ストーリーは出来過ぎなくらいの感動ドラマだけど、こと競馬に関しては、これくらいの感動物語はわんさかあるので、そんなに嘘くさく感じない。

境遇的にはオグリキャップに似てるところもあるし、フィクションだけど所々『みどりのマキバオー』(大好き!) なんかと似たところもあるなあと感じる。

馬主、調教師、騎手の三者が公平に描かれているのも良いし、役者さんたちも落ち着いた芝居で、あんまり余計なことをしないので、とっても静かに進行する。

台詞も少なめだし、描写だけで話が進んでいくところもたくさんあって、ちゃんと観てないとちょっと置いてかれてしまうかもしれない。

調教師スミスを演じたクリス・クーパーが特に素晴らしい。もともと好きな役者さんだけど、いつもはちょい役や悪役が多いので、メインのいいひとなのは何だか嬉しい。

ハワードの妻エリザベス・バンクスもステキなんだよなあ。クライマックスの、レースを観たくないけど観たくなっちゃうところとか、競馬ファンの心情をホントによく表現してると思う。

実況アナウンサーのウィリアム・H・メイシーの胡散臭さも最高で、とってもいいアクセントになっている。

“アイスマン”を演じたゲイリー・スティーヴンス (実際の名ジョッキー!) はお芝居の素人とは思えない素晴らしい存在感。何気に一番おいしい役どころなんだよなあ。

とっても長い映画の中で、一番好きなシーンは何といっても「世紀の対決」。

スタートのベルから無音になって、レースに聞き入る人々の資料写真をバックに聞こえてくる実況が徐々に大きくなっていって、バックストレッチを疾走する2頭が映って……。何度観ても鳥肌が立つ素晴らしいシーン。

全編に渡ってちょー落ち着いた雰囲気だからか、盛り上がるレースシーンの興奮が凄まじいんだよね。やっぱり人生も映画もメリハリが大事なんだよなあ、なんてしみじみ。

美しい映像とともに暖かい感動を与えてくれる名作。

競馬が好きな人はもちろん、競馬のことはよく知らないって人にもちょーオススメ。競馬に興味を持つきっかけになりうる、とってもステキな映画だと思う。

おわり。こーた ( @cota1Q82 ) でした。

シービスケットの作品情報

最後まで読んでいただきありがとうございました。当ブログのランキングはこちらで確認できます。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2000年代の映画

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ファインディング・ニモ (2003)【映画046】

面白くてタメになる、親子で観るのにピッタリの映画。水族館に行きたくなります。

9デイズ (2002)【映画036】

『9デイズ』鑑賞。あんまり深く考えずに楽しめる理想的なアクション映画。名優2人の掛け合いが最高です。

そんな彼なら捨てちゃえば? (2009)【映画】

男子禁制のガールズ・トーク・ムービー!

フィクサー (2007)【映画025】

『フィクサー』鑑賞。ちょっとややこしくて地味ですが、落ち着いた雰囲気の大人なサスペンスを堪能できます。

ボーン・アルティメイタム (2007)【映画039】

『ボーン・アルティメイタム』鑑賞。最初っから最後まで突っ走りまくりなので疲れますが、確実に楽しめる鉄板シリーズ、完結編です。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ボーン・スプレマシー (2004)【映画】

『ボーン・スプレマシー』鑑賞。ボーン三部作の中でも一番好きな作品。後にも先にも本作を越えるスパイ映画ってないんじゃないかな。ぶつかりまくるカーチェイスは革命的。

300〈スリーハンドレッド〉(2007)【映画】

300人VS1,000,000人、真っ向勝負!

スラムドッグ$ミリオネア (2008)【映画】

映画『スラムドッグ$ミリオネア』鑑賞。「ミリオネア」というフォーマットを最大限に生かした、これ以上ないってゆうラストに思わずニヤリ。最高でした。良い映画です。

ナイト ミュージアム2 (2009)【映画】

歴史も宇宙も美術も!世界最大の博物館が動き出す!!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly