セゾン1858 (ベルギー)

      2014/05/21

自家製ジンジャーエールのような辛口ビール。

セゾン1858 ベルギー

ベルギービール『セゾン (Saison) 1858』を飲みました。

セゾン1858 ラベル

色褪せた雰囲気で、うっすらと透けて見える絵がステキなラベル。

「BOCQ」の文字は、おなじみデュボック (Du BOCQ) 醸造所。ここのビールは、これまでにもゴールワーズ・シリーズを2本ほど飲んでいます。

ゴールワーズ・ブロンド ほんのり甘苦いベルギービール【日刊048】(2013/8/10) (コタノト!)

ゴールワーズ・アンバー (ベルギー) (コタノト!)

セゾン1858 裏ラベル

セゾン1858はデュボックの1858年の設立を記念して造られました。このビールはろ過をせず、ホップの効いた味わいと柑橘系のフルーティーさが特徴です。喉の渇きを潤す、爽やかなビールです。

なるほど、タイトルの「1858」てのは、デュボック醸造所ができた年を意味してるんですね。

1858年てゆうと、日本では井伊直弼が大老になって、日米修好通商条約を結んだり、安政の大獄をはじめた年ですね。ビールの歴史よ!

ちなみにアルコールは6.4%と、ちょっとだけ強めです。

セゾン1858 フタ

フタもちょっと瑕がかってて、古びた感じになっているのは多分デザインなんでしょう。歴史を感じさせる演出なるほど!

セゾン1858 泡

泡多すぎた!

セゾン1858

淡い感じに白く濁った黄金色は好みの雰囲気。いただきまーす!

喉ごしがスゴイです。こーゆうの爽やかってゆうのか?ちょっと辛いくらいです。

香りはほんのり柑橘系、だけどフルーティーてのはちょっと違うような……。

甘さは感じません。けど苦みもそれほどではなく、とにかく辛いです。この痺れるような感覚はどこかで出会ったことがあるなあなんだろ。

……。あ、ジンジャーエールだ!

オサレカフェなんかでたまに出てくる、甘くない自家製ジンジャーエール。あの辛口感ととてもよく似ています。

なるほど確かにジンジャーエールのことは「爽やかな喉ごし」てゆうかもなあ。

辛口の自家製ジンジャーエールは、置いてるとこ見つけると嬉しくなるほどの好物 (甘いのは嫌いだけど) ですし、このビールも何だか病みつきになりそう。

ごちそうさまでしたー!

 -ビール

ad

スポンサーリンク

  関連記事

金麦 (サントリー)

今さらですが『金麦』を飲みました。当ブログで「発泡酒」を紹介するのは初めて。その記念すべき1本目です!

ビショップス・フィンガー (イギリス)

イギリスビールの『ビショップス・フィンガー』を飲みました。程よい強さのアルコール度数と強めの苦味がかなりいい感じです。

辛口のオリオンビール!オリオンスペシャルエックスを飲んだよ

進化した、オリオンの辛口。

スーパードライ (Asahi) のエクストラシャープを飲んだ!

あなたの知らない、ドライが生まれた。

いたずら小僧って名前のベルギービールを飲んだよ!

その名がすでに、いたずらチックです笑。

オリオンドラフトビールを飲んだよ!

沖縄には、沖縄のビールがある。

フブロン・シュフ (ベルギー) 苦味と甘みが絶妙なIPA

カワイイおっさんのベルギー産IPA!

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・デュンケル (ドイツ)

ドイツの黒ビール『ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・デュンケル』を飲みました。軽めな感じでクセがなく、とっても飲みやすかったです。

Stockholm (ストックホルム) はスウェーデンのエビスか!? IKEAで買ってきたビールその2

プレミアムビールみたいです。

グランドキリン ジ・アロマ (KIRIN) グランドキリンと飲み比べてみたよ!

満ち溢れる、華やかな香り。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly