犬神家の一族 (横溝正史)【読書】

      2014/07/17

「斧・琴・菊」は、「良き事聞く」。

犬神家の一族

あいかわらずおぞましい表紙だなあ。これは、松子さんですかね。まさか珠世じゃないよなあ。

本作『犬神家の一族』は、数ある金田一耕助シリーズの中でも一番記憶に残っている作品です。もう何度目の再読だろう。市川崑監督の (新旧2本の) 映画を観るたびに読み返しているように思います。

さすがに何度も読んでいるためか、物語そのものはちょっと退屈に感じてしまいますが、映画と違うところを探したり、この前読んだ『悪魔の手毬唄』と比べたりしならが読んだらいろいろと発見があって楽しめました。

ストーリーの感想は今さら感があるので、枝葉の部分で「へえ〜」と思ったところなんかを、ちょっと書いてみようと思います。

ちなみに映画の感想などなどは以下の通りです。

犬神家の一族 (1976)【映画069】 (コタノト!)

悪魔の手毬唄 (横溝正史)【読書】 (コタノト!)

斧琴菊

斧琴菊は最初、那須神社の、なんといいますか、一種の神器だったんですね。つまり、三種の神器ですね。東京の役者の、尾上菊五郎の家にも、斧琴菊という嘉言があるそうですね。

via: P96

今回読んだ中で一番「へえ〜」と思ったのがこれ。ちょっと調べてみたら、「役者文様」なんてのがあって、かなりオシャレです。犬神家の惨劇とはかけ離れてるなあ笑。

模様 – Wikipedia

団十郎の「鎌輪ぬ」(「構わぬ」の意) なんてのもあるんですね。

で、尾上菊五郎といえば、現在七代目菊五郎の息子さんは五代目尾上菊之助で、このひとは2006年のリメイク版犬神家でスケキヨ役をやっていたひとなんですよね。

しかもしかも、お母さんの松子役は富司純子さんで、このひとは菊之助のリアルお母さん、親子競演だったんですね。言われてみれば話題になったような。

これは意図的なキャスティング、なんだろうなあ。今の今まで全く気づきませんでした。

那須市?諏訪市?

信州那須市、とゆうところが舞台なんですが、そんな地名は実在しません。

つか栃木の那須高原が、長野とは比較的近いところにあるのがややこしいんですよね。この小説のせいで、那須といえば長野、とインプットされちゃってていつも間違えます。

この那須市は諏訪市がモデルになってるみたいなところがあります。湖を中心に、上那須と下那須に分かれていたり、神社がポイントなのも諏訪とよく似ています。

近在として出てくる伊那や天竜川は、諏訪湖周辺に実在してるんですよね。犬神家の旧邸がある「豊畑村」てのは、どこのことかよくわからなかったなあ。

スケキヨが逃げ込む「雪ヶ峰」は霧ヶ峰のことですね。てか周りをここまで似せて作るんなら、もう諏訪でいいじゃないかとさえ思います。

まあでも残忍な事件ですし、イメージ悪くなりますからね。作者なりの配慮なのかなあ。

東北生まれの金田一

署長さん、見そこなっちゃいけませんぜ。ぼくはこれでも東北生まれです。スキーは下駄よりはきなれてまさあ。

via: P344

金田一耕助は岡山に縁がある (あっちのほうでの事件が多い) から、何となく関西のひとなのかと思ってましたけど、実際は東北生まれなんですね。どこなんだろ。青森とかかなあ (根拠のない当てずっぽうです) ?

しかもスキーがめちゃくちゃうまいってゆう。

そいえばこの時代 (昭和20年代のおそらく前半) のひとって、スキーはどれくらいやったんだろうか。レジャーとして認知されてたのかなあ。

金田一はイメージに反して何気に運動神経いいんですよね。年齢 (アラフォー) のわりにけっこうタフだし。まあいちおう探偵だからなあ。

いずれにしても、じわじわと素性がわかっていくのがシリーズを読み返す楽しみだったりします。

▼▼▼▼

今回は事件と全然関係ない話を書き散らしてみました。

やっぱり映像のイメージが鮮烈だからなあ、ある意味原作を越えてるような面白さがあって、改めて市川崑すげ、と思いました。

昔読んだときは良くできたミステリだなと思ったんですけど、改めて読むとけっこういい加減だなと思ったのも逆に面白かったです。てか偶然重なりすぎ笑。

何だか関係者が死にすぎで、真犯人はもういい加減そのひとしかいねーだろ、みたいなところも面白ポイントな気がします。

推理小説を楽しむ、てのとはちょっと違った心持ち (何だろ、ホラー?) で挑むと、より楽しめるような気がします。

おわり。

次はあんまりよく憶えていない作品を読んでみようかなあ。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

▼▼▼▼

横溝正史著『犬神家の一族〈金田一耕助ファイル5〉』。1972年角川文庫 (1950年初出) 。414ページ。

信州財界一の巨頭、犬神財閥の創始者犬神佐兵衛は、血で血を洗う葛藤を予期したかのような遺言状を残して永眠した。佐兵衛は生涯正室を持たず、女ばかり三人の子があったが、それぞれ生母を異にしていた。一族の不吉な争いを予期し、金田一耕助に協力を要請していた顧問弁護士事務所の若林がやがて何者かに殺害される。だが、これは次々と起こる連続殺人事件の発端にすぎなかった! 血の系譜をめぐる悲劇、日本の推理小説史上の不朽の名作!!

via: Amazon内容紹介

kindle版もありますね。お得です。

 -小説

ad

スポンサーリンク

  関連記事

聖なる怠け者の冒険 (森見登美彦)【読書】

いまだかつて、これほどまで動かない主人公がいただろうか。

ミレニアム2 火と戯れる女 (スティーグ・ラーソン)【読書】

激動の第二部!

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (スティーグ・ラーソン)【読書】

世界中に旋風を巻き起こした驚異のミステリ三部作、ついに完結!

四つのサイン (コナン・ドイル)【読書】

ホームズ長編の最高傑作!

カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)【読書】

キャッチーなタイトルと読みやすさは相変わらず素晴らしいですが……。それなりに感動できるけど驚くほど心に残らない。東野圭吾作品の「軽さ」は健在です。

幽霊男 (横溝正史)【読書】

幽霊男と書いて、ゆれおと読む。インパクト強烈!

風に舞いあがるビニールシート (森絵都)【読書】

大切な何かのために懸命に生きる人たちの、6つの物語。

あるキング (伊坂幸太郎)【読書】

伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』を読みました。天才野球選手で王様が主人公のちょっと不思議な物語です。正義や善悪って何だ?そんなことを考えさせられました。

恋文の技術 (森見登美彦)【読書】

書きたまえ、送りたまえ!

愛について語るときに我々の語ること (レイモンド・カーヴァー) 【読書】酔いながら音楽を賞でるように

そぎ落とされた表現とミステリアスなタイトル。作家カーヴァーの独自性を刻印し、80年代アメリカ文学にカ

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly