チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (2003)【映画102】

      2014/10/31

正義を守ると、愛が死ぬ。

チャーリーズエンジェル フルスロットル

前作を観てから半年くらい間があいてしまったせいか、内容をすっかり忘れていて驚きました。いや、そもそもこのシリーズはあまりにも記憶に残らないですし、それでも全く問題なく楽しめるのが良さでもあるのですが。

エンジェルたちの私生活部分、ボーイフレンドがこんなやつだったっけとか、その手の前作との繋がりを全く覚えてなくてちょっと戸惑いました。けどまあ伝達係のボスレーも人変わってますし (養子の兄弟とゆう設定) 、細かいことは気にしなくても全く問題ありません。

つかそのボスレー、前作のビル・マーレイがハマっていたせいか、バーニー・マックには最初違和感がありましたが、観てるとじわじわきます笑。違った良さが面白いです。

シリーズを貫くバカバカしさや内容のなさはあいかわらず気持ちいいほどですが、アクションのスケール感やヤケクソ感が前作よりもアップしてしまったのは何とも残念です。

そのせいで、ウリでもある安っぽさが失われてしまったように感じました。アクションシーンに露骨なCGが多用されてて興ざめです。そんなにカッコつけなくてもいいんだけどなあ。

音楽は前作同様ノリノリです。チョイスはちょっと安易だなあと思いますが、テンションは確実に上がります。

つかMCハマーちょー懐かしい!PVに合わせて3人で踊るところは名シーンです。そこだけでも観る価値アリ。

あとこのシリーズはおバカ映画なわりに、あまり下品にならないから不思議です。エンジェルたちがカワイらしいからかなあ。

展開は前作と似たような感じです。ストーリーはほぼないですし、映画とゆうよりはPVに近い感覚。真剣に観るような映画じゃなくて、環境映像的に流すのに最適かなと思います。バーとかで流すのに良さそう。

そーゆう意味では前作のがまだギリギリ「映画」としての流れがあったように思います。本作はあまりにもシーンの繋がりがなさすぎますし、全体的にノリと勢いで強引にねじ込んでいる感じです。

前作より良いなあと思ったところは、デミ・ムーアがかっけー、てことくらいかな笑。あとは元夫ブルース・ウィリスがスーパーちょい役で出てるのも嬉しかったですね。

何もともあれ、頭使わずに観れて、あとには何も残らない映画はサイコーです。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

▼ちなみに前作の感想は以下です。

チャーリーズ・エンジェル (2000)【映画067】 (コタノト!)

▼▼▼▼

『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (Charlie’s Angels: Full Throttle) 』。2003年アメリカ。マックG監督。106分。

3人のエンジェル、ナタリー (キャメロン・ディアス) 、ディラン (ドリュー・バリモア) 、アレックス (ルーシー・リュー) にある日、新たな指令が下る。今回のミッションは、テロリスト集団によってアジア大陸の奥深く、モンゴルとシベリアの国境に拉致された米警察機構要人の救出。エンジェルたちは、早速いつものように得意の変装でテロリストのアジトに潜入。そして彼女たちは武術などを華麗に駆使し、鮮やかに作戦を遂げる。だが、テロリストの真の目的は連邦証人保護プログラムで匿う対組織犯罪の最重要証人リスト。そして、要人レイ (ロバート・パトリック) は、リストにアクセスするための重要アイテムである肝心の”指輪”を奪われてしまっていた…。

via: allcinema

 -2000年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

ボーン・アイデンティティー (2002)【映画】

久しぶりに『ボーン・アイデンティティー (The Bourne Identity) 』を観ました。もう何度観てるか思い出せないくらい大好きなアクション映画です。

9デイズ (2002)【映画036】

『9デイズ』鑑賞。あんまり深く考えずに楽しめる理想的なアクション映画。名優2人の掛け合いが最高です。

ボーン・アルティメイタム (2007)【映画039】

『ボーン・アルティメイタム』鑑賞。最初っから最後まで突っ走りまくりなので疲れますが、確実に楽しめる鉄板シリーズ、完結編です。

ワイルド・スピードX2 (2003)【映画105】

限界を突き抜けろ!

容疑者Xの献身 (2008)【映画024】

『容疑者Xの献身』鑑賞。めちゃめちゃ面白くて大好きな原作ですが、映画版にもまた違った良さがあって好きです。堤真一さんが素晴らしい。

300〈スリーハンドレッド〉(2007)【映画】

300人VS1,000,000人、真っ向勝負!

ディパーテッド (2006)【映画079】

男は、死ぬまで正体を明かせない。

フィクサー (2007)【映画025】

『フィクサー』鑑賞。ちょっとややこしくて地味ですが、落ち着いた雰囲気の大人なサスペンスを堪能できます。

アース (2007)【映画045】すごいぞ地球!

壮大な自然の営みにただただ圧倒されます。癒されて考えさせられる自然系ドキュメンタリー、最高です!主演は地球!

パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち (2003)【映画103】

その呪いを解くのは、愛___。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly