ミレニアム2 火と戯れる女 (スティーグ・ラーソン)【読書】

      2014/11/07

激動の第二部!

ミレニアム2 火と戯れる女 スティーグラーソン

スティーグ・ラーソン著『ミレニアム2 火と戯れる女』読了。ヘレンハルメ美穂・山田美明訳。2011年ハヤカワ・ミステリ文庫 (2009年早川書房) 刊。上515、下508ページ。

女性調査員リスベットにたたきのめされた後見人のビュルマンは復讐を誓い、彼女を憎む人物に連絡を取る。そして彼女を拉致する計画が動き始めた。その頃ミカエルらはジャーナリストのダグと恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、『ミレニアム』の特集号と書籍の刊行を決定する。ダグの調査では背後にザラという謎の人物がいるようだ。リスベットも独自にザラを追うが、彼女の拉致を図る者たちに襲撃された!

via: 裏表紙 (上巻)

スウェーデン発の世界的ベストセラーミステリ三部作の2作目。デヴィッド・フィンチャー監督で映画化もされた『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』の続編にあたる。スウェーデンで製作された映画もあるみたいだけど (リスベット役は『プロメテウス』のノオミ・ラパス。ちょっとイメージと違うなあ) 、僕は観ていない。

『ドラゴン・タトゥー〜』は (ハリウッド版の) 映画を観てから小説を読んだので、半分くらい答え合わせっぽい感覚だったけど、今回は全く知らないお話ってのもあって、100%ストーリーに集中して読むことができた。

前作ではどちらかというとミカエルがより主人公的だったが、今作を読むと、この三部作ホントの主人公はこのリスベットなんだ、てのがはっきりとわかる。

リスベットは前作から既にだいぶカッコいいのだが、今回はそれに輪をかけてカッコいい。それに前作では謎だった部分も徐々に明らかにされていくし、上下合わせて1000ページを越える長さも全く気にならないほど、一気に読むことができる。

女性目線なのは前作から共通したこのシリーズの大きなテーマだが、本作ではリスベット以外の女性キャラもみなことごとくカッコイイ。

ミカエルの恋人でミレニアム編集長のエリカ、リスベットの恋人ミリアム・ウー、女性刑事のソーニャ・ムーディグなどなど。それぞれのキャラクターに見せ場があるし、サイドストーリーもなかなか読み応えがある。

前半はすんげー長閑で、悠々自適に暮らすリスベットを眺めながら、読んでるこっちまで幸福感に包まれてしまう。何だかやっぱりそれなりに豊かな暮らしを手に入れてホントによかったね、なんて思ってしまったり。

『ドラゴン・タトゥー〜』は最初っから”事件” (それもちょー昔の) があって、それを調べてく、て構図だったけど、今作はとりあえず最初は何にも起きてなくて、でも何か起きそうな気配はあって、全く予想してなかったカタチでいきなり”事件”が起きて……、とゆう、前作の続きとは思えないような驚きの連続で進んでいく。

前半と後半で小説全体の雰囲気がガラッと変わる感じなのがただただスゴイ。長閑な前半と、ハラハラドキドキの後半。先が気になりまくる展開で、どんどん加速していく。

各部のタイトルやエピグラフが数学と関係してるのもカッコよくて、リスベットが読んでいる『数学のさまざまな側面』という本や、その中で登場する「フェルマーの最終定理」も小道具として出てきたり、数学ファンとしては嬉しい限りでとてもワクワクする。

『数学の様々な側面』は僕もぜひ読んでみたいなあと思って調べてみたのだが、どうやら架空の本らしい。いかにもありそうな感じで、細かいところまでよく作り込まれてるなあ。

前作は謎解き重視な内容だったが、今回はよりアクション色が増してるように感じた。スピード感が素晴らしい。

これは是非とも映像で観たいなあ。それも最高だった前作のスタッフ&キャストで引き続き作ってほしいところだけど……。

パオロ・ロベルト (実在のボクサー、スウェーデン版の映画では本人役で出演) とか”金髪の巨人”とか、ハリウッド版ではどんな配役になるのかあ。つか製作してんのかなあ。

さいごに

『1』と『2』は独立して楽しむことができたが、『3』はガッツリ『2』の続きっぽい、とゆうかすんごい中途半端なところで終わってしまう。

『1』と『2』の間は1年くらい空けてしまって、それでも全く問題なく物語に入っていけたのだけれど、『2』と『3』は続けて一気に読まないとわけがわからなくなりそうだなあ。どう決着するのかめちゃめちゃ気になる。『3』もちょー楽しみだー。

おわり。こーた ( @cota1Q82 ) でした。

kindleには上下合本版てのもあるみたい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)【読書】

キャッチーなタイトルと読みやすさは相変わらず素晴らしいですが……。それなりに感動できるけど驚くほど心に残らない。東野圭吾作品の「軽さ」は健在です。

愛について語るときに我々の語ること (レイモンド・カーヴァー) 【読書】酔いながら音楽を賞でるように

そぎ落とされた表現とミステリアスなタイトル。作家カーヴァーの独自性を刻印し、80年代アメリカ文学にカ

マリアビートル (伊坂幸太郎) 【読書】なぜ人を殺してはいけないのか

2時間30分のノンストップ最強エンタテインメント!

がんばらないために、がんばる。

伊坂幸太郎さんの『あるキング』を読んで、「がんばる」ってことについてちょっと考えてみました。

恋文の技術 (森見登美彦)【読書】

書きたまえ、送りたまえ!

清須会議 (三谷幸喜)【読書】

日本史上、初めて会議で歴史が動いた瞬間。誰が最後に笑うのか?

山賊のむすめローニャ (アストリット・リンドグレーン)【読書】

リンドグレーンの名作ファンタジー!

DIVE!!〈ダイブ〉1 前宙返り3回半抱え型 (森絵都)【読書】

わずか1.4秒の空中演技。高さ10メートルの飛込み台から、時速60キロでDIVE!!

予知夢 (東野圭吾)【読書】

君が生まれる前から僕たちが結ばれることは決まっていた。

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (スティーグ・ラーソン)【読書】

世界中に旋風を巻き起こした驚異のミステリ三部作、ついに完結!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly