セゾン1858 (ベルギー)

      2014/05/21

自家製ジンジャーエールのような辛口ビール。

セゾン1858 ベルギー

ベルギービール『セゾン (Saison) 1858』を飲みました。

セゾン1858 ラベル

色褪せた雰囲気で、うっすらと透けて見える絵がステキなラベル。

「BOCQ」の文字は、おなじみデュボック (Du BOCQ) 醸造所。ここのビールは、これまでにもゴールワーズ・シリーズを2本ほど飲んでいます。

ゴールワーズ・ブロンド ほんのり甘苦いベルギービール【日刊048】(2013/8/10) (コタノト!)

ゴールワーズ・アンバー (ベルギー) (コタノト!)

セゾン1858 裏ラベル

セゾン1858はデュボックの1858年の設立を記念して造られました。このビールはろ過をせず、ホップの効いた味わいと柑橘系のフルーティーさが特徴です。喉の渇きを潤す、爽やかなビールです。

なるほど、タイトルの「1858」てのは、デュボック醸造所ができた年を意味してるんですね。

1858年てゆうと、日本では井伊直弼が大老になって、日米修好通商条約を結んだり、安政の大獄をはじめた年ですね。ビールの歴史よ!

ちなみにアルコールは6.4%と、ちょっとだけ強めです。

セゾン1858 フタ

フタもちょっと瑕がかってて、古びた感じになっているのは多分デザインなんでしょう。歴史を感じさせる演出なるほど!

セゾン1858 泡

泡多すぎた!

セゾン1858

淡い感じに白く濁った黄金色は好みの雰囲気。いただきまーす!

喉ごしがスゴイです。こーゆうの爽やかってゆうのか?ちょっと辛いくらいです。

香りはほんのり柑橘系、だけどフルーティーてのはちょっと違うような……。

甘さは感じません。けど苦みもそれほどではなく、とにかく辛いです。この痺れるような感覚はどこかで出会ったことがあるなあなんだろ。

……。あ、ジンジャーエールだ!

オサレカフェなんかでたまに出てくる、甘くない自家製ジンジャーエール。あの辛口感ととてもよく似ています。

なるほど確かにジンジャーエールのことは「爽やかな喉ごし」てゆうかもなあ。

辛口の自家製ジンジャーエールは、置いてるとこ見つけると嬉しくなるほどの好物 (甘いのは嫌いだけど) ですし、このビールも何だか病みつきになりそう。

ごちそうさまでしたー!

 -ビール

ad

スポンサーリンク

  関連記事

エチゴビール ピルスナー

全国第一号地ビール!

金麦 (サントリー)

今さらですが『金麦』を飲みました。当ブログで「発泡酒」を紹介するのは初めて。その記念すべき1本目です!

銀河高原ビールアメリカンペールエール

「銀河高原ビールアメリカンペールエール」が首都圏のスリーエフで12月11日から数量限定で再発売されるそうです。以前飲んだときに紹介しそびれていたので、改めて記事にしてみました。

限定出荷!ザ・プレミアム・モルツ 2014初摘みホップ (SUNTORY) を飲んだよ!

初摘みホップが香る、今だけのプレモル。

プレモルのオマケで貰ったワイングラス

驚くほど、香り、ひらく。

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア (ドイツ)

ドイツビールの『ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア』を飲みました。とっても飲みやすい小麦のビールです。

Clear Asahi (クリアアサヒ) 糖質ゼロの試飲缶を飲んだ!

スーパーへ行ったら「クリアアサヒ糖質0」の試飲缶をくれたので、さっそく飲んでみました。新ジャンルや糖

マレッツ・ブロンド (ベルギー)

デュベルが出してるアビービール。

御殿場高原ビール ヴァイツェン やっぱりヴァイツェンが好き

やっぱり僕はヴァイツェンだなあ。

ゴールワーズ10トリプル・ブロンド (ベルギー) を飲んだよ!

一番新しいゴールワーズ!

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

マイベストグルメ!〜2015上半期〜

2015年の上半期に行ったお店の中から、特に美味しかった5店舗を選んでみました!

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly