僕がよく行く大好きな4つの本屋さん

      2014/02/14

そういえば街の本屋さんて見かけなくなったなあ。

20131130 朝日新聞be

2013年11月30日付の朝日新聞「be」に、「わたしの好きな本屋さん」というアンケートが載っていました。

僕も本屋さんは大好きで、2週間くらい行かないと不安な気持ちになるくらい。そーゆうときに「本屋さん充」するために定期的に通っている、お気に入りの本屋さんを3軒ほどご紹介します。

あおい書店中野本店

我が街中野の本屋さん。近所だし一番頻繁に利用してるお店です。

2フロアのかなり巨大な本屋さんで、そこそこの本はここでゲットできてしまいます。

買いたい本がなくてもふらっと立ち寄って新刊をチェック。週イチくらいの頻度で来てるので、新しい本が入ったかどうかはさっと目を通せばすぐわかります。

見ていく経路もだいたいいつもおんなじで、正面から入ってまずは新刊コーナーをざっとチェック。その後レジ前方のビジネス書コーナーをウロウロしたら、新書・文庫コーナーへ。

その後2Fへ上がって、PC関連本から理工書コーナーをひと通り眺めていくという流れ。マンガコーナーも充実してるみたいですが、怖くてあんまり踏み込めません笑。

営業時間は朝10時から夜11時とかなり遅くまでやってるのも嬉しいですね。

難点はというと、かなり広い本屋さんのわりに検索機がないことと、レジで待たされることが多いことかな。あとカバーがけっこうダサい笑。

でも街の本屋さんがそのまま大きくなったような、ちょっと垢抜けない感じが中野らしくていいなあと思います。

あおい書店

ブックファースト新宿店

隣町新宿で今一番お気に入りの本屋さん。

新宿は書店激戦区 (とゆうか何でも激戦区か) らしく本屋さんもたくさんあります。僕の本屋さん遍歴はかなり紆余曲折があって、10年くらい前最初好きになったのは紀伊国屋南口店。けどいつだったかフラッとジュンク堂へ行ってから一発で虜になって以降通いまくりました。でも残念ながら閉店。

それからは紀伊国屋本店とかブックファーストルミネ店とかにちょこちょこ行ってたんですが、何年か前にこのブックファースト新宿店ができてからはほとんどこのお店一本で通っています。

新宿に寄ったら何だか立ち寄らないと落ち着かないほどにお気に入り。このお店も夜遅く (11時) まで営業してますね。

ここも経路はだいたいいつも決まってて、まずは新刊コーナーを単行本 → 文庫・新書の順にチェック。

その後下のフロアへ降りて、ビジネス書 → PC・理工書コーナーと巡っていきます。

あと併設の「タリーズ」にもだいたい寄ります。だいたいいつも混んでるんでもうちょっと広いと嬉しいんだけどなあ。それと本屋からタリーズへのアクセスがかなーりわかりにくいです。しょっちゅう来てるのにいつも「あれどうやっていくんだっけ」てなります。

けど本屋さん全体も含めて広大すぎる迷路みたいになってるところも、何だか「ただいる」だけで楽しいステキ空間です。

新宿西口の書店ブックファースト新宿店|店舗のご案内

蔦屋書店代官山店

代官山へ行くと必ずといっていいほど立ち寄る本屋さん。

はじめて行ったときは人多すぎて「うげ」て思ったんですが、2度目のときはたまたまなのかわりと空いてて、ゆったり店内を回ったらじわじわ好きになってしまいました。

「よく行く」というほどには行ってないですし、このお店も迷路みたいな作りになってるのですぐ迷子になってしまいます。でもそうやって店内をウロウロしてると「偶然の出会い」があって楽しいです。ついつい長居してしまいます。

内部にカフェもあるし、なんだか本気で「住みたい」感じの本屋さん。いつかここで、ゆったり読書なり勉強なりして一日過ごす、なんてことやってみたいなあ。

代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE

Amazon

「あおい書店」を一番頻繁に利用してるなんて書きましたけど、実のところホントに一番見てるのは「Amazon」です。

もう言い過ぎでも何でもなく毎日一回は「行ってる」んじゃないかと思います。

kindleのセールなんかやってるとついつい買っちゃうんですよね。実体がないから本を買った感覚があんまりなくて、積読がどんどん溜まってしまうのが難点といえば難点なのですが……。

でも紙の本を買うことはほとんどないです。

何だか書籍そのものはリアル書店で買いたいという意地みたいなものがあって、上に挙げた本屋さんや、他の書店も含めて手に入るまでけっこう探し回ったりします。どーしても見つからないときだけAmazonに注文するんですが、そーゆうときはちょっとだけ敗北感があるんですよね。

電子書籍以外では、雑貨を買うことが多くて、本屋さんとはちょっと違うかな、といった距離感です。

Amazon.co.jp: 通販 – ファッション、家電から食品まで【無料配送】

さいごに

子供のころ入り浸ってた街の本屋さんて、もうなくなっちゃったんですよね。ちょっと寂しい。

何だか子供のころも本屋さんでひたすらマンガ本立ち読みしたりしてましたし、少ない小遣いでどの本買うか散々迷ったりしてて、何だかんだ本屋さんで過ごす時間が長かったような気がします。今も興味ある本が変わっただけで、やってることは大して変わってないなあなんて思ったり。

あなたの好きな本屋さんはどんなところですか?

おわり・本好きで本屋さん好き・こーた ( @cota1Q82 ) でした。

 -その他の読書

ad

スポンサーリンク

  関連記事

本気で5アンペア / 5アンペア生活をやってみた (斎藤健一郎) 【読書】365日の5アンペアライフ

3.11を忘れない。節電、足下からの脱原発と快適な都会暮らしを目指す日々を紹介。

マイベストブック!〜2015上半期〜

昨日の [映画振り返り] につづき、上半期の読書を振り返ります。

伊坂幸太郎さんの本棚

伊坂幸太郎さんのエッセイ集『3652』[感想] で言及される本 (や映画) の中で、気になるものをピ

料理と科学のおいしい出会い (石川伸一)【読書】科学が創造する「美味しい」

おいしい料理に必要なのは、料理人のウデだけじゃない!

結晶とはなにか (平山令明)【読書】

美しさと純粋さの秘密に迫る。

カレーの海で泳ぎたい (続木義也)【読書】

一日1カレーでインドが見えてくる。

レバレッジ・リーディング (本田直之)【書評】

本田直之著『レバレッジ・リーディング』読了。あまり本を読まない人に向けて書かれた本です。僕も乱読派なので共感できる部分がたくさんありました。斜め読みも悪くない、というのは新たな発見です。

マイベストブック2014!

2014年の読書を振り返ります。今年はあんまり読めなかったなあ。

人気作家の平凡な日常【読書】3652 (伊坂幸太郎)

伊坂のマル秘!

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア (ジェフリー・ブラウン)【絵本】

『スター・ウォーズ』のパロディ絵本『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』を読みました。前作より生々しくて、父と娘の距離感などいろいろと考えさせられてしまいました。笑えるけど複雑です。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly