ワイルド・スピードX2 (2003)【映画105】

      2014/10/31

限界を突き抜けろ!

ワイルドスピードX2

前作は吹替で観ましたが、今回は字幕版で鑑賞。その前作よりは多少面白くなったかなとゆう気がしますが、何度も観たいかってゆうと、うーんて感じです笑。ちなみに前作の感想は以下の通り。

ワイルド・スピード (2001)【映画098】 (コタノト!)

このシリーズってヴィン・ディーゼルが主役なんだとばかり思ってたんですが、ポール・ウォーカーのがメインなんですね。今作はヴィン・ディーゼル出てこないです。

前作を観たときはポール・ウォーカー全然面白味ないなあと思いましたけど、見慣れてきたのか巧くなったのか、だんだんと良さがわかってきました。

つかあの白ティーちょー似合ってます。清潔感がハンパない。Tシャツジーパンスニーカーがここまで似合うひとも珍しい。ストリート系の、いってしまえば不良なのに爽やかって、よくよく考えたらすげーことです。

前作は「マジメな仕事のひとがハミ出す」みたいなスタンスでしたけど、今作は逆になってます。「ハミ出してるひとがマジメな仕事を手伝う」てノリで、こっちのほうが断然似合います。やってることは一緒なのに、立場の違いって大事なんだなあ。

レースシーンの迫力も増しているように思います。手元やミラー越しの視線の微妙な見せかたが巧くて、実際に運転してるのと近い感覚になれるのが面白いです。これって前作でもやってたけど、ぼくが気づかなかっただけなのかなあ。

あと今作は女優陣が魅力的ですね。エヴァ・メンデスはムンムンな雰囲気全開なのに、ときどき見せる表情がカワイらしくてすばらしいです。ツンデレのお手本みたい。

デヴォン青木はモデルさんだけあって、スラッとした体型がステキです。ショートパンツにロングブーツ、ピンクのスポーツカー。最高の組み合わせです。

クライマックスとなる”作戦” (車が大量に出てくるところ) も痛快でしたし、ストーリー的にも前作よりはるかに良くできてたなあと思います。

あ、監視役っぽいひげでハゲのひとが、カーチェイスのとき何気にがむばるあたり、けっこう好きです。ゴツいくせに何だか妙にカワイかった笑。

ニヤッとできる終わりかたも嫌いじゃないですし、”映画”としてまずまず、少なくとも前作よりは面白かったんじゃないかなあと思います。

さて、この次の『3』はすでに以前観ましたけど、あれは番外編みたいな感じだったしなあ (感想は以下の通りです) 。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)【映画】 (コタノト!)

正統派な続きってゆうと、『4』にあたる『MAX』かあ。そのうちTVでやってくんないかなあ笑。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

▼▼▼▼

『ワイルド・スピードX2 (2 Fast 2 Furious) 』。2003年アメリカ。ジョン・シングルトン監督。108分。

カー・レースに熱中する若者たちが改造車を駆り、限界ギリギリのストリート・レースを繰り広げる大ヒット・カー・アクションの続編。元警官のストリート・レーサーがそのドライビング・テクニックを買われ、再び囮捜査官として国際的な犯罪組織に潜入する。監督は「ボーイズ’ン・ザ・フッド」のジョン・シングルトン。

米フロリダ州・マイアミ。夜になると、派手なカラーリングとチューンナップが施されたスポーツカーに乗った若者たちが続々集まってくる。その中には、かつてロスでストリート・レーサーたちの強盗団に潜入していた元警官ブライアン (ポール・ウォーカー) の姿もあった。そして、彼はその驚異的なスピードで他を圧倒しレースに勝利するが、突然現われた警察に囲まれ、逮捕されてしまう。実は、ブライアンの捕獲には警察の思惑があった。それは、彼をある国際的なマネー・ロンダリング組織に囮捜査官として潜入させることだった。

via: allcinema

 -2000年代の映画

ad

スポンサーリンク

  関連記事

アイアンマン (2008)【映画】

今さらですが、映画『アイアンマン』を観ました。アメコミアクションは純粋に面白いです。人気の理由もちょっと分かったような気がします。

パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち (2003)【映画103】

その呪いを解くのは、愛___。

スラムドッグ$ミリオネア (2008)【映画】

映画『スラムドッグ$ミリオネア』鑑賞。「ミリオネア」というフォーマットを最大限に生かした、これ以上ないってゆうラストに思わずニヤリ。最高でした。良い映画です。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)【映画043】

大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作品。「逆回転」という発想だけで「普通の人生」を「物語」にまで昇華させてるのがスゴイです。人生についていろいろと考えさせられる素晴らしい映画。

KT (2002)【映画048】

「金大中事件」を題材としたサスペンス映画。こんな恐ろしいスパイ活動が日本でホントにあったなんて、ホント恐ろしい。落ち着いた雰囲気で静かに展開する大人なサスペンスでした。

7つの贈り物 (2008)【映画062】

あなたなら、受け取れますか?

容疑者Xの献身 (2008)【映画024】

『容疑者Xの献身』鑑賞。めちゃめちゃ面白くて大好きな原作ですが、映画版にもまた違った良さがあって好きです。堤真一さんが素晴らしい。

猫の恩返し (2002)【映画032】

全体的にほのぼのとしていて落ち着きます。なーんにも考えずにサクッと観られて、愉快な気持ちにさせてくれる映画です。

アフタースクール (2008)【映画029】

『アフタースクール』鑑賞。再鑑賞でしたが、展開すっかり忘れてたのでまた騙されてしまいました。見事な伏線回収にスッキリ。

プラダを着た悪魔 (2006)【映画030】

『プラダを着た悪魔』鑑賞。華やかで軽くて、人生哲学めいたことをいろいろと考えることもできるけど、あんまり説教臭くないので余計なこと考えなくても楽しめます。いろんな見方ができるステキな映画です。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly