トイ・ストーリー (1995)【映画】

      2014/10/31

友情してる場合じゃないぜ!!

トイストーリー

『トイ・ストーリー (Toy Story)』鑑賞。1995年ピクサー他。ジョン・ラセター監督。81分。

カウボーイ人形のウッディ (声: 唐沢寿明) はアンディ少年の大のお気に入り。だがそれも誕生日プレゼントでアクション人形バズ・ライトイヤー (声: 所ジョージ) を手にするまでの事だった。NO.1の座を奪われたウッディは何とかバズをこらしめようとするが、バズはバズで自分が本物のスペース・レンジャーだと思い込んでいる有り様。そんな二人がふとしたいざこざから外の世界に飛び出してしまう。なんとか我が家へ帰還しようとする二人だが、なんとアンディの隣に住む悪ガキのシドに捕まってしまった……。

via: allcinema

久しぶりの鑑賞。いやはややっぱり良い映画だ。

映画への敬意

フルCGとゆう (当時の) 最新技術を使っているのに、ストーリーはどこかクラシカルでとても観やすい。

展開や演出も極めて映画的で、これまで100年間くらい培われてきた映画文化に対する敬意を感じる。

基本的にはコメディやファンタジーの部類に入るのだろうが、ドラマもアクションもかなりしっかりしていて見どころは十分。シド絡みのシーンではしっかりとしたサスペンスも感じさせてくれる。

81分間でサクッと観られるところも素晴らしいが、短く感じないほど濃密な内容だ。

そうそう、濃密と言えば以前観た印象では、もっと壮大なストーリーなのかと思っていたのだが、意外とこじんまりとしたおはなしでちょっと驚いた。

家の外を出てピザ屋までは行くものの、隣の家に帰ってきたりと、けっこう狭い範囲ではなしが展開される。すんげー長旅してやっとこさ帰る、みたいなおはなしかと思っていた。あるいは『2』と混ざっているのかもしれない。

おもちゃの世界観と破綻

おもちゃのルールが面白い。良い映画はこーゆう世界観の構築が丁寧で巧い。提示のしかたもさりげないし、何よりスッと理解できるのが素晴らしい。

丁寧にルールを作っておいてから、それを理解していないやつ (自分をおもちゃだと思っていないバズ) を混ぜたり、最後にはおもちゃ自らがルールを破る。

この (半ば意図的な) 破綻のバランスが何とも絶妙。やりすぎてもダメだし、足らないとこじんまりしちゃって面白味に欠ける。組み立てるよりも壊すほうが実は難しいのだが、本作は見事とゆうほかない。

マッチとロケット

ピクサーは伏線の張りかたも絶妙で巧い。いたるところ伏線だらけ、なのにさりげないからあまり気づかない。

クライマックスのマッチとロケットは、シドがウッディのホルスターにマッチを差したところでさすがに気づくのだが、それでも一筋縄ではいかなくてかなり驚いた。巧く作ってからもうひとひねり、といった感じで実に痛快だった。

さいごに

爽やかなエンディングも含めて全てがカンペキ。アニメの枠にとどまらず、映画として素晴らしい。

ピクサーは他の作品もそうだけど、物語に少しだけ哀しみを含んでいるのがとてもステキだと思う。新しいおもちゃが来て飽きられる哀しみ。自分はヒーローではなくおもちゃだとゆう哀しみ。

単純な笑いよりもちょっとだけ哀しいほうが実は面白くて、観終わったあと何だか泣き笑いみたいな、他の映画では出てこないような表情になっている自分がいる。

この感情を掻き回される感覚が独特で気持ちいいのかもしれない。

おわり。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

 -1990年代の映画 ,

ad

スポンサーリンク

  関連記事

耳をすませば (1995)【映画】

『耳をすませば』鑑賞。久しぶりに観たらだいぶ印象が変わっていました。若者たちよりも、周辺の大人たちに惹かれます。歳とったからかなあ。

ニキータ (1990)【映画068】

泣き虫の殺し屋、ニキータ。

逃亡者 (1993)【映画089】

逃げる。追う。愛と無実をかけた追跡が、いま始まる。

グッド・ウィル・ハンティング / 旅立ち (1997)【映画082】

あなたに会えて、ほんとうによかった。

シャイン (1996)【映画074】

誰があなたを輝かせるの。あなたは誰を輝かせるの。

追跡者 (1998)【映画】

あれから5年、いま「追跡者」が、あの「逃亡者」にせまる!

レインメーカー (1997)【映画】

愛する者たちを守る。

レオン (1994)【映画】

凶暴な純愛。

アウトブレイク (1995)【映画090】

絶滅するのは人類か、ウイルスか。

アルマゲドン (1998)【映画076】

地球最後の日、60億の明日はたった14人に託された。

ad

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ad

スポンサーリンク

長いお別れ【映画感想】岸辺の旅(2015)

物理学に、ホール(正孔 / せいこう)という考え方がある。 整然と並んだ電子の列で、そのうちのひとつ

no image
横山秀夫の警察小説にハマる

いまさらですが、横山秀夫さんの小説にハマっています。 サクッと気楽に読める小説を、と手元にあった『深

終わるまでが戦争です【映画】日本のいちばん長い日(2015)

降伏か、本土決戦か__。

迷路荘の惨劇 (横溝正史)【読書】

角川文庫・金田一耕助ファイルの8冊目『迷路荘の惨劇』を読みました。子どものころハマった金田一を、1年

ゼッタイ押すなよ!【映画】人生スイッチ (2014)

押したら、さいご。

  • ランキングに参加しています。当ブログの順位は以下から確認できます。

    にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

    ブログランキングならblogram track feed コタノト!



  • follow us in feedly