トランスポーター2 (2005)【映画100】

      2014/10/31

危険のない、依頼のはずだった…。

トランスポーター2

フレンチアクションの人気シリーズ第2弾。前作よりもアクションの質、ミステリ要素、サスペンス性などなど、全体的にレベルアップしてる印象です。

車は代名詞のアウディになってますし、本作からやっとはじまり、て感じですね。とゆうか本作を観ると、前作はラフスケッチだったんだなと思ってしまいます。

以前観たときは間があいてて気づかなかったんですが、続けてみると前作を受けての小ネタが満載で楽しいです。会話の中に料理のはなしが出てくるのはあいかわらずオシャレですし、脱ぎながらのヌルヌル格闘はお約束みたいになってます笑。

それと前作をうまいことネタにしてるオープニングが良いですね。おんなじような撮りかたで、前は銀行強盗だったけど……てやつ。

そいえばタイトルロールの出かた (何て言えばいいんだろ。セットみたくなって背景に溶け込んでる感じのやつ) もオシャレですね。何か別の映画でも観たことあるような気するんですけど、何だったのか思い出せない。

デヴィッド・フィンチャーとかやってそうなイメージだなあ。この前みた『LIFE!』もちょっと違うけど似たような感じでしたね。

今回はアメリカが舞台になってて、タルコニ警部は休暇で遊びにくるとゆう設定。オフだからか、だいぶテキトーになってます。てかキャラ変わってねーか?フランクと仲良しすぎでしょ笑。それにパソコン強すぎです笑。

ちょっと気になったのは悪役。リュック・ベッソンの悪役って、何でいつもあんなマンガみたいな感じなんだろ。同情せずにやっつけられるからかなあ。現実感ないほうが倒すとき痛快ですからね。

それにしても何だか頭悪いんだよなあ。もうちょっと他に方法あんだろ笑、てツッコミの連続です。

すんげー雰囲気出てた中ボス的な女殺し屋のひとも、倒すときあんまあっさりです。後半の展開は途中で飽きたのかと思うくらいのレベル、けっこうグダグダです。

けどまあそんなグダグダなラストも含めて、ツッコミながら観られる軽ーいアクション映画はやっぱ最高だなあと思います。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

▼こちらの記事もよろしければ。

トランスポーター (2002)【映画099】 (コタノト!)

▼▼▼▼

『トランスポーター2 (Le Transporteur 2) 』。2005年フランス。ルイ・レテリエ監督。88分。

危険な仕事から足を洗い、コート・ダ・ジュールからアメリカのマイアミへと移ってきたフランク・マーティン (ジェイソン・ステイサム) 。今は、裕福なビリングス家の6歳になる一人息子ジャック (ハンター・クラリー) の送り迎えという仕事を受け持っていた。徐々にジャックとも打ち解けていき、平凡ながらも楽しく仕事をこなすフランク。そんな矢先、思いもよらない事件が起こる。2人の前に突如冷徹な女殺し屋 (ケイト・ノタ) が現われ、ジャックが奪われてしまうのだった。しかし、ジャックと引き割かれる間際、フランクは”必ず助け出す”と固く約束するのだった…。

via: allcinema

 -2000年代の映画 , ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

容疑者Xの献身 (2008)【映画024】

『容疑者Xの献身』鑑賞。めちゃめちゃ面白くて大好きな原作ですが、映画版にもまた違った良さがあって好きです。堤真一さんが素晴らしい。

トゥームレイダー2 (2003)【映画】

カラダが欲しがる世界の刺激。

7つの贈り物 (2008)【映画062】

あなたなら、受け取れますか?

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003)【映画102】

正義を守ると、愛が死ぬ。

ボーン・スプレマシー (2004)【映画】

『ボーン・スプレマシー』鑑賞。ボーン三部作の中でも一番好きな作品。後にも先にも本作を越えるスパイ映画ってないんじゃないかな。ぶつかりまくるカーチェイスは革命的。

人生万歳!(2009)【映画】

これぞ、ハッピー・エンディング。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ワイルド・スピードX2 (2003)【映画105】

限界を突き抜けろ!

トランスフォーマー (2007)【映画】

未知なる侵略はトランスフォーム〈変形〉から始まる!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly