あなたへ (2012)【映画077】

      2014/12/02

大切な想い 大切な人に 届いていますか。

あなたへ

『あなたへ』鑑賞。2012年東宝他。降旗康男監督。111分。

北陸・富山の刑務所で指導技官を務める倉島英二 (高倉健) のもとにある日、亡き妻・洋子 (田中裕子) からの絵手紙が届く。そこには、“故郷の海を訪れ、散骨してほしい”と記されていた。お互いに理解し合っていたと思っていた英二には、妻がなぜ生前に言わずに、このような形で伝えようとしたのかが分からない。英二はその真意を知るためにも、妻の願い通り彼女の故郷・長崎を目指すことに。本当ならば妻と旅行するために準備していた手製の改造キャンピングカーに乗り込み、いざ富山を後にする英二だったが……。

via: allcinema

高倉健さん6年ぶりのにして今のところ最新の主演映画。大滝秀治さんの遺作でもある。上記↑のようなストーリーだが、まあ筋はあってないようなものである。

いろんな風景の中の高倉健を、ただひたすら撮っているような映画だ。

おじいさんのロードムービー

「ロードムービー」てのは大体いい話なのでわりかし好きで、中でも孤独な老人が旅する作品てのはだいたい面白い。

アンソニー・ホプキンスの『史上最速のインディアン』てのもじいさんのロードムービーだったけどかなり好きな作品。

旅先での出会いふれ合い別れが描かれるわけだけど、老人だとだいたい優しくしてもらえるしね笑。

劇中でビートたけしさんが言う旅と放浪の違い、てのはなるほどなあと思うんだけど、何だろ、放浪したいなんてことを思いつくのはだいたいがお金も時間も余ってる老人なんだよなあ。それもだいたい男だよね。

健さんを老人呼ばわりするのは甚だ失礼、とゆうよりはとても80を過ぎてるとは思えないくらい若々しくて、若干年齢不詳ではあるんだけど、何とゆうか老年の放浪、て構図はとてもよく似合っている。

ついでに言うと、亡き妻役の田中裕子さんも年齢不詳とゆうか、ちょっと異常なくらい可愛らしい。健さんとは親子でもおかしくない年齢差だけど、年齢不詳同士だからか、何だかちょうどいい感じになってるから不思議。

大滝秀治さん!

旅先でいろんなひとと出会う健さん。中にはその役者さんじゃなくてもよくね?てくらいちょい役のひとも混じってるのだが、概ね名優揃いだし、次は誰が出てくるのかなあなんて思って観てるとなかなか楽しい。

たけしさんとのツーショットは間合いが絶妙で、ふたりのやり取りをずっと観ていたいと思うし、佐藤浩市さん (大好き!) は存在感がすごすぎて、こいつはゼッタイなんかあるなと思ってしまう。

でもでも、それにも増して圧倒的な存在感なのが大滝秀治さん。登場シーンの画が素晴らしすぎて、健さんの佇まいを凌ぐほど。現れた瞬間から海の老人ぶりがハンパない。

遺作でもあるし、集大成とも言える大滝さんの役者ぶりを観るだけでも十分楽しめる作品だと思う。

さいごに

高倉健さんの主演作って200本以上あるけど、まともに観たのって数えるほどしかないなあ。若い頃のすごかった健さんを知らないから、ちょっとピンとこない感じはあるのかも。

ラストシーンは何だか良い話っぽくまとめてるけど、ちょっとやりすぎかなあとゆう気がする。あと全体的にCGの使いかたが下手くそで、せっかくの佇まいが台無しになっちゃってるんだよなあ。

健さんが映画に出るのってこれが最後になっちゃうのかなあ。ちょっと残念な気もする。がむばってもう一本くらい出てくんないかなあ。

そのまえに僕は健さんの復習をしとかないと。

おわり。『新幹線大爆破』を観たい・こーた ( @cota1Q82 ) でした。

iTunesはこちら → あなたへ

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2010年代の映画 , , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

コクリコ坂から (2011)【映画】

スタジオジブリの映画『コクリコ坂から』を観ました。明るさと暗さのバランスが絶妙な、とてもステキな雰囲気の物語でした。

体罰、ダメ。ゼッタイ【映画】セッション (2014)

アカデミー賞が飛び付いた才能と狂気。

スティーブ・ジョブズ1995 〜失われたインタビュー〜 (2011) 【映画057】

もうすぐ三回忌。

思い出のマーニー (2014)【映画】

あなたのことが大すき。

グッド・ストライプス (2015)【映画】共感を斥ける平行線

わたしの人生には、たいしたドラマなんて起こらないはずだった。

100歳の華麗なる冒険 (2013)【映画】

100歳になっても未来は予測不可能。だから人生はおもしろい!

フランシス・ハ (2012)【映画】

ハンパなわたしで生きていく。

誰よりも狙われた男 (2014)【映画】

その瞬間、世界の全てが敵となった。

トランセンデンス (2014)【映画】

もし、コンピュータに科学者の頭脳をインストールしたら__。

GODZILLA ゴジラ (2014)【映画】

世界が終わる、ゴジラが目覚める。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly