北の零年 (2005)【映画087】

      2014/10/31

刀を捨てたサムライ。夢を信じることが、最後の武器だった。

北の零年

みんな吉永小百合さんのことが好きなのね、キャラクタも、作り手側も……。そんな風に思わざるを得ない映画です。

吉永小百合モテまくり

吉永さん演じる志乃がとにかくモテまくります。夫役の渡辺謙さんにはじまって、香川照之さん、豊川悦司さん、みんな吉永さんが大好きな役どころです。挙げ句の果てには謎のガイジンさんにまで好かれます笑。

寒い北の地で、苦労に苦労を重ねて、みたいなおはなしなのかと思ってたんですが、どうもそんな感じじゃありません。いや、おはなしとしてはそーゆうのを狙ってるんでしょうけど、何だかあんまり苦労してるようには思えないんですよね。大変だけど生き生きと暮らしてるとゆうか。何だかんだみんなちょー助けてくれますし。

吉永小百合さんて、存在そのものがファンタジーだなあと思います。男の身勝手な妄想の中の女性とゆうか、かなり都合のいい女です。

そーゆう女性をカンペキに演じきる吉永さんはもちろん素晴らしいんですが、何か少なくともこの映画に関しては、そーゆう男の身勝手さが個々のキャラクタから描きかたにまで滲み出てて、とっても気持ち悪いなあと思ってしまいました。

時代劇の難しさ

時代劇は時代考証とか制約が多くて難しいなあと思います。でもそーゆう制約を履違えてしまうんですかね、キャラクタやストーリーまで不当な制約を受けてるように感じました。

日本の時代劇の登場人物って何でこう「生きてない」のかなあ。感情の多様性に欠けるとゆうか、「このひとはこーゆう感じ!」みたいな演出になりがちで、シンプルすぎて面白みがまるでないんですよね。

ついでにゆうと役者さんによってもだいたいいっつも似たような役柄で、それはある種の「芸」でもあるんですが、あまりに予定調和的で退屈です。そう、退屈なんだよなあ。

例えば香川照之さんはいつも通りのイヤな役で、それはそれは素晴らしいんですが、何か背景を感じないんですよね。普段の悪役はもうちょっとどんな人物なのかが役を通して見えるんですけど、そーゆうのが全然ない感じ。あれじゃただの変態じゃないですか笑。

何かぼくでも演出できるんじゃないかとさえ思ってしまいました。いつもどおりの悪い感じでお願いします、みたいに言っときゃいいとゆうか、悪い意味で相変わらずです。

映画は何気ない会話とか心の機微とかが面白いのに、何だかそーゆう細かな変化や過程を全部すっとばして、結果だけ見せられてるとゆう印象でした。のっぺりしちゃうんですよね。退屈きわまりない。

それに描写がないと、間に入ってくる美しい風景も全然活きないんですよね。退屈を助長するだけになってしまいます。

イナゴの大群!馬の群れ!

文句を散々書いたので、見どころな部分を少々。

まず前半は、志乃の娘多恵を演じた大後寿々花さんがとてもカワイらしい、てことくらいです笑。少ない!

後半だと、馬がたくさん出てくるってのが馬好きなぼくとしてはなかなかよかったです。裸馬の群れが駆けるシーンはなかなかの迫力です。

迫力で言えばイナゴの大群のシーンも凄かったなあ。農家の敵、怖いですねー。

クライマックスのシーンでは、トヨエツさんがムダにカッコイイです。刀抜くカットだけ何だか別のアクション映画みたくなってて浮きまくっています。それくらいカッコイイです。

手紙くらい出せただろ笑

最後のほうの破綻ぶりはヤケクソすぎて、ツッコミどころ満載です。

小松原 (渡辺謙) が帰ってくるあたりからが特にヒドいです。つかさ、いくら何でも手紙くらい出せただろ。てかてか、介抱してくれたひととかさ、普通は心配して連絡してくれたりするだろ。不幸のための不幸とゆうか、主人公以外の人間が全然描けてない。

何かそーゆうの全部時代のせいみたくしてるのが腹立たしいですね、昔のひとをバカにしてるみたいです。

かつての武士たちがいきなり一致団結するのも意味わからなさすぎて、一瞬何が起きたのかわかりませんでした。大迫力の放馬からカッコいいトヨエツまでの流れは、出来の悪いミュージカルみたい笑。

加代 (石田ゆり子) まで参加してるのが全然意味わかんないです。唯一そこそこ描けてた人物なのになあ、あそこで出てきちゃったら全部台無しじゃんよ。

腑抜けのようになってた馬宮 (柳葉敏郎) が急に精悍な顔つきになってんのとかも違和感あるし。

銃で撃たれたのに立ち上がって、みんなで鍬を入れはじめるとかスゴイですね。何がしたいんだ。そして戻ってくる馬笑。果てしない破綻ぶりです。しかも何も解決してないじゃん!

▼▼▼

キャストはめちゃめちゃ豪華ですし、セットやロケーションも素晴らしいのに、何だかちょっと残念な感じだったのでいろいろとツッコミまくってしまいました。

おわり。

▼▼▼▼▼

『北の零年』。2005年東映他。行定勲監督。168分。

明治4年。四国・淡路に暮らす稲田家の人々は明治政府から、北海道・静内への移住を命じられる。海を渡り、北海道へ辿り着いた総勢546名の移民団は、自分たちの新しい国を建設するとの希望を胸に凍てつく原野に立ち向かう。移民団の中心的存在である小松原英明 (渡辺謙) の妻、志乃 (吉永小百合) も、慣れない新生活に苦労を重ねながらも弱音を吐くことなく前向きな気持ちを持ち続けていた。やがて英明は酷寒の地でも育つ稲を求めて、一人札幌へと旅立つ。しかし、志乃と娘の多恵 (大後寿々花 / 石原さとみ) が待てど暮らせど英明は帰ってこない。ついに志乃と多恵は、英明を探すため札幌へと向かう。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -2000年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

人生万歳!(2009)【映画】

これぞ、ハッピー・エンディング。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ゲド戦記 (2006)【映画085】

見えぬものこそ。

トゥームレイダー (2001)【映画】

世界の「謎」は私のモノ。

96時間 (2008)【映画】

リュック・ベッソン製作の『96時間』を観ました。何も考えないで観れて、それなりに楽しめて、スカッとできるフレンチアクション、最高です。

イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008)【映画】

それは、今まで誰も気づかなかった幸せになる方法。

容疑者Xの献身 (2008)【映画024】

『容疑者Xの献身』鑑賞。めちゃめちゃ面白くて大好きな原作ですが、映画版にもまた違った良さがあって好きです。堤真一さんが素晴らしい。

スーパーマン リターンズ (2006)【映画051】

あなたまで1秒。

ナイト ミュージアム2 (2009)【映画】

歴史も宇宙も美術も!世界最大の博物館が動き出す!!

アイアンマン (2008)【映画】

今さらですが、映画『アイアンマン』を観ました。アメコミアクションは純粋に面白いです。人気の理由もちょっと分かったような気がします。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly