デュベル・トリプルホップ (ベルギー) 日本のホップも加わった悪魔のビール

      2014/02/14

おなじみ悪魔のビールに日本のホップ!

デュベルトリプルホップ

定番のベルギービール『デュベル (Duvel) 』の2013年限定商品『デュベル・トリプルホップ (Duvel Triperl Hop)』を飲みました。

強いのに飲みやすいことから「悪魔」 (英語のdevilですね) という名前がついたとゆう、何とも危険なビールです。今回はその限定商品。

デュベルトリプルホップ ラベル

ラベルに悪魔が描かれてるわけでもなく、王冠のロゴなんか普通にカッコいい感じです。油断させる作戦か?

デュベルトリプルホップ フタ

ゴールドなフタもステキです。

IMG 5561

1918年以来、長年守り続けたデュベル醸造所レシピに手を加え特別に醸造した限定商品。原産地の異なる3種類の最高級ホップを使い、ドライホッピングによる苦味が効いた味わいと豊かな香りが特徴。今年のホップは毎年同じ、ザーツ・スティリアンゴールディングに加え、日本で生まれたソラチエースが使用されています。

調べてみたところ、ザーツはチェコ、スティリアンゴールディングはスロベニアの原産みたいです。

どれくらいすごいことなのかはわからないですが、日本のものが世界のビールに使用されてると思うとちょっと嬉しいですね。

IMG 5560

ラベルにもちゃんと「ソラチエース入ってるよ」印!日本販売用だからなのかな?

IMG 5564

早速飲みましょう。細かい泡!

IMG 5565

薄い黄金色が爽やかな雰囲気。いただきまーす!

見た目通り爽やかな口当たり、ですが直後にガツンとした苦味がやってきます。柑橘系の強い苦味で、辛い感じではないんでキツさはないです。苦いのに飲みやすいとゆうちょっと不思議な感覚。

日本のビールにちょっと近い感じなのは、ソラチエースと関係あんのかなあ?スイスイと飲めてしまいます。

でもよくよく見るとアルコール分は9.5%とかなり強めです。グラス一杯飲み終わった頃に酔いが襲ってきます。これが悪魔たる所以かあ、恐れ入りました。

爽やかに飲んでたのにいい感じに酔っ払えるのも何か不思議な感覚で、ちょっと病みつきになっちゃいそうです。久しぶりに普通のデュベルも飲みたくなっちゃいましたし、今度は飲み比べしてみようかなあ。

ごちそうさまでしたー!

 -ビール

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ブリュッセル・レッド・フルーツ (ベルギー) フルーティーを突き抜けたフルーツビール

ベルギー産のフルーツビール『ブリュッセル・レッド・フルーツ』を飲みました。

リニューアルした一番搾りスタウト (キリン) を飲んだよ!

一番搾り製法が引き出す、深いコクと華やかな香り。

アサヒスーパードライ ドライプレミアム

贅沢なコクとキレ。

ウォルターズ ピルスナー (ドイツ) を飲んだよ!ドイツ直輸入の正統派ビール

苦さひかえめ、フルーティーでなめらかなのどごし。

こしひかり越後ビール (エチゴビール)

“新潟”の素材にこだわったビール!

スピット・ファイアー (イギリス)

イギリスビールの『スピット・ファイアー』を飲みました。苦味がとても強いエールビール、美味しいです。

プレモルのオマケで貰ったステンレス保冷タンブラ

なかなか良い仕事してくれてます。

キリン一番搾りの限定醸造!小麦のうまみを飲んだよ!

キリン一番搾りの限定醸造「小麦のうまみ」を飲みました。醸造家の腕が鳴っている。んだそうです笑。

ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉(サントリー)

噂の青いプレモル。

ステーンブルージュ・ブラウン (ベルギー) スパイシーなアビィビール

2014年1本目の外国ビール!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly