予知夢 (東野圭吾)【読書】

      2014/07/17

君が生まれる前から僕たちが結ばれることは決まっていた。

予知夢 東野圭吾

東野圭吾著『予知夢』読了。2003年文春文庫 (2000年文藝春秋) 刊。270ページ。

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か……。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

via: 裏表紙

とゆうわけでガリレオシリーズ2冊目の短編集である。『探偵ガリレオ』同様、本書もドラマの1stシーズン開始前に読んで以来の再読。

内容は例によってすっぽり忘れていたのだが、読んでる間にじわじわと思い出してくる作品もあったりして、タイトル通りの「予知夢」を見ているような感覚で読むことができた。『探偵ガリレオ』と読んだ時期はほとんど同じだし、本作がそれだけ印象的だった、てことなのかもしれない。

『夢想る〈ゆめみる〉』『霊視る〈みえる〉』『騒霊ぐ〈さわぐ〉』『絞殺る〈しめる〉』『予知る〈しる〉』の5篇。

前作の『離脱る〈ぬける〉』も含めて何だか似たような感じの作品が多くてちょっとネタ切れ感はある。それに「科学関係なくね?」て話もだんだんと増えてきたような気もするが、湯川先生の論理展開は相変わらずカッコイイし、似たようなテーマでも細かいところの違いで十分楽しめる。

最初のころはけっこう協力的だった湯川先生も、霊的でオカルトチックなネタばっかり持ち込まれて徐々に嫌になってきている。そのあたりの地味な変化も何だか楽しい。

5篇のなかでお気に入りなのは『絞殺る』かなあ。オカルト色がほとんどないところが良い。やっぱり前振りが幽霊とかだとあまりに安直な感じがして入り込めないんだよなあ。

あと『絞殺る』や『予知る』なんかはちょっと変わった終わりかたなのも何だか印象的だった。近作の湯川先生は「犯罪はやっぱりダメ」てスタンスだけど、この頃は「まあトリックがわかれば良いじゃん」て感じでそんなに厳しくないというか。でもそんなところに人間味があるような感じもして何だか面白い。

ドラマ版は何だか細かいところけっこう変わってるっぽいみたい (あんまり覚えてない) だし、そのあたり比較して読むのも面白いかもしれない。

ボリュームも程よいし、サクッと読めて楽しめる東野さんらしい作品。長編も良いけどやっぱり短編だなあガリレオは。

おわり。こーた ( @cota1Q82 ) でした。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

no image

真夏の方程式 (東野圭吾)【読書】

その夏、少年が出逢ったのは、〈博士〉だった__。

容疑者Xの献身 (東野圭吾)【読書】

運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。

犬神家の一族 (横溝正史)【読書】

「斧・琴・菊」は、「良き事聞く」。

no image

マスカレード・ホテル (東野圭吾)【読書】

やっとこさ読み始めたら、面白いんで最後まで止まりませんでした。 マスカレード・ホテル posted

禁断の魔術 (東野圭吾)【読書】

湯川が殺人を?

ペンギン・ハイウェイ (森見登美彦)【読書】

森見登美彦さんの小説『ペンギン・ハイウェイ』を読みました。森見さんの小説を読んだのは初めてでしたが、これまで味わったことのない不思議な感覚で面白かったです。kindleとの相性も良い感じでした。

カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)【読書】

キャッチーなタイトルと読みやすさは相変わらず素晴らしいですが……。それなりに感動できるけど驚くほど心に残らない。東野圭吾作品の「軽さ」は健在です。

ジグは治具というよりは『jig』だとガリレオ先生に教わった

まあ間違えではないのですが、10年間くらいずっと「治具」だと思ってました。

真夏の方程式 (東野圭吾) 【再読】

東野圭吾著『真夏の方程式』再読。映画を観たらまた読みたくなったので再読しました。何度読んでもやっぱり面白いです!

がんばらないために、がんばる。

伊坂幸太郎さんの『あるキング』を読んで、「がんばる」ってことについてちょっと考えてみました。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly