ゲド戦記 (2006)【映画085】

      2014/10/31

見えぬものこそ。

ゲド戦記 宮崎吾朗

映画館ではじめて観たときはけっこう面白いと思ったとゆうか、巷間で言われてるほどヒドいとは思わなかったんですが、久しぶりに再鑑賞してみたところ、悪いほうへ印象が変わってて驚きました。ちなみに初見から現在に至るまで、原作は読んでいません。

生と死、光と影といった表と裏のバランスみたいなおはなしはかなり好みです。ハイタカ (=ゲド。菅原文太) がアレン (岡田准一) に語りかける「死を怖れるということは、生きることを怖れて放棄することと同じ」みたいな人生哲学には、素直に「なるほど良いこというなあ」と思ったりもします。

扱ってるテーマはそれなりに重厚感があるんですよね。なのに何だか、全体的に安っちいんです。

プロットがめちゃくちゃとゆうか、物語としての連続性に乏しいとゆうか。各々のシーンは何かそれっぽくて、部分部分では「おっ」と思うんですけど、繋がってかないんですよね。だから全然入り込めない。

ドラゴンにまつわるはなしなんか特に顕著で、こじつけ感と唐突さったらないです。

ハイタカとクモ (田中裕子) が、過去の因縁に絡めて世界観の背景みたいなことをしゃべるんですが、あまりに説明的です。何つーか盛り込みすぎなのかなあ。

キャラクタもみんな雰囲気あるのに、イマイチ薄いんですよねー。何か惜しい感じがします。

よかったなあと思うのは、まずアレンの苦悩するような表情の描写。怖い顔です。

声優陣は皆さん素晴らしかったです。何かギリギリそれっぽい雰囲気の映画として成立してるのは、役者さんたちのチカラなのかなあとゆう気もします。

あとはクモのドロドロする描写とか、最期のほう節穴みたいな目になったり、ヘタウマみたいなタッチになるあたりは、あんまりジブリっぽくなくて面白かったです。

ほとんど文句みたいな感想になっちゃいましたが、ぼくみたいに原作知らないひとがこの映画を観て、何かわかんないけど原作”は”面白そうだからちょっと読んでみよっかな、なんて思う、そんなひとが何百人あるいは何千人にひとりくらいいたら、それでいいのなかなあなんて思ったりもします。

ぼくもそのうち読んでみよっと。

おわり。

▼▼▼▼▼

『ゲド戦記』。2006年スタジオジブリ他。宮崎吾朗監督。115分。

多島海世界”アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲド (菅原文太) は、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレン (岡田准一) と出会う。影におびえるアレンを伴い、旅を続けるゲドは、ホート・タウンの街はずれにある幼なじみテナー (風吹ジュン) の家に身を寄せる。そこには親に捨てられた少女テルー (手島葵) も住んでいた。彼女は、自暴自棄になっているアレンを激しく嫌悪する…。

via: allcinema

 -2000年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

トランスポーター (2002)【映画099】

プロの運び屋、依頼品はいつもワケあり。

月に囚われた男 (2009)【映画083】

契約期間: 3年、赴任地: 月、労働人数: 1人。このミッションは何か、おかしい。

モンスターズ・インク (2001)【映画031】

『モンスターズ・インク』鑑賞。「会社」の仕組みが実にうまく映画に活かされています。エネルギー問題についても考えさせられてしまいました。

バンテージ・ポイント (2008)【映画054】

目を凝らせ__。

300〈スリーハンドレッド〉(2007)【映画】

300人VS1,000,000人、真っ向勝負!

トゥームレイダー (2001)【映画】

世界の「謎」は私のモノ。

ボーン・スプレマシー (2004)【映画】

『ボーン・スプレマシー』鑑賞。ボーン三部作の中でも一番好きな作品。後にも先にも本作を越えるスパイ映画ってないんじゃないかな。ぶつかりまくるカーチェイスは革命的。

南極料理人 (2009)【映画】

堺雅人さん主演の映画『南極料理人』を観ました。理系研究者のちょっと変な感じとか、オフの過ごし方とかが良い雰囲気で、すごい共感できました。

ファインディング・ニモ (2003)【映画046】

面白くてタメになる、親子で観るのにピッタリの映画。水族館に行きたくなります。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly