モンスター (2003)【映画073】

      2014/10/31

なぜ、愛を知ってしまったんだろう。

モンスター

『モンスター (Monster)』鑑賞。2003年アメリカ・ドイツ。パティ・ジェンキンス監督。109分。

1986年、フロリダ。ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果て、自殺する覚悟を固めたアイリーン・ウォーノス (シャーリーズ・セロン) 。有り金の5ドルを使い果たそうと飛び込んだバーで、彼女は一人の女性セルビー (クリスティーナ・リッチ) と運命的な出会いを果たす。同性愛の治療を強制されフロリダにやってきたセルビーもまた自分と同じように社会からの疎外感を抱いて生きていた。初めて自分を偏見なく受け入れてくれる人物と出会ったと感じたアイリーンは、“一緒に暮らそう”と提案する。しかしそのためにお金が必要になった彼女は、再び客を取るため道路脇に立つのだったが…。

via: allcinema

シャーリーズ・セロンが『モンスター』とゆう映画でアカデミー主演女優賞を獲ったとき、「ちょっとキレイな女優さんが太ったり痩せたりすると、簡単に賞あげちゃうんだなあ」なんて思ったものだ。

何だかキレイな人はキレイなまま観たいほうだし、何もわざわざ醜い姿はちょっとなあ、と思ってずーっと興味を持てない作品だったのだが、何だかちょっと気になったので観てみることにした。何だろ、最近『凶悪』を読んだり観たりした影響で、「殺人鬼の内幕」みたいのが気になったのかな。

シャーリーズ・セロン!

とゆうわけでシャーリーズ・セロンの変身である。

ただ太っただけじゃない、てのがちょっと観ただけですぐに分かって、「何だか浅はかでごめんなさい」て感じだった。そんくらい素晴らしすぎる変身で、もうこの人の女優魂的な部分がモンスターだなあと思った。

特殊メイクやら体型やらで醜く (あるいは美しく) 変身するタイプの映画って他にもたくさんあるけど、そーゆう見た目的なところ以外でいかに醜くなれるか、てのが役者の腕の見せどころ。

何とゆうか特に女優さんの場合、その内面から滲み出ちゃう美人ぶりをいかに消し去れるかがポイントとゆうか、やっぱり特殊メイクでどんだけ醜くなってても、佇まいや仕草に美しさが現れてしまうもの。本作のシャーリーズ・セロンの芝居はそーゆう内的な美しさをカンペキに封じ込めててすげーて思った。

落ち着きのない動き、下品な表情、いかにも育ちの悪そうな歩きかた、などなど、演じてて頭おかしくならんかったんだろうかと心配してしまうほど、役になりきってしまっている。

顔面の特殊メイクもけっこう強烈で、眉毛が薄いのと歯の汚さはかなりポイント高い。欧米人は歯の矯正にかなり気を使うってゆうけど、これ観るとなるほどなあと思える。

何だかほとんど誰が演じてんだからわかんないくらい別人まくるシャーリーズ・セロンは全面的に素晴らしいんだけど、やっぱり美人な彼女が観たいなあと僕は思ってしまった。

モンスターはだれ?

タイトルの「モンスター」てのは一体誰のことを指しているのだろう、てことを考えてしまう映画でもある。

殺人鬼に身を落としていくアイリーンはある意味わかりやすいんだけど、何だかそんな恐ろしい行為を先導しているかのようなセルビーもかなり怖い。

このセルビーを演じたクリスティーナ・リッチって、もう目つきからして何だか怪しげなんだよね。子役の頃はCM (『アダムス・ファミリー』。懐かしい!) とかでよく観たけど、あの頃からあんまり変わってないよなあ。僕よりちょっと年上なのに……。あーでもこの映画の頃はまだハタチそこそこか、今はさすがにもうちょっと老けてんのかなあ。

何だか「殺人鬼」って圧倒的に男が多くて、女性ってのはけっこう珍しいような気がする。いないわけじゃないけど、女の場合はこのアイリーンみたいにちょっと同情できる部分もあったり、何だか必要に迫られて的な感じが強いとゆうか、目的は別にあって、気づいたらたくさん殺してました的な感じがほとんどなんじゃないかなあ。

まあ目的っていっても結局はお金だったりなわけだけど、殺人そのものを愉しむ、みたいに変態的なのは大概男だよね、何でなんだろうか。

アイリーンの最初の殺人もそんな変態野郎から身を守ろうとしたわけだし、「イチおとこ」である僕としては何だかそんな男の愚かさとゆうか、アイリーンのような女を産んでしまった男の浅はかな欲、みたいな部分も「モンスター」なのかなあ、なんて思ったりした。

さいごに

ちょろっと「同情できる部分もある」なんて書いたけど、後から思えばって話で、観てるときは全くそんな気分にはならなかった。

あーバカだなあ、とは思ったけど。「好きな人のために罪を犯す」みたいな愚かさは、ちょっと男性的な感じもする。つかなるほどだから同性愛なのか、て今気づいて何だかエライ納得。

本作を観たら美しいシャーリーズ・セロンもぜひ。『ミニミニ大作戦』とか『イーオン・フラックス』とか楽しいし好き。本作の雰囲気と比較してみると面白いかも。

おわり。こーた ( @cota1Q82 ) でした。

iTunesはこちら → モンスター(字幕版)

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2000年代の映画

ad

スポンサーリンク

  関連記事

チャーリーズ・エンジェル (2000)【映画067】

セクシーに知的にパワフルに。

シービスケット (2003)【映画063】

一度や二度のつまずきは誰にでもある。

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003)【映画102】

正義を守ると、愛が死ぬ。

南極料理人 (2009)【映画】

堺雅人さん主演の映画『南極料理人』を観ました。理系研究者のちょっと変な感じとか、オフの過ごし方とかが良い雰囲気で、すごい共感できました。

ハングオーバー! (2009)【映画】

昨日の記憶が、全くない!?

アイ, ロボット (2004)【映画】

『アイ, ロボット』鑑賞。20年後なら十分あり得るんじゃないかと思えてしまう近未来。何年か前に観たときはまだまだ遠い未来に感じたんだけどなあ。原作も読んでみたいです。

ワイルド・スピード (2001)【映画098】

太陽が沈むと、もう一つの世界が始まる……。

北の零年 (2005)【映画087】

刀を捨てたサムライ。夢を信じることが、最後の武器だった。

モンスターズ・インク (2001)【映画031】

『モンスターズ・インク』鑑賞。「会社」の仕組みが実にうまく映画に活かされています。エネルギー問題についても考えさせられてしまいました。

容疑者Xの献身 (2008)【映画024】

『容疑者Xの献身』鑑賞。めちゃめちゃ面白くて大好きな原作ですが、映画版にもまた違った良さがあって好きです。堤真一さんが素晴らしい。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly