ガリレオの苦悩 (東野圭吾)【読書】

      2014/07/17

論理の短篇!

ガリレオの苦悩 東野圭吾

毎月1冊くらいのペースで東野圭吾さんのガリレオシリーズを読み直しています。長篇を逆順に読んできて、今は短篇を1作目から読んでいるところです。

で、今月は『ガリレオの苦悩』を再読しました。短篇としては3冊目、シリーズ通しては4, 5冊目 (長篇の『聖女の救済』と同時刊行) にあたります。

刊行年は2008年。発売と同時に購入してすぐ読んだので、以前読んだのはもう5年も前、てことになりますね。けっこう経ってるなあ。それにしてはわりと内容を覚えていました。

前の2作 (『探偵ガリレオ』と『予知夢』) は自分でもビックリするくらい忘れてたんで、ちょっと意外でした。読んだ時期は大して変わらないはずなんだけどなあ。

いくつかのおはなしは、今年放送されたドラマ (セカンドシーズン。2013年4-6月期) の原作にもなっていて、それで核となるトリックはけっこう覚えていた、てのはあるかもしれません。

収録されているのは『落下る〈おちる〉』『操縦る〈あやつる〉』『密室る〈とじる〉』『指標す〈しめす〉』『攪乱す〈みだす〉』の5篇です。長さがまちまちで、『操縦る』と『攪乱す』はちょい長めの中短篇みたいな扱い、他の3つはいつも通りの短篇、といった趣きです。ぼくは短いほうが無駄がなくて好きです。

『密室る』『指標す』『攪乱す』はセカンドシーズンで、『落下る』『操縦る』は『ガリレオφ』とゆうスペシャルドラマでそれぞれ映像化されています。

前作までは基本的に、草薙刑事が厄介な事件を湯川に相談しにくる、とゆうスタイルでしたが、今作あたりから、容疑者が知り合いだったり偶然巻き込まれたり、とゆうケースが増えています。

名探偵の周りでは殺人事件が起きやすい、名探偵の掟 (東野さん自身がそのものズバリな小説を書いてますね笑。読んでないですけど) とゆうか、マキコミの法則とゆうか。『容疑者Xの献身』からの流れもあるんであれですけど、つか知り合いに殺人者多すぎだろ、と思わずツッコミたくなってしまいます。

それと、『探偵ガリレオ』や『予知夢』では顕著だった「オカルトや超常現象を科学的に解決する」とゆうスタンスが、若干薄れてきてるのも特徴かなと思います。

オカルトっぽいのは『指標す』くらいかなあ。まあ結局のところ、このおはなしが一番面白いんですけどね。よくよく見たら表紙にもなってますし。今の今まで気づきませんでした!

「超常現象 vs. 科学」みたいなおはなしは実のところあんまり好きじゃないんですが、そーゆう対立構造をあんまり感じさせないのがガリレオの好きなところだったりもします。

んでやっぱりオカルトっぽい話が出てこないと、「それ別に解くの科学者じゃなくてもよくね?」てなっちゃいますし、やっぱりガリレオ本来の土俵っぽい感じはします。

容疑者も科学者だと、ただの「科学 vs. 科学」になっちゃいますからね。それだったら本来の研究を舞台にした闘い、それこそ本物の科学史を読むほうが遥かに面白いですからね。わざわざ犯罪を巡って闘わなくてもいいだろう、なんて思ってしまいます。

あとあと、湯川の変人ぶりもだんだんマイルドになってきています。相手が内海刑事に変わったからかな。草薙はもともと友人ですし、お茶目な部分だったり、真に変人的な素の部分もけっこう簡単に見せるんですけどね。やっぱり相手が女性だと、それなりによそ行きにはなるよなあ。

ただ以前までは「ちょっとおかしな科学者」てだけだったのが、本作あたりからじわじわと湯川自身の科学観、のようなものが語られはじめるのは面白いですね。この傾向はさらにシリーズが進むにつれて、どんどん顕著になってくような気がします。

そーゆう意味で本作は、シリーズのちょっとした転換点、といえるのかもしれません。

さーて、ガリレオ再読の旅もあとは最新の短篇2冊を残すのみ。やっぱり短篇のが読みやすくて好きだなあ。「読んだ感」が大きいのはもちろん長篇なんですけどね、つかまあどれも面白いから再読してんですけど笑。

おわり。こーた ( @cota1Q82 ) でした。

ぼくは単行本で読みましたが、今では文庫化 (2011年文春文庫) されています。改訂はしていないはずですし、値段的にそちらのほうがお得です。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)【読書】

キャッチーなタイトルと読みやすさは相変わらず素晴らしいですが……。それなりに感動できるけど驚くほど心に残らない。東野圭吾作品の「軽さ」は健在です。

緋色の研究 (コナン・ドイル)【読書】

シャーロック・ホームズ、デビュー戦!

清須会議 (三谷幸喜)【読書】

日本史上、初めて会議で歴史が動いた瞬間。誰が最後に笑うのか?

有頂天家族 (森見登美彦)【読書】

阿呆の血のしからしむるところ。

聖女の救済 (東野圭吾)【読書】

おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦)【読書】

キュートな乙女と一途な先輩にどうか、幸ありますように!

no image

博士の愛した数式 (小川洋子)【読書】

博士の愛した数式 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 小川 洋子 新潮社 2005-11

ペンギン・ハイウェイ (森見登美彦)【読書】

森見登美彦さんの小説『ペンギン・ハイウェイ』を読みました。森見さんの小説を読んだのは初めてでしたが、これまで味わったことのない不思議な感覚で面白かったです。kindleとの相性も良い感じでした。

真夏の方程式 (東野圭吾) 【再読】

東野圭吾著『真夏の方程式』再読。映画を観たらまた読みたくなったので再読しました。何度読んでもやっぱり面白いです!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly